忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

キムタクの記憶、もう十年

 誰にでも、忘れられない、記憶の中で生き続けている試合、瞼の奥に焼き付いているシーンがあると思います。村長が思い出すのは、2010年4月24日の東京ドームで行われたvs広島戦だ。
 この試合は、その22日前の4月2日マツダスタジアムでの広島戦の試合前のノック中に倒れ(くも膜下出血)、5日後に亡くなった木村拓哉コーチの追悼試合として行われた。3-2と、広島が1点をリードして迎えた8回裏一死満塁という好機に巨人は代打に木村氏の同期、谷佳知選手を送る。試合前に、「まだ信じられない。信じたくない」と述べていたそうですが、1ストライク2ボールからの4球目を振り抜いた打球は谷選手にとりプロ初となる代打逆転満塁本塁打。試合後お立ち台では涙を見せておりましたね。 
 巨人移籍後は家族を広島に残しての単身赴任だったそうです。リンクは貼りませんが、倒れる瞬間のビデオを今日見つけてしまいました。衝撃的でした。5日後にあの世へ旅立ってしまったのですが、37歳、若すぎますね。また、ビデオでは当時10歳だった彼の長男のその後も伝えておりました。父の後を追い、中学校までは順調だったそうですが、高校の時、右膝を負傷、結局プロへの道は断念したそうです。
 ユーティリティープレーヤーだった木村選手で、思い出すのは2009年に起きた「捕手・キムタク」でしょう。記憶に残る選手でしたね。けっしてスターとは言えない存在でしたが、アテネ五輪のときは、ブルペン捕手も引き受けたり、いわゆる「プロ好み」の選手だったと思います。
 
PR

坂本選手、今年は我慢の年

 二度のインフルエンザにかかって、調整が野球人生で最悪、と言っている巨人軍キャプテンの坂本勇人選手。今一番の話題は、榎本喜八選手が持つ、最年少での2000本安打記録の更新だ。例年通りだと7月末での達成は可能だという(かなり確立が高い)。ところが、例の武漢肺炎の影響により、開幕、試合日程などの不確実要素がその記録に大きな壁となっている。
 しかし、高卒で左打者が有利な最年少2000本安打達成よりも、右打者として通算安打記録に期待する。大先輩の長嶋茂雄氏の2,471本、鉄人衣笠祥雄氏の2.543本は多分追い越せると思う。が、その上には、先日亡くなられた野村克也氏がいる。2,901本だ。この本数を超える、ということはあの世界のホームラン王・王貞治氏(2,786本)をも超えるということになる。村長は、それを期待しています。
 本人は、そんな記録より「キャプテンとして日本一」が目標のようだが・・・

10年ぶりのチャンピオン

 世界野球プレミア12侍ジャパン、優勝おめでとう!!!

WBCを含め、10年ぶりの世界一ですね。ライバル韓国最後の打者を空振り三振に仕留めた瞬間、ベンチを飛び出す秋山選手、目を抑えながらマウンドに向かう稲葉監督の姿に、思わずもらい涙。歓喜の輪に、背番号が3桁の選手も加わり、監督の胴上げ。いつみても感動的なシーンでしたね。
 今日YouTubeで見た、シャンパンファイトもハチャメチャな中にも、緊張に包まれていた選手・監督・コーチたちの解放された安堵感、達成感プラス、ラグビーに奪われていたワン・チームの言葉を呼び戻してくれました。ともせれば、「スモール・ベースボール」とか言われておりますが、「つなぐ野球」こそが、「ワンチーム」の原点だと再確認した昨日でした。
 盛り上がりに欠ける、とか決勝を前に一位と二位が決まってしまい面白味が無いプレファイナル。などと、今後への課題も。そして、MVPには文句なしでジャパンの4番、鈴木誠也選手が選ばれました。米国チームなどにメジャー選手がいないことを指摘する人もおりますが、それを言うなら日本も同じ。代表辞退が相次いだことや、メジャー選手は不参加だったり、これも今後の課題となるでしょう。
 村長的には、韓国チームが大人しかったこと(意外とフェアプレー)、甲斐野央投手と山本由伸投手の凄さ、高橋礼投手と今永投手に山崎康晃投手、投手力では群を抜いていました。付け加えて、いろいろと批判はありましたが、6人とセパ12チーム中最多の選手を送り出した巨人の貢献度は出来不出来関係なく、評価に値すると思ってます。

誤審と言う程のプレーか?

 プレミア12が始まりました。選手の顔ぶれから、韓国はガチで強そうですね。メキシコUSAが続いていると思います。予選ラウンドが終わり、Japanも辛うじて全勝でスーパーラウンドに突入。初戦のオーストラリアに2-3と辛勝して無敗をキープ。なんとか週末の韓国戦に決勝進出を賭けたいところですが、夜の9時26分現在4-1と劣勢です。マイナーとはいえ、MLBは強い。
 ところで、気になる記事を見つけました。昨夜の韓国vsアメリカ戦で、「日本人主審が悪質な誤審を犯した」と。早速YouTubeで確認することに。
 1分20秒位からをみてみると、確かにセーフに感じられる。走者の本塁もノータッチ、捕手のタッチも空タッチに見えるのだ。そして、空過したと感じた走者はベースを踏みなおして、得点。というのが、素人球審の村長の判断です。
 VARの検証後、判定は変わらず、「アウト」。これに、中央日報、ヤフーニュース、サンスポなどは、猛反発。「日本人主審は韓国に不利な誤審を・・」。おいおい、まずは主審(責任審判員)に謝れ!」。球審の嶋田さんは、主審の判断に従っただけ。その球審の眼は、捕手が(追いタッチながら)走者に触れていたと判断したのだ。主審がビデオを見て、それを支持したといった話。誤審というのなら、主審の最終ジャッジに抗議する気か?それは、即退場、ということを知っての抗議か?きわどい判定であることは否定しない。大相撲なら、取り直し、となる案件だと思うが、野球は二択しかない。あれを「セーフ」と覆す確たる証拠が無いと判断した責任審判員(主審)を責めるだけの証拠(証言、印象ではない)がない以上、明らかな誤審、とは言えないだろう。再度言うが、素人球審(ほぼ100%、主審を兼ねる)としては、「セーフ」だと思うが、誤審とまでは言えない。ということです。
PS.審判員については、球審の嶋田氏以外特定できませんでした。審判団検証後に「アウト」のコールをした人(外人にみえる)が主審でしょうね。

ジャイアンツ優勝!!

ファイアーマン、デラロサ投手の球をDeNA最後の打者が空振り。この瞬間、5年ぶり、37回目セ・リーグ制覇が達成された。延長10回の激戦だった。最後はデラロサ投手の速球、変化球がうなりを上げ、三者三振というパーフェクトで胴上げ投手となった。
 誰はばかることなく、真っ赤な目をした原辰徳監督の体が8回宙に舞う。

・・・ 読売巨人軍 まずは、おめでとう! ・・・

 試合後のインタビューで、「若手とベテランのバランス、阿部慎之介という精神的支柱に、坂本勇人、丸佳浩などの中堅に若手が随所で輝きを見せた」と、全員の野球を口にした原監督でした。
 投手では、前半の菅野、山口は安定しており、新人の高橋に加えマルチネス、今村もよくふんばったといえます。中継ぎ陣は中川、高木、田口、戸根の左に、右の澤村、宮國、鍵谷もまあまあの活躍でした。前半のアダメス、後半のマシソンはまだまだ本調子とはいきませんでした。
 優勝の一因に挙げられるのは、やはり打線(攻撃陣)でしょう。日替わりでヒーローが出たり、足の増田選手、守りでは丸、亀井の両外野手が目立ちました。そして、三冠王も夢ではないことを印象付けたキャプテンには30の大台に乗ったとはいえ、まだまだ伸びる予感さえ感じました。村長の瞼には、12年前に市営球場で見た青森大会の決勝戦、8-1で青森山田に敗れた試合で打ったセンターバックスクリーンへの一発がいまだに焼き付いております。たしか、2年生で光星学院の4番を打っていたと記憶してます。相手はその後ロッテに入った柳田投手でした。
 そして、村長押しの小林捕手。今年は炭谷、大城、そして阿部という刺激剤はありましたが、まだまだ欲が足りないと感じました。今日の9回表に見せた右前への同点打は見事でした。もっともっと、欲を見せて欲しいと願う村長です。
 さて、監督もフライング気味に口にしておりましたが、村長も今年のセのMVPは坂本主将に一票。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]
[10/23 村長]
[10/22 giants-55]
[10/03 アルファーブラボー]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R