忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

池坊氏、張り手はOK!

横綱白鵬による張り手差しかち上げ戦法が議論をよんでいる。これに関して、相撲協会の評議員議長でもある池坊保子氏は、横綱の張り手差しは問題がない、との持論を表した。しかし、これには「すでに結論が出ている問題」と、疑問視する意見が多い。
 他のスポーツにも「ルールにないルール、決まりごとは多少なりともある。野球でいえば、大差の得点がついている試合での勝っているチームによる盗塁やバント攻撃。また、ルールにあるからといって「隠し玉」ばかり狙う行為も試合に水を差す。何年か前には、延長の時間稼ぎとして走者への牽制球を無駄に多投する行為もあった。
 張り手、かち上げ問題は、いわゆるパワハラ問題なのである。相撲に関してはど素人の、ビ-トたけし氏や北村弁護士もルール上問題はないから禁止するほうがおかしい!と。
 しかし、例えば新入幕の若手の力士が横綱に張り手差しをしたらどうだろうか?連日、全取り組みで若手が横綱にかち上げ(エルボーバット)をお見舞いしていたらファンはどう思うか?ルール上Okというならばそれはそれで別の競技になるであろう。柔道がJYUDOになったように。
 神事としての相撲を守っていくのなら、横綱の飛び道具やパワハラ的な行為はやはり見たくない。余談ではあるが、この池坊氏は貴乃花親方が協会の事情聴取に応じなかったことを「著しく礼を欠いた」として厳しい処分を課したが、先場所の白鵬関が取組後抗議した行為こそ「著しく礼を欠いた行為」と思ったのは村長だけ?
PR

日馬富士、引退!

 横綱の日馬富士が一連の暴行騒動の責任をとり引退を決意した。「これ以上、協会に迷惑をかけられない」とのこと。相撲ファンではないが彼の印象としては努力家、正統派というイメージを持っていた。誰かさんのように、「勝負が決まった後のダメ押し」や「勝つためには何でもやる」という相撲ではないと感じていた。いわゆる「横綱の品格」問題には程遠い力士と思っていた。
 いろんな報道、いろんな登場人物の情報が錯綜して何が発端だったのかは見えてこないが、横綱が引退を決めたのである。「横綱として許されない行為」であるならば、横綱をそこまで怒らせた貴ノ岩も同じくらい責任があるのではないだろうか?一方的な被害者なのかな?と思いネットの記事を探してみた。
 夏の巡業で、貴ノ岩がモンゴル出身の若手を殴っていた、とか日馬富士に決定的な一言を言ってしまった、なんて話もある。日馬富士も引退は早まったのではないだろうか?協会に迷惑、よりも彼を応援するファンのことを考えるのが先だろう。マフィアの親分に見えると形容されたいで立ちの貴乃花親方の対応も甚だ疑問である。協会の改革を口にするが対応を誤れば反逆者にも成りかねない。また、白鵬が優勝インタビューで口にした「膿」の正体も気になっている村長です。

AFCが旭日旗に制裁?

 青森県の八戸漁港に行くと沢山の漁船が停泊しており、派手で大きなを掲げた船が目に入ってきます。大漁旗です。そのデザインの多くに旭日(朝陽が広がる)模様が見受けられます。

 先月行われたアジアチャンピオンズリーグで川崎フロンターレのサポーターが応援で旭日旗を掲げた問題でAFC(アジアサッカー連盟)は、川崎側に「一年間の執行猶予付で一試合の無観客試合と制裁金約170万円を課した。理由は「差別的メッセージ」とのことだ。
 これについて菅官房長官は昨日の記者会見で、「旭日旗は自衛艦旗だけでなく大漁旗や出産や節句の祝い旗として日本で広く使用されている。差別的ではない」と述べた。ただし、スポーツ界の決めたことなのでコメントは控える、と日本代表への影響を考えて日本サッカー協会と緊密に連携をとる、と前置きした上で。
 まずは一言。AFC 無知!アホすぎ!
 確か旭日旗にイチャモンを付け始めたのは2011年の日本vs韓国のサッカーの試合で、韓国人選手が発した「観客席の旭日旗をみて腹が立った」が始まりだったと思う。実際には旭日旗は試合会場にはなかったとも記憶している。「差別的なメッセージを持つ旗」ならば、何でそれ以前は問題視していなかった?
 世界中でこの旗にイチャモンをつけるのは、特アと呼ばれる国だけ。この問題では、韓国を擁護できない。「もっと正しい歴史の勉強しろ!」である。それとも、わが国で忌み嫌われている「大政翼賛旗」ならOKなのか!旭日旗と対照されるドイツの「鉄十字(独軍の旗で今でも使われている)」はOKなのか?それ以前に、旭日旗がどう差別的なのか?村長の感じるのは、共に戦った朝鮮半島の人は日本の味方をしてくれてもいいのに、と。

三位でもメダルな~しヨ!

 札幌で開催されている冬季アジア大会。開会式が酷過ぎ、とか韓国ショートトラック選手が練習できないとか問題点がいくつか聞こえてきますが、「エッ!」と思わず叫んでしまう記事を発見。なんと三位なのにメダルも表彰式もナシというルールにはビックリしました。
 事件?が起きたのは、女子スピードスケート1500mのレースで、日本人選手が一位(高木妹)二位(押切)三位(高木姉)四位(佐藤)を独占してしまった。しかし、表彰台で銅メダルを受けたのは五位の中国の選手。高木姉選手は、「ルールだから」とは言っておりましたが、内心「変じゃね!」と感じたはず。
 アジア・オリンピック評議会(OCA)によると、過去にもモチベーションを考慮して、メダルを複数の国・地域で分け合って欲しい」と大会組織委と協議して導入したこともあるそうであう。これを聞いて、日本のある学校の運動会で順位を決めるのはよくない、とクレームを言った某組織を思い浮かべた。
 それならば、と対抗策を内緒で教えましょう。4選手が横一線でゴールするのです。写真判定でも差が出ないような結果なら、一位が四人同タイムだ。さあ、どうする。きっとジャンケンで決めろ、かもね。

スポーツ?駄目だろ!

 「ウィングスーツジャンプ」という聞きなれない競技がある。文字通り手足の間に布を張って山の頂などから降下し滑空するものだ。「鳥になりたい」とグライダーに乗ったりするのは見るが、「ムササビになりたい」人たちがいるのだろう。
 ところが、先月末に中国・天門山で練習していたカナダ人男性が死亡するという事故が起きた。彼は昨年、同じ山で開催された大会で3位に入るなど、2,200回以上のジャンプ歴のあるベテラン選手である。
 バンジージャンプなどもそうであるが、スポーツには大なり小なり「危険」がつきまとう。そのスリルが堪らないのも事実だ。しかし、競技人口がどれほどかは知りませんが、年間数十人が亡くなっていると聞くと「多すぎるだろう?」と素人は思ってしまう。
 ちなみに、村長が草野球の捕手をやっていると知った亡母は、「頭をバットで殴られないか心配だ。すぐ辞めろ!」とマジで怒ったことがあった。

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[01/12 NONAME]
[01/08 村長]
[01/06 giants-55]
[10/24 giants-55]
[10/24 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R