忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

青森県代表は青森山田!

 第99回全国高校野球選手権(夏の甲子園)青森大会は27日、青森山田八学光星5-3で下した。夏は、8年ぶり11回目の甲子園となる。
 弘前の「はるか夢球場」で行われた決勝戦は、一点を争う手に汗握る好試合となった。
3回に山高が1点を先制すると光星もその裏すかさず同点に。6回も同じパターンで2-2。試合は7回に1点、9回に2点を追加した山田が光星の9回裏を本塁打による1点に抑えて代表の座を得た。かつては青森山田が6年連続で代表になったりと青森市勢の全盛期がありましたが、最近は八戸勢、弘前勢に押され気味だっただけに村長としても嬉しい結果でした。
 昨年までは青森県営球場で決勝戦が行われていましたが、今年は弘前。スタンドで応援したかったけど、ちょっと遠い平日じゃあ無理。と、TV観戦することに。実を言うと25日前の時点では八戸工大一高が優勝するな!と予想していた。なんといってもプロのスカウトも注目していた古屋敷投手の存在が大きいと感じたからだ。長身から投げ込む149キロ/時の速球は高校生では簡単には打てないだろうと思っていた。
 ところが準決勝で八工大一と当たった青森山田は二本の本塁打を絡めて古屋敷投手を攻略した。そして地元弘前の強豪弘前聖愛を破った八学光星。ほぼ互角という戦前の予想通り白熱した決勝戦となったわけです。
 青森市から代表を、というわけではありませんが、ほぼ全員が県外人の光星よりも、ほぼ全員が地元の中学校からの選手で構成された青森山田を応援したくなった村長です。
PR

父子鷹、広島編

昨夜の神宮球場、首位広島vs最下位ヤクルトの試合はヤクルトが3-8と5点をリードして9回に入る。先日の巨人戦では左翼手で出て、痛恨の「打球見失い事件」をやらかしたバティスタ選手が左中間場外に打ち込む。さらに菊池選手もソロホームランで3点差にすると、打線が繋がり1点を追加、6-8とする。二死一三塁の好機に登場したのは、代打新井貴浩選手。この日無安打に終わった「神ってる男」鈴木誠也選手に「どうだ!」と言わんばかりの代打逆転3ラン
 村長の野球仲間のアンチ巨人のS君(自分では言いませんが広島ファンらしい)も、さぞご満悦のことでしょう。
 ところで、今日動画サイトで面白いものを発見。それは、今から11年前のテレビ企画で、「巨人の星」のゆかりの地を探すという番組。スタッフが紹介したのは、星一家の住んでいた荒川区町屋のとある一家。動画では、11歳の野球少年と斜め前からボールをトスする父親が。まさしく星一徹親子だあーーー
 その少年こそ鈴木誠也外野手の若かりし(今も若いが)日の姿。彼は、「あの日があったから今の自分がある」と振り返る。父子鷹といえば「星飛雄馬-一徹」、「荒川博-尭」「原貢-辰徳」が有名ですが、鈴木宗人-誠也親子も泣かせますね。

貧打戦を制して連敗脱出!

 巨人の連敗は13で止まった。札幌ドームで行われた対日ハム戦に、2-1で勝利した。マイコラス投手とマシソン投手の力投で、やっとながーいトンネルから出た。
 それにしても打線に繋がりがない。昨夜は石川と坂本のタイムリーで何とか逃げ切ったが、楽天、西武が相手だったら逆転負けしていたでしょうね。5連敗中の日ハムと13連敗中の巨人による貧打戦!といった感じの試合でした。
 しかし、下には下がいるもので、巨人の連敗に気を取られていたらヤクルトさんの自力優勝が消えたとか。パリーグ最下位のロッテに敗れ9連敗を喫した為だ。なんとも盛り上がりに欠ける話ばかりですが、たかが野球されど野球。いくら連敗しようとも、やはり野球を観てしまう自分がいます。

情報、多過ぎ?

 野球に運不運はつきもの。その結果が不運だったのかあるいは幸運だったのかもわからないことが多い。先日ジャイアンツがヤクルトに一点差で負けた試合で、2点を追う8回表の巨人の攻撃。一死一塁から打った坂本の三塁線の当たりが、まさにそんな打球だった。打球は三塁ベースを直撃、三遊間に転がった。三塁ゴロで一つアウトを増やせたのにヤクルトにとって不運?その後、二死一二塁から阿部のタイムリーで二塁走者が還り一点を返すも1-2で負けとなった。
 さて、この坂本の打球。ベースへの当たり処によっては左翼線に転がる確率の方が高い。坂本独特の打法で、外角低めのチェンジアップを引っ張ったもので角度的にはどんどん切れるはず。そうなれば走者は二三塁となり、阿部の安打で同点に・・・と考えると、これはヤクルトにとっては幸運だった。なーんて結果論を!

 本題。今実況中のMLBの試合で、日本ではあまり見慣れない数字が出てくる。ヤンキース田中投手のスプリットの回転数、ヤンキースの3本の本塁打の初速、角度、飛距離。田中投手がKOされた試合での最高最低回転数と好投している今日の回転数を比較したデータも表示されている。今日の方が安定しているとデータは物語っている、どうだ!エヘン!とテレビ局は言いたいのだろう。
 なーんて見ていると田中投手が5回表つかまった。本塁打など2点を失う。なんだデータは当てにならないじゃん。
 本塁打ではヤンキースの若手No.1のジャッジ選手が凄い。昨年初打席で本塁打デビューすると、今年は現在本塁打部門でトップを走っている。今日も、つまったような当たりが右翼席ギリに飛び込み11号だ。身長201cm体重120kg、初速ランキングでも192km/hとトップ。昨年はマーリンズのスタントンの飛距離が話題になってましたが、今年はヤンキースのジャッジ選手に注目だろう。
 しかし、飛距離には球場の風(風向き、風速)や方向(打球のスピンなど)が大きく影響する。一つのデータとしては面白いが、あまり頻繁に流されるとゲームに集中できなくなる。日本ではスモールベースボールらしく、盗塁の技術(塁間の秒数、リードの距離など)をとりあげていた。
 それにしても気になるのが投手の球種が瞬時に出ること。画面に「フォーク」と出ているのに解説者は「スライダーですね」、リプレイで挟んでいるのを見て「フォークですか」なんて場面をしばし見かける。球種を瞬時に判断するソフトでもあるのかな?

フェンウェイパークに上原投手

 今日のBS1のMLB中継は、シカゴ・カブスvsボストン・レッドソックス。場所はボストン、フェンウェイパークである。4-5と一点リードしての8回裏のボストンの攻撃前。例の「Sweet Caroline」に合わせて観客総立ちの斉唱、そして上原投手も登板に備える?しかし彼の姿はシカゴベンチに。そうかシカゴに移ったんだ。敵地での抑えの投球を見たかったが試合はそのままボストンの勝利。ピッチャー上原、のコールはなかった。
 さて、この「スィート・キャロライン」はアメリカのシンガーソングライター、ニール・ダイヤモンドのヒット曲の一つです。彼はこの曲を、アメリカの英雄J・F・ケネディの長女キャロラインちゃん(当時11歳)に捧げたという。父に続き叔父の死などに遭った彼女の写真を雑誌で見て彼女を励ます意味でペンを持ち一時間で書き上げた。
 1997年球場でこの曲を流したところ好評で、いつしか「フェンウェイパーク」といえば「スィート・キャロライン」というイメージが出来上がったといいます。2013年ボストンマラソンのゴール付近で起きた爆弾事件の翌日、ニューヨーク・ヤンキースvsアリゾナ・ダイヤモンドバックスの試合前、ヤンキースは宿敵ボストンを悼んでこの曲を流したそうです。日本人の感覚だと、ちょっと明るすぎないか?とは思いますが、ライバルを励まし勇気づける行為は感動的です。 
 余談ですが、阪神タイガースの4番福留選手を応援する外国人(多分アメリカ人)の持っている「偶然だぜ!」というボードが話題となっております。「ここまで飛ばせ」とか「ホームラン待ってるぜ」などに交じって「 It's Gonna Happen 」と書かれたボードは異彩を放っております。NHK-Eテレの英会話講師が解説しておりましたが、何かが起こるぞ!と言いたかったとのこと。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R