忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

草野球、サヨナラ負け!

 5-5で迎えた7回裏、情けないサヨナラ負けを喫してしまった。「情けない」とは、肩の弱さから三塁走者をアウトにできなかったから。
 場面は一死三塁で三塁走者は足が速い。五番を打っていた彼は、無死で安打で出塁す満るとすかさず二盗。六番打者の内野ゴロで三進していた。打席には七番打者。プロ野球だと満塁策も考える状況だが、押し出しという可能性が大きい草野球では、(余程のことがない限り)その選択肢は除外して打者と勝負することに。
 内野陣は自分の肩を考えての前進守備一塁手(村長)はかなり前で守っていた(悲)。ここで、打球は投手をワンバウンドで越える二塁ゴロ。三走は投手が捕ると思ったのかスタートは切っていなかったが、送球のスキに本塁に向かう構えだ。
 村長は大声で「ホーム!バックホーム!」と叫ぶが、二塁手は三塁を一瞥して一塁に投げてしまった。村長は急いでホームに投げたが、「情けない」山なりの送球となり生還を許してしまったのである。
 村長の頭には、たとえ三走が本塁に突入しなくてもバックホームする道を推したのだ。打順が八番、九番なのを考え、「一死一三塁になってもよい」と判断したからだ。もちろん、結果がどうなったかは分からないが、肩の衰えという「情けなさ」に愕然とした試合でした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R