忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

キムタクの記憶、もう十年

 誰にでも、忘れられない、記憶の中で生き続けている試合、瞼の奥に焼き付いているシーンがあると思います。村長が思い出すのは、2010年4月24日の東京ドームで行われたvs広島戦だ。
 この試合は、その22日前の4月2日マツダスタジアムでの広島戦の試合前のノック中に倒れ(くも膜下出血)、5日後に亡くなった木村拓哉コーチの追悼試合として行われた。3-2と、広島が1点をリードして迎えた8回裏一死満塁という好機に巨人は代打に木村氏の同期、谷佳知選手を送る。試合前に、「まだ信じられない。信じたくない」と述べていたそうですが、1ストライク2ボールからの4球目を振り抜いた打球は谷選手にとりプロ初となる代打逆転満塁本塁打。試合後お立ち台では涙を見せておりましたね。 
 巨人移籍後は家族を広島に残しての単身赴任だったそうです。リンクは貼りませんが、倒れる瞬間のビデオを今日見つけてしまいました。衝撃的でした。5日後にあの世へ旅立ってしまったのですが、37歳、若すぎますね。また、ビデオでは当時10歳だった彼の長男のその後も伝えておりました。父の後を追い、中学校までは順調だったそうですが、高校の時、右膝を負傷、結局プロへの道は断念したそうです。
 ユーティリティープレーヤーだった木村選手で、思い出すのは2009年に起きた「捕手・キムタク」でしょう。記憶に残る選手でしたね。けっしてスターとは言えない存在でしたが、アテネ五輪のときは、ブルペン捕手も引き受けたり、いわゆる「プロ好み」の選手だったと思います。
 
PR

コメント

泣けた・・・

木村拓哉コーチがバッター・ボックスで崩れ落ちるシーン、今も忘れられません。元気の塊の様な彼だっただけに、回復を祈っていたのですが・・・。奥様と幼子3人を残しての旅立ち、非常に無念だったと思います。御長男が始球式で投げた際には、もう泣けて泣けて堪りませんでした。

泣けたと言えば、彼が急遽キャッチャーを務めた場面。無事務め上げ、ベンチに戻る際の高揚した顔、そして彼を満面の笑顔で抱き締める原監督。もう涙が止まりませんでしたね。

御長男が野球を断念され、建築の世界を目指している事を、先月にTV番組の特集で知りました。「あんなに小さかった子が、こんなにも立派になったのか。」と感慨深かったし、笑顔が御父さんとそっくりだったのが、ファンとして嬉しかった。

野球ではプロの世界に進めなかったけれど、建築の世界ではプロとして頑張って欲しいですね。
【2020/04/05 02:37】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/22 村長]
[06/22 giants-55]
[04/05 giants-55]
[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R