忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

会田コーチ、人命救助!

心温まるニュースを目にした。元巨人軍の投手で、現在3軍の投手コーチである会田有志氏だ。記事によると、二日前の夜、都営新宿線の駅構内で倒れていた中年男性を心臓マッサージとAEDによる手当で蘇生させたという。男性は自分の名前を言えるまで回復し、救急車で搬送された。
 会田氏は、故木村拓哉氏と同期退団。翌年の木村氏の急逝を見て選手の生命、健康を守る意識を強く持ち、アスレチックトレーナー資格を取得。また、毎年武道大の先生から救命講習を受けていたという。それが今回の人命救助に繋がったというわけだ。
 咄嗟に対応できることに驚きと称賛ですが、我が身に置き換えて考えるとき、果たして同様の措置をとることができたかは甚だ疑問だ。根性、根性、また根性の世代の村長は、「練習中の私語禁止」、「練習中の水道水を飲むこと禁止」、「遠征のバスは、座れない」など。中学校の野球部の実態です。半世紀以上前とはいえ選手の健康なんて、気合で乗り切れ、という先生、親、マスコミばかりでした。全否定はしませんが、もう一度人生をリセットできるなら、中学校1年に戻りたい。
 当時は、ゴムまり(軟球)も怖かった。その恐怖が消えたのは、捕手をやらされた28歳の朝野球の時でした。がよかったことから春のミーティングで監督から「お前は捕手」と告げられたのです。内角球には目を閉じるし、ワンバンは腰を引いてしまう。一番向いてないポジションだと思っていたのが、次第に恐怖は減り、打撃でも内角球に逃げなくなっていきました。その監督の口癖が、「根性で捕球しろ」でした。
PR

5-6-3、しびれたー!

やっと日常が戻ってきた。いや、まだかな?観客がいないもんね。
 でも、打球音が大きく響き、投球をキャッチする捕手のミットの音がバシッ!と鳴る。待ちに待ったプロ野球が開幕しました。始球式や応援は無いけどテレビにかじりついて観たファンは多かったことでしょう。あの病気は怖いですから仲間との観戦やパブリックビューイングも無理。一人でコーヒー飲みながら試合を観ておりました。
 結果は2-3と逆転勝利。ヒーローは逆転の2ランの吉川尚輝二塁手+粘投した菅野投手かな?ポイントは幾つかあります。まずは、菅野投手、相手投手の西勇紀君に打たれすぎ(笑)。先制本塁打にに勝ち越しのタイムリー二塁打。完璧に打たれておりました。
 そして勝因は二つ。攻守にわたって采配の妙、でした。
① 吉川選手に強硬策
 7回裏、阪神のマウンドには二番手の左腕岩崎投手。ここで、代打攻勢をかける。先ずは右の石川選手。これが安打で出塁すると、菅野の代打に右の湯浅。バントで送って打席には左の吉川をそのまま送る(村長は、陽岱鋼炭谷かな?とも思いました)。これが大当たり、内角速球を技ありの打法でスタンドまで持っていきました。
② 9回表、無死一塁で4番ボーアを迎えたシーン。左の強打者に対し、三遊間を大きく開けて遊撃坂本は二塁ベースの真後ろに。このシフトが大当たり。ボーアの打球は痛烈な三遊間へのグラウンダー。一人三遊間を守っていた岡本三塁手は二塁送球。坂本ー一塁中島に転送されて、5-6-3という併殺に。この、珍しいパターンには興奮して、「やったー!5-6-3!」と絶叫。変な顔で見た妻に、何が凄いか説明するが、画面では明らかに大物を狙ったスイングをする福留選手が目に入って、自分でも何を話しているのか分からない。デラロサ投手のスライダーが決まって開幕戦をものにした後、改めて詳しく解説すると、「ふーん」だって。「通」じゃあねーな。

韓国が辿った日本の軌跡

このタイトルを見ると衝撃的ですが、大した記事ではありません。
 米国では、黒人の被疑者に対する白人警官の過剰防衛による重過失殺人がきっかけとなり、各地で暴動が起きております。アンチファとかいう過激左翼に扇動された暴徒による商店の破壊・略奪、白人への攻撃。まるで数十年前に遡ったような光景に驚かされております。
 そんな商店への攻撃により、特に被害が大きいのが韓国系の美容グッズの店だとの報道がありました。なんでも、カツラを作る黒髪を韓国本国から輸入し、黒人用カツラをより安く販売して彼らの商売を奪った、との理由らしい。
 おや?何十年か前に似たような話(大ヒット曲)がありましたね。Wikiで調べたら、1971年、とありました。それは、ポール・リビアとレイダーズというグループのリード、マーク・リンゼイの歌で全米1位にもなった、「嘆きのインディアン(チェロキーインディアンの悲劇)」です。ね、凄い副題でしょう。この歌詞には、土地を奪われ、言葉は英語に変えさせられて居留区に追いやられたチェロキーインディアンの悲劇が歌われておりました。続けて、「私たちが手造りしていたビーズの手芸品は、今や日本製だ・・( And all the beads we made by hands. Are nowadays Made In Japan. ・・)」と続きます。
 半世紀前には日本も恨まれていたんでしょうね。でも、暴動や略奪があった、なんてニュースは聞いたことはありません。在米韓国人が嫌われる原因は、他に何か深いものがあるのでしょうね。そういえば、近年日本でも人気の韓国ドラマは40年ほど前に日本で流行っていた「昼メロ」ですね。半世紀遅れの日本追随はいいけど、時勢を読まなければ反発を買います。それと、いいことはマネするのは分かるけど悪いことまでマネしなくてもね。

キリスト教圏の感染者数、死者数

今回の新型肺炎の死者数に関して、先進国と呼ばれている国々の数字が桁違いの値である。アメリカ、イギリス、スペイン、イタリアに加えブラジル、スェーデンも我が国の累計数を一日で記録している。
 この状態を見ていて脳裏に浮かんだのは、古代ローマ帝国が滅んだのも疫病だったなあ、と。そして多神教のローマ帝国に入り込んだのがキリスト教でした。そのキリスト教国圏が大変なことになっている。
 実は日本でも似たようなことが起きていました。奈良時代に起きた「天平の疫病」では、時の政権を担っていた藤原四兄弟も病死しました。なんと閣僚の半数が犠牲になったという。聖武天皇は仏教の信仰を推進し、奈良の大仏が造られた。しかし、その甲斐もなく平安時代に入ると次々と災害が起きる。
 東北人なら東日本大震災の時多く聞かれた、「千年に一度の大地震」という言葉。その千年前の三陸地震が起きたのは、平安初期のこと。東北地方が壊滅的打撃を受けた。
 現在の感染病も大きな打撃には違いないが、奈良時代から平安時代の災害を見るとそのひどさに驚く。富士山の大噴火では富士五湖が、十和田大噴火では十和田湖ができた。当時の記録では京都の空の色が変わったと聞く。そして三陸地震だ。
 今、日本の防疫は概ね成功との評価である。勿論、専門家会議と政府、医療従事者の献身、などが言われるが、昔の教訓や経験から学んだ知恵+信仰も影響しているのかも?

やっと

緊急事態宣言解除を受け、日本プロ野球機構(NPB)も方針を発表。6月19日の開幕を決定しました。先ずは無観客で開始し、徐々に観客を増やすという。これには、一野球ファンとして歓迎し好試合を期待する次第です。
 今日は、とある高校生のお話。彼は村長の知人の息子さんで、現在高校三年生。甲子園を目指す有力校の正捕手だそうです。高校は有名でも彼は全く無名。詳しい事情は知りませんが彼曰く、「甲子園に出れば、大学に推薦で入れる」とのこと。某私立大学の付属高校なのです。
 そんな彼の淡い望みは、コロナ禍に消えてしまいました。勿論、例年とは異なる対応や別の基準が適応されるとは思いますが。
 彼に限らず、全国の有力選手たちはドラフトへの影響などもあり、甲子園がなくなったこと以上に将来への不安は増していることでしょう。自分の力ではどうしようもないことは、じっと耐えるしかありません。その先に必ずある晴れた青空の下、思い切り走りまわる準備をしましょう。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/22 村長]
[06/22 giants-55]
[04/05 giants-55]
[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R