忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

巨人軍、情けない!

巨人の一軍の投手12人、野手16人が試合での「声出し係」に、勝てば一人5,000円総取り、負けた場合は逆に全員に一人1,000づつ払い係を交代する。これが賭博にあたるのでは?と波紋を呼んでいる。スポーツ解説者の玉木氏は、金額の多少に関わらず賭博にあたる、と。やくみつる氏は選手の年俸からすれば少額で選手のやる気を出す効果があるのでそこまで目くじらをたてる話ではないのでは?と擁護している。
 負けがこんだ4年前のシーズンから始まったらしいが、結果がでた(勝ちが増えた)ことから「げんかつぎ」と「やる気アップ」のために今まで続いていたという。
 これは幼稚なゲン担ぎで、そこにご褒美的な金銭を与えたことで、法律的には賭博に当たるかもしれない。しかし、そこまで厳密に言うのなら、多くの選手がやっているチャリティーも違反になるのではなかろうか。チームが勝てばいくら、ホームラン1本いくら、三振一個奪うといくら、など。これは球団や選手のモチベーションを上げることにも繋がっている。チームの勝敗に金銭がからめば賭博というのなら寄付も賭博になる。
 チャリティーはOKだが、選手間での金銭の授受はダメ、というのなら声出し係に渡す一人5,000円をチャリティーに、負けた試合では声出し係が人数分を寄付すればよい。村長は巨人ファンだからかもしれませんが、選手たちは賭博だとは思っていなかったと思っております。だいぶ前からですが、エラー一回5,000円の罰金、遅刻や門限破りも5,000円、というような話を聞いた記憶があります。その延長が今回の行為につながったと思います。ただ、そんな金を目の前にぶら下げなければ勝てない、ノックで守備を鍛えるのに罰金を課すのはいかがなものでしょうね。ああ、情けない!!
PR

ドカベン像、存続決定!

右投げ左打ちの強打者、足は遅いが俊敏な動作の捕手で強肩、と言えば「○○のドカベン」という渾名を貰った人も多いのではないでしょうか。かくいう村長も二十数年前には、「○○のドカベン」と呼ばれたことも。じつは、ほぼ自称に近いのですが。
 でも、小さな会社の軟式野球チームではありましたが、一応監督で4番打者右投げ左打ち強肩で鈍足の捕手、と くれば皆さん納得していただけるかと。

 昨年、そのドカベン像がある新潟の商店会に問題が発生した。ドカベンこと山田太郎のバットスィングの前で「ケツバット」をされているような記念写真を撮る女子が急増。漫画ドカベンの作者水嶋新司氏側からクレームが出たのだ。銅像撤去の危機!。ただし、このケツバットガールが原因かどうかは定かではありませんが。
 しかし、このほど水嶋氏側と銅像存続の合意がなされたことで商店街もドカベンファンもホッと胸をなでおろした。ちなみに、ドカベンといえば南海ホークスで活躍し2年前に他界された香川伸之氏が思い浮かびます。確かに体形的にはソックリですが、残念?なことに右打ちなのですね。それに、175cm85kgの山田太郎と比べると、170cm96kgの香川氏より、172cm85kgの村長のほうがピッタリだと思いますが・・・
 何?プロでやってないだろう?って。ははは それどころか硬球なんて一度も投げたことない。それじゃあダメじゃん。

清原、打った!

 ついに、というか、やっぱり、というべきか。2日、西武や巨人で活躍した元プロ野球選手清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。警視庁は一年にも及ぶ内偵捜査をし、2日に家宅捜索令状を執行し、覚せい剤0.1gを発見。清原氏はこれを認めたため現行犯逮捕となったそうです。
 数年前に疑惑が出て本人は否定してました。その時点で辞めていればこんなことには・・・晩節を汚すこととはならなかったのに・・・先月行われたプロ野球のOB戦では大魔神佐々木投手からクリーンヒットを打つなど元気な姿を見せていた。その一方裏でクスリを打っていたとはねぇ!打つものが違うだろ!!
 今回の結果は甲子園の、プロ野球のヒーローが、野球バカではなく単なるバカな野球人だったという非常に残念な証明となりました。野球少年や若手に与える影響は計り知れませんね。今後は芸能界復帰しか道はないような。そして、バカな芸能界はバカな芸能人で溢れていく。←南の島でヒッソリ暮らしていればいいものを、何を思ったか(復帰を狙ってか)変なコメントを出した奴もいました。

このスポーツがあってよかった

今年も多くのプロ野球選手がその幕を閉じました。わが巨人軍では、惜しまれつつも監督業に専念する高橋吉伸選手、いぶし銀として守備の名手として大きな力となっていた井端選手。野球賭博という不名誉な理由で引退を余儀なくされた選手もいました。
 球界全体に目をやると、2,000本安打の和田選手、最多出場の谷繁選手が引退。投手では悲運の大投手と称された西口投手、MLB経験者の斎藤隆投手や石井一久投手。そして奇跡とも言える32年間というとてつもない記録を創った山本昌投手の言葉は印象的でした。
 「野球というスポーツがあったことに感謝」
 この32年のプロ野球生活と共にビックリしたのは、何と言っても巨人杉内投手の史上最高額減俸でしょうね。4億5千万ですよ。コレを聞いたとき、一瞬マイナスになってしまうのでは?と思った村長でした。

プレミア12開幕

昨日の続報から。八戸のコンビニ強盗犯は、なんと高1の15歳の犯行でした。村長の予想通りマスクはしていても容姿などから犯人は直ぐに特定されるだろう、と思っていたところ、似顔絵公開後、「あいつだ」といった情報が寄せられたそうである。また、登校していないことから家族が捜索願を提出していたこともあり、都内で発見、保護された。10万円強奪の動機が東京に行きたかったとか。オラ、こんな村いやだあ~って、なんだかなあ。ちなみに所持金は4,000円だった。

 さて、昨夜野球の真の世界一を決める!とか言われる大会が始まった。「死のグループ」の予選、韓国戦は予想を裏切って?大谷投手の快投などで0-5と圧勝。幸先よいスタートを切った。小久保監督も「大谷投手がすべて」、と大絶賛。しかし、巨人ファンとしては、ヒーローはハヤトだろう!!
 四球で最初の出塁、二点目の犠飛、四点目となるソロホームラン、センター前の安打で出ると山だのレフト線二塁打で一塁から長躯ホームイン。貴重な五点目のホームを踏んだ。また、8回表一死一二塁のピンチで見せた超美技(センターに抜けそうなライナーをダイビングキャッチ)は流れが変わりそうな場面だっただけに大きなプレーでした。
 強化試合の二試合目からいい感じになっていたので、期待はしていましたが二番であの活躍なら文句なしです。なんでも、稲葉コーチから「低く構えて強く振りぬけ」、とアドバイスされたとか。まさに、稲葉さまさまですね。
 しかし、同組にはアメリカ、ヴェネズエラ、ドミニカ、メキシコがいる。MLBがシーズンオフということで、かなり本気のチーム編成でくることが予想される。この組で二位以内を獲得するのは至難の技だろう。日本は柳田、内川を欠くが、投手力全員野球で頑張ってほしい。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 10
12 13 14 16 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]
[02/22 giants-55]
[02/06 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R