忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

カードにはならない

 昨日速報が流れた。「韓国政府、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を延長」。余り興味が無い人でも、コレが意味するところは理解しているはず。最悪を言うと、韓国が中ロ+朝?という所謂レッドチームに入ることを意味する。そりゃあトランプが黙ってはいない。「朝鮮戦争で亡くなった米兵の命はどうしてくれるんだ。思いやり予算を5倍にする」と。
 多くの政治評論は、「38°線が対馬まで下がる。」と指摘。さらには、統一半島と戦争になるかも?などとも囁かれておりました。元寇や秀吉の明出兵の際、小さな武力衝突はありましたが過去戦争はしたことはなかったのに。
 文大統領の誤算はGSOMIAとフッ化水素などへの輸出管理強化を天秤にかけたこと。3年前から「過剰に仕入れたフッ化水素などの販売先の書類を出せ」と、言い続けたのに出さない(出せない?)から今年優遇措置を解除(ホワイト国排除)したことを、WTOに提訴だ!
 つまり、外交カードにしてしまったのだ。ホワイト国に戻せばGSOMIA廃止しない、と。だが、ちょっと待ってほしい。大量破壊兵器(化学、核など)の製造にも転用される三品目を、ザル状態に戻せ、なーんてことしたもんなら国内外の**平和団体**核兵器反対団体が黙っちゃおりませんよ。なんてったって、GSOMIAとは米が日韓に提供する情報を共有(おこぼれを二国が貰う)する話で、韓国も外交カードにはならない。米へのカードにはなるかな?
 外交カードといえば、いやらしいのは中国でしょう。先日解放された北大の教授。中国政府系の団体からのお招きで北京のホテルに入ったところを、当局によりで拘束されてしまった。安倍内閣は何を考えているのか? 来年初めに、習金平主席を国賓として招くそうです。野党のみなさん、出番ですよ。安倍総理は、防衛相や外務省に勤務した人物の解放には熱心、という疑惑が・・・だってまだ拘束されている邦人は数名いるそうですから。
PR

領土は戦争では返ってこない

 アルコールの力を借りてアホな発言をした野党議員がおりました。党代表は彼を除名処分。他の野党は議員辞職を勧告。でも、一応国民から選ばれた代議士であることを考えれば議員辞職は本人に任せるべきでしょう。
 これに国際ジャーナリストの北野幸伯氏が意見を述べております。「戦争などもってのほか」には激しく同意。戦争で失った領土を戦争で取り戻す、これってどこかの国と同レベルに成り下がること。議員の真意はわかりませんが、「暴力のエスカレート」、「報復の連鎖」、にも繋がる暴言には大方の日本人は反発していると思います。
 北野氏は語ります。領土問題は経済問題だ、と。政治的には強硬策はダメということを強調しております。彼らは、条約違反の戦争参戦、シベリア抑留(国際法違反)は教えられていないのだとか。「日本悪玉」でなければならない。それを思えば、アメリカ、中国も基本は一緒。当時一緒に戦った、お隣さんでさえソノ論で固まっておりますね。
 今、日本政府がとっている経済協力、民間交流、漁業権交渉などなどで友好関係を築き、領土問題は棚上げすべきでしょう。戦後70年以上経ても進展しないのですから。経済交流を基盤に機が熟すのを待つしか方法は無いのです。それを北野氏は、「日本が戦勝国になること」と称します。氏は、こう結びます。「安倍総理が歴史に名を刻むのは、日本を敗戦国から戦勝国に転換させたとき」。無理じゃん。
 一議員の発言は政府の足を引っ張っただけ、ということのがわかりました。

言い訳?間違い?そんな訳ねえだろ!

 20日午後日本海(能登沖、日本のEEZ内)を哨戒中の自衛隊機に韓国海軍の駆逐艦が火器管制レーダーを照射した。哨戒機はすぐに回避行動をとり、事なきを得た。日本政府の抗議に韓国側は「哨戒機に照射したものではない。遭難した北朝鮮船を捜索中にレーダーも起動した。」。
 「えっ」、難破船の捜索中に火器管制レーダーを誤射?
 「ボーっと生きてんじゃねえよ!」byチコちゃん。ツッコミどころ満載すぎて、ぽかーん。まず、なんで北朝鮮の難破船の捜索に韓国海軍が?もしかして、連合国組織(UN)の制裁破りの密輸か支援物資輸送船隊を護衛するため?だとしたら、あの大統領の強烈な怒りを買いますよ。
 そして、警告もなしに火器管制レーダー照射はロックオンとみなされ即反撃されても文句は言えません。日本の哨戒機はそれを感知し、避難行動に出たのです。今回は逃げれたのでいつもの「遺憾砲」しか反撃できませんでしたが(多分コレで幕引き)。あの機が逃げ切れないと判断したら駆逐艦を爆撃していたかもしれません。まさに開戦一歩手前だったのです。「軍靴の音が・・・
 遭難船の探索なら日本の哨戒機に連絡して「一緒に探そう」とはならないのでしょうか?なんか「海が荒れていたから機に照射してしまった」みたいなこと言ってましたが、哨戒機なら直ぐに発見したでしょう。
 そして、誤射と言うのなら、「先ず、謝れ!」。
 ネットで記事を探すとあの新聞あの新聞まで非難の嵐です。さすがにコレは擁護できないと判断したのでしょうね。さらに近年思うのは、「アジア諸国に配慮して総理大臣は靖国神社を参拝するな」という内政干渉、個人の信教の自由制限。安倍総理は5年連続して参拝を見送ってきました。それに対する周辺国の状況はどうでしょう?より悪化していますが・・・

入管法と消費税10%

以前、村長は「アベコベミクス」と揶揄した消費税率アップ。当の本人は「リーマンショックと同じ状況になりそうなら上げないる」などと言ってましたが、そんな気はさらさら無いと思っております。今年の「異常なまでの猛暑、大きな被害を出した大雨、台風に加えて北海道の地震。そして何よりも米中貿易戦争、中東では相変わらずテロの脅威はなくなりません。評論家のなかには「覇権の移動」が始まるーーつまり、米から〇〇へ?---と、言う人もチラホラ。コレってかなりヤバイんじゃあね?
 安倍総理は増税対策として、カードで買い物すれば2%還元するヨ--ン。25,000円の地域商品券を20,000円で売るから5,000円お得だヨーン。軽減税率も導入するし、あれもこれも・・・。
 でも、ちょっと待って。何兆円の増税対策になるんですか?そんなに手間暇かけて景気対策やるんなら税率上げなくてもいいんじゃね!キリッ!。
 そして移民受け入れ法案。人手が足りないんだって。ふーん。消費税辞めれば。据え置きとかじゃなくてゼロ、つまり税制そのものを撤廃!これにより、税務関連の部署を大幅縮小、大規模リストラ。別に一般企業ではよくあること。事務処理の電算化は何十年も前から民間では実施されております。もちろん、お役所の仕事の職種によっては人の手、客待ちの時間は必要です。しかし、水道の民営化を思いつく前に事務の電算化、スリム化を各省庁で実施する策もアリではないでしょうか?本当に保守ならば。
 いまだに、デフレ下での消費抑制策を理解できないでいる村長です。

強い風が・・・

 選挙区で敗れた「希望の党」創設メンバーでもある松原仁氏がコメントしていた、「風は吹かなかった」と。
 昨日投開票された総選挙の結果は、与党と立憲民主党が笑顔となった。小池代表が率いる新党には逆風が吹いた。準備不足、人材不足の感は否めないし、何よりも独自性に欠ける政策で有権者にはぼやけた存在で終わってしまった。消費税凍結をアピールしておりましたが、税率を上げることを愚と断ずるのであれば当然税率ダウンあるいはデフレ脱却まで撤廃くらい言わないと。結果として、第二自民或いは劣化自民という印象に終わってしまった。
 さて青森一区は新たにむつ市の一部が加わり、現職の候補者も連日下北詣で。現在建設中の大間原発、東通原発のある東通村、核燃料サイクル施設を抱える六ケ所村原発問題が最大の争点となっている地区だけに注目していた。選挙活動期間中、現職の自民党候補津島淳氏が4日間で1,000キロを走ったというニュースも。
 結果は津島氏が二位以下に大差、それも野球で言えばコールドゲームの大差で圧勝。有効投票数の7~8割を獲得したそうである。もともと大票田の青森市では絶大な支持を得ている津島氏のとっても、反原発の動きは気になっていたと思う。それが足しげくむつを遊説した行動に表れたのだろう。
 そんな「」がどう吹いたかは知りませんが、昨夜から台風21号の影響と思える強風が吹き荒れ、我が家も対応に大わらわ。家の周りにある段ボール箱や強風で飛ばされそうな物を片づけたり、今年カラスに壊されたゴミ箱の蓋に重しの石を乗せたり、これで今夜最大と思われる強風が無事に過ぎてくれれば・・・

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]
[10/23 村長]
[10/22 giants-55]
[10/03 アルファーブラボー]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R