忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

プロ野球ドラフト、菅野は日ハム

 今年のプロ野球新人選択会議(ドラフト)は、日ハムのサプライズ連発で幕を閉じた。悲喜こもごもの風景は毎度のことながら、硬式野球の経験ゼロのソフトボールの捕手を7位で指名した日ハムにはビックリでした。キャラ的には活発で人当たりはよさそうだし、右投げ左打ちの捕手体型。そう、あの明訓ドカベンにそっくりなので人気取りにはピッタリだが、果たしてどうなるか。
 また日ハムは(予想通り?)、巨人原監督の甥で東海大の菅野投手を一位指名。すんなり巨人には行かせないぞ、と昨年の斉藤祐樹同様クジ運の良いところを見せた。勿論、ルール違反でも何でもないので、そのことをとやかく言うつもりはない。
 ただ、一部で噂されている「斉藤の背負っている18番を用意している」には反対だ。菅野投手がどう出るかは不透明だが、18番欲しさに日ハムに傾くようだと、これもガッカリだ。また菅野投手も、伯父さんがいるから巨人でなきゃダメとの理由で日ハムを蹴るのにも反対だ。
 「どうしても○○球団!」という気持ちも理解できるし、「どこでもOK!」という選手を潔いと評価するのも短絡過ぎだ。小さい頃から憧れていた球団に入る夢を、「生意気だ」と切り捨てる気持ちは村長には無い。たしか、巨人の指名を蹴った選手もいましたね。
 地元青森の光星学院川上外野手はヤクルトが一位指名しましたね。「同校の先輩である、巨人の坂本選手を目指す」と抱負を述べておりました。強肩強打俊足と三拍子揃った選手なので、早く一軍での活躍に期待しましょう。おっと、巨人が外れ一位で指名した、香川英明高校の松本竜也投手も凄い逸材ですね。身長193cmと日本人離れした体格と速球が武器の大型左腕です。
 ただ、4位まで投手を指名してましたが、課題である中心打者の若返りはどうするのでしょうね?ラミレス、高橋(吉伸)、小笠原に頼ってもいられないと思うのですが・・・ 
PR

コメント

無題

書き込み有り難う御座いました。

ファイターズが菅野投手を1位指名したのには吃驚させられましたが、プロのチームとして「良い選手だから取りに行く!」という姿勢は天晴れと感じました。選手によっては「此のチームにどうしても入りたい。」、又は「此のチームだけはどうしても嫌。」というのが在るでしょうし、そういった思いも又(ドラフト会議で自身の希望が尊重されない以上)、尊重されるべきでしょうね。個人的には、菅野投手はファイターズ入りした方が良いと思っています。

気になったのは、菅野投手の指名権をファイターズが獲得した際、場内から割れんばかりの拍手が起きた事。ファイターズ・ファンの歓喜の意思というのなら未だしも、其処にはアンチ・ジャイアンツの「ざまあみろ!」的な意思も感じられて残念でした。ファイターズの勇気は自分も評価するも、原監督や菅野投手の思いを考えると、一寸心無さを感じてしまったので。ジャイアンツ以外のチームだからああいう感じになったけれど、もしジャイアンツが今回のファイターズと同じ事をしたら、果たして「良く遣った!」的な反応が在っただろうか?と。自由に指名出来るというのがドラフト会議の良さで在り、其れに則った決定が評価されるならば、ジャイアンツが同じ事をしても評価しなければおかしい。プロ野球ファンで在るならば、“同じ判断力”で在って欲しいものですよね。

其れにしてもジャイアンツ、サウスポーに拘りましたね。以前の記事(http://blog.goo.ne.jp/giants-55/e/3dd2ab56b6f3e8a1c9bcd81297dd7c5b)でも書いたけれど、ジャイアンツは捕手の平均年齢が高い事も在り、其の辺の補強も気になっていたのですが・・・。
【2011/10/28 12:36】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R