忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

5-6-3、しびれたー!

やっと日常が戻ってきた。いや、まだかな?観客がいないもんね。
 でも、打球音が大きく響き、投球をキャッチする捕手のミットの音がバシッ!と鳴る。待ちに待ったプロ野球が開幕しました。始球式や応援は無いけどテレビにかじりついて観たファンは多かったことでしょう。あの病気は怖いですから仲間との観戦やパブリックビューイングも無理。一人でコーヒー飲みながら試合を観ておりました。
 結果は2-3と逆転勝利。ヒーローは逆転の2ランの吉川尚輝二塁手+粘投した菅野投手かな?ポイントは幾つかあります。まずは、菅野投手、相手投手の西勇紀君に打たれすぎ(笑)。先制本塁打にに勝ち越しのタイムリー二塁打。完璧に打たれておりました。
 そして勝因は二つ。攻守にわたって采配の妙、でした。
① 吉川選手に強硬策
 7回裏、阪神のマウンドには二番手の左腕岩崎投手。ここで、代打攻勢をかける。先ずは右の石川選手。これが安打で出塁すると、菅野の代打に右の湯浅。バントで送って打席には左の吉川をそのまま送る(村長は、陽岱鋼炭谷かな?とも思いました)。これが大当たり、内角速球を技ありの打法でスタンドまで持っていきました。
② 9回表、無死一塁で4番ボーアを迎えたシーン。左の強打者に対し、三遊間を大きく開けて遊撃坂本は二塁ベースの真後ろに。このシフトが大当たり。ボーアの打球は痛烈な三遊間へのグラウンダー。一人三遊間を守っていた岡本三塁手は二塁送球。坂本ー一塁中島に転送されて、5-6-3という併殺に。この、珍しいパターンには興奮して、「やったー!5-6-3!」と絶叫。変な顔で見た妻に、何が凄いか説明するが、画面では明らかに大物を狙ったスイングをする福留選手が目に入って、自分でも何を話しているのか分からない。デラロサ投手のスライダーが決まって開幕戦をものにした後、改めて詳しく解説すると、「ふーん」だって。「通」じゃあねーな。

PR

やっと

緊急事態宣言解除を受け、日本プロ野球機構(NPB)も方針を発表。6月19日の開幕を決定しました。先ずは無観客で開始し、徐々に観客を増やすという。これには、一野球ファンとして歓迎し好試合を期待する次第です。
 今日は、とある高校生のお話。彼は村長の知人の息子さんで、現在高校三年生。甲子園を目指す有力校の正捕手だそうです。高校は有名でも彼は全く無名。詳しい事情は知りませんが彼曰く、「甲子園に出れば、大学に推薦で入れる」とのこと。某私立大学の付属高校なのです。
 そんな彼の淡い望みは、コロナ禍に消えてしまいました。勿論、例年とは異なる対応や別の基準が適応されるとは思いますが。
 彼に限らず、全国の有力選手たちはドラフトへの影響などもあり、甲子園がなくなったこと以上に将来への不安は増していることでしょう。自分の力ではどうしようもないことは、じっと耐えるしかありません。その先に必ずある晴れた青空の下、思い切り走りまわる準備をしましょう。

キムタクの記憶、もう十年

 誰にでも、忘れられない、記憶の中で生き続けている試合、瞼の奥に焼き付いているシーンがあると思います。村長が思い出すのは、2010年4月24日の東京ドームで行われたvs広島戦だ。
 この試合は、その22日前の4月2日マツダスタジアムでの広島戦の試合前のノック中に倒れ(くも膜下出血)、5日後に亡くなった木村拓哉コーチの追悼試合として行われた。3-2と、広島が1点をリードして迎えた8回裏一死満塁という好機に巨人は代打に木村氏の同期、谷佳知選手を送る。試合前に、「まだ信じられない。信じたくない」と述べていたそうですが、1ストライク2ボールからの4球目を振り抜いた打球は谷選手にとりプロ初となる代打逆転満塁本塁打。試合後お立ち台では涙を見せておりましたね。 
 巨人移籍後は家族を広島に残しての単身赴任だったそうです。リンクは貼りませんが、倒れる瞬間のビデオを今日見つけてしまいました。衝撃的でした。5日後にあの世へ旅立ってしまったのですが、37歳、若すぎますね。また、ビデオでは当時10歳だった彼の長男のその後も伝えておりました。父の後を追い、中学校までは順調だったそうですが、高校の時、右膝を負傷、結局プロへの道は断念したそうです。
 ユーティリティープレーヤーだった木村選手で、思い出すのは2009年に起きた「捕手・キムタク」でしょう。記憶に残る選手でしたね。けっしてスターとは言えない存在でしたが、アテネ五輪のときは、ブルペン捕手も引き受けたり、いわゆる「プロ好み」の選手だったと思います。
 

坂本選手、今年は我慢の年

 二度のインフルエンザにかかって、調整が野球人生で最悪、と言っている巨人軍キャプテンの坂本勇人選手。今一番の話題は、榎本喜八選手が持つ、最年少での2000本安打記録の更新だ。例年通りだと7月末での達成は可能だという(かなり確立が高い)。ところが、例の武漢肺炎の影響により、開幕、試合日程などの不確実要素がその記録に大きな壁となっている。
 しかし、高卒で左打者が有利な最年少2000本安打達成よりも、右打者として通算安打記録に期待する。大先輩の長嶋茂雄氏の2,471本、鉄人衣笠祥雄氏の2.543本は多分追い越せると思う。が、その上には、先日亡くなられた野村克也氏がいる。2,901本だ。この本数を超える、ということはあの世界のホームラン王・王貞治氏(2,786本)をも超えるということになる。村長は、それを期待しています。
 本人は、そんな記録より「キャプテンとして日本一」が目標のようだが・・・

10年ぶりのチャンピオン

 世界野球プレミア12侍ジャパン、優勝おめでとう!!!

WBCを含め、10年ぶりの世界一ですね。ライバル韓国最後の打者を空振り三振に仕留めた瞬間、ベンチを飛び出す秋山選手、目を抑えながらマウンドに向かう稲葉監督の姿に、思わずもらい涙。歓喜の輪に、背番号が3桁の選手も加わり、監督の胴上げ。いつみても感動的なシーンでしたね。
 今日YouTubeで見た、シャンパンファイトもハチャメチャな中にも、緊張に包まれていた選手・監督・コーチたちの解放された安堵感、達成感プラス、ラグビーに奪われていたワン・チームの言葉を呼び戻してくれました。ともせれば、「スモール・ベースボール」とか言われておりますが、「つなぐ野球」こそが、「ワンチーム」の原点だと再確認した昨日でした。
 盛り上がりに欠ける、とか決勝を前に一位と二位が決まってしまい面白味が無いプレファイナル。などと、今後への課題も。そして、MVPには文句なしでジャパンの4番、鈴木誠也選手が選ばれました。米国チームなどにメジャー選手がいないことを指摘する人もおりますが、それを言うなら日本も同じ。代表辞退が相次いだことや、メジャー選手は不参加だったり、これも今後の課題となるでしょう。
 村長的には、韓国チームが大人しかったこと(意外とフェアプレー)、甲斐野央投手と山本由伸投手の凄さ、高橋礼投手と今永投手に山崎康晃投手、投手力では群を抜いていました。付け加えて、いろいろと批判はありましたが、6人とセパ12チーム中最多の選手を送り出した巨人の貢献度は出来不出来関係なく、評価に値すると思ってます。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/22 村長]
[06/22 giants-55]
[04/05 giants-55]
[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R