忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

エスカレータは「歩行禁止」

 国交省の「手すりにつかまろう」に続き、日本エレベーター協会やJR東日本なども、エレベーター内は歩行禁止、をPRしております。これには、大賛成ですね。左半身が不自由な人、障害があって右側にしか立てない人にとって歩行者は危険極まりないことでしょう。
 村長はまだ拝見したことはありませんが、そのような右側でしか立てない人向けに、「わけあって、こちらがわで止まっています」というホルダーもあるそうです。
 もちろん、わけあって急ぐ人は居るでしょう。せっかちなだけの理由で歩いたり走る人もいるでしょう。一見「片側空け」は良さそうなマナーでしょうが、弱者への配慮を忘れてはいけません。切羽詰まっての行動だとしても、他の方法は無いのか?よーく考えて、歩く(走る)のはやめるべきです。
 余談ですが、「ロッキートップ」のメロディーに乗せて、一世を風靡したあのフレーズ
♪ 狭いニッポン そんなに急いで何処へ行く ♪
が、聞こえてきます。
PR

「満州の丘に立ちて」じゃ、ヒットしなかった

 ♪ ここは お国を何百里 離れて遠き満州の・・・ ♪
と歌われた「戦友」は日露戦争直後の、1905年に作られました。同じ頃ロシアでも同様な曲が作られます。ロシア語は全く知りませんので、ネットで拾った邦題を引用すると「満州の丘に立ちて」らしいです。「戦友」がいわゆる軍歌であるならば、「満州の・・」も軍歌、ということになるでしょう。
 それから約半世紀後、その「満州の・・」をもとにロック(エレキサウンド)にアレンジした曲がヨーロッパから広がります。フィンランドのエレキグループ、ザ・サウンズです。日本では、「さすらいのギター」と訳され小山ルミの歌でも大ヒットしました。また、ベンチャーズがリバイバルヒットさせていますので、そちらで聞いた人も多いのではないでしょうか。
 この「満州の・・」は「さすらいのギター」と名を変えましたが、ヒットさせたサウンズの原題は、「Mandschurian Beat」。直訳すれば、「満州の鼓動」でしょうか。日露の紛争の地はやがて、清朝の最期の皇帝を引っ張り出して満州国を建てた日本と列強との紛争の地に。ついにはWW2へと突入してしまします。
 「さすらいのギター」という哀愁を帯びた旋律は、「戦友」、「満州の丘に立ちて」と重なって聞こえます。大ヒットした「さすらいのギター」ではありますが、もし「満州の丘に立ちて」とか「満州の鼓動」といったタイトルだったらヒットしていただろうか?と考えた村長です。

PS.高校生時代この曲を弾きながら、自作の真空管ギターアンプにトレモロ装置をくっつけた因縁の曲でもあります。かなり苦労したのを思い出します。

「2分以内にあなたの運転者を更新しろ?」

おもわず笑っちゃいました。いつも通りYouTubeで動画を見ていると、いつも通り広告が出てきました。即、×をクリック・・すると、広告の二行目の分が目に飛び込んできました。「2分以内に、あなたの運転者を更新してください」。
 ははあ、新手の詐欺だな。と、ピーンときた。日本語訳が変なのは外国人の詐欺グループ?「ドライバー」は、「ドライバー」だろう。もし日本語で言うなら「コンピューターのハード機器を動かす基本アプリ」?かな。まさかパソコンの中に小さな人間が入っていて、ハードを動かしているとでも。それでも運転者って・・・。
 勿論、村長のパソコンのドライバーは最新だし、ウィルスソフトも月額数百円で対策済み。ホント、うるさい広告には辟易しますネ。でも、ユーチューバーとやらにとっては、この広告が飯のタネなんでしょうが、「ドライバー」を「運転者」と理解してしまった人はひっかってしまうだろうな。と、思ってしまった村長です。

新青森港に、あの船が!

 あの「海の女王」と呼ばれている「クイーンエリザベス号」が来るというので、ミーハーな村長も一目みておこう、と車で新青森港へ。ノロノロではあったが、なんとか港へたどり着く。すると、交通整理しているおじさんに、「一般車両はUターンしてください」。「ん???」ニュースではそんなこと言ってなかったと思うが・・・。
 おじさんに「近づけないんですか?」と訊くと、「混雑して、警備上の問題があるので入れません」とのこと。テロ対策も兼ねての措置らしい。でも、百メートルくらいまで近づけたし、その壮大さと、何層にも重なった客室、まさに「海の女王」の名にふさわしい雄姿であった。
 弘前の桜などを見学したりして、夜には港を離れるそうだ。昨年は、史上最多22,23隻の大型客船が寄港したと記憶する。「先立つものがあれば、ゆっくりと船旅したいね」。実感!

「自粛」って?

 音楽業以外でも、テレビに映画に、と幅広く活動していたピエール瀧氏がコカイン使用の罪で逮捕された。まあ、音楽の趣向性の違いで聞くことはない村長ですが、これを受け「電気グルーヴのCDおよび映像商品の出荷停止、在庫回収、配信停止」だとか。
 「えっ!」、そこまでやるか。まだ容疑段階で、誤認逮捕とか不起訴、無罪もありうる時点で・・・
 聞きたいファンは、逆に売っている店、在庫を持っている店、あるいはオークションなどを探して手に入れるのでは?ソレって逆効果になるのでは?という疑惑(炎上商法)も湧いてくる。坂本龍一氏はツィッターで、「音楽に罪はない。何のために自粛ですか?」と、聞きたい人は聴けばいいし。と対応に苦言を呈した。
 が、ちょっと!ちょっと!そもそも、「自粛」じゃねえし。この対応は「禁止」と捉える方が普通。この記事が事実なら「前面禁止対応」な訳で、むしろ「自粛」だったら、村長も「まあ、しゃーないな」だが、販売禁止+在庫回収、は「やり過ぎ」と、思っているだけの話。坂本さん、「自粛」じゃああーりませんヨ。

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[02/15 村長]
[02/15 giants-55]
[01/10 村長]
[01/09 giants-55]
[10/26 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R