忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

199名の怨霊が・・・

 青森市内から田代平に向かう道路沿いには、明治35年に起きた日本帝国陸軍の雪中行軍遭難資料館がある。この幸畑(こうばた)地区を過ぎると人家もまばらになる。木々が生い茂った道路がしばらく続く。やがて左側に銅像茶屋があり、歩いて数分の場所には有名な「後藤房の助伍長の像」がある。
 17日の深夜この付近の別荘の固定電話から119番通報があったという。東奥日報の記事を引用すると。
< 無人の別荘から深夜に119番? 17日午前0時すぎ、青森市駒込深沢にある別荘の固定電話から消防へ通報があった。しかし、通信状態が悪く、電話の向こう側から声は聞こえなかった。一刻一秒を争う事態かもしれない―。青森消防本部は発信場所を特定し、消防署員ら10人が、40分ほどかけて現場に到着。しかし、辺りは真っ暗で、家の中に人影はなく、傷病者も見当たらなかった。現場は八甲田雪中行軍遭難事件があった地区で、木々がうっそうと生い茂る。同本部通信司令課の担当者は「何らかの原因で通報されたと思われるが、よく分からない」と困惑。やむを得ず、誤報として処理することになるとしている。>
 おおー!恐ろしや!!旧軍の兵士199名の怨霊か!!!
 不思議な事件?ですね。ちなみに、もう少し登った場所は17年前に自衛隊員三名が命を落とした「ガス穴事件」の現場です。
PR

コメント

そういう位置関係だったんですね

此のニュース、初めて目にした時は「不思議な話だなあ。誰かの悪戯かな?」程度の思いだったのですが、「八甲田雪中行軍遭難事件」の資料館が近くに在るとは・・・そういう位置関係だったんですね。其れを考えると、又別の思いが浮かびますね。
【2014/05/20 01:26】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

無題

giants-55様、コメントありがとうございます。あの道路は仕事関係の用事や、数箇所ある草野球場への往来などで頻繁に利用しています。突然霧が発生するなど「出た」、「見た」などの噂の多い場所です。
 村長はアンチオカルトなので信じませんが、友人の中には「夜はこの道路は通らない」と本気で言ってる人も。
【2014/05/20 10:03】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R