忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

消費税の制度改革

 「2010年代半ばまでに消費税率を段階的に10%まで引き上げる。社会保障と税の一体改革を具体化し、実現したい。法案は本年度中に提出したい。」
 南仏でのG20で国際公約とした野田総理ですが、はっきり言って最悪のリーダーですね。「段階的に上げる」って、カエルの生茹で。税率が上がる度に価格表やパンフレット、各種伝票を印刷し直さなければならず。その経費も馬鹿にならない。やはり、収めたことが無い人たちで議論していることが最大の問題で、この税制の問題点の実情を全く分かっていない。
 毎年、約4000億円の未払い益税と損税の問題。低所得者に厳しい逆進性。そろそろ制度の抜本的見直しの時期ではないだろうか?
 まずは、簡素化。売り上げ高1000万円未満の事業者、輸出業者の仕入れに掛かる消費税控除などの益税を是正することで数兆円の税収アップになる。また、仕入に要した消費税は病気の患者だろうが輸出であろうが請求することで病院の損税、輸出業者の益税も解消できる。要するに「国内の事業者は例外なく付加価値額の消費税率分を納入しなければならない。」これだけで十分だ。(販売価格-仕入価格)×税率 を販売価格に上乗せ、である。
 消費税の源は民間人が生み出す付加価値額なのだ。ゆえに公務員を減らし、民間人を増やす策が重要となる。さらにモノが売れる方策によりデフレから抜け出せる。
 総理は「消費税率を上げる法案が通ったら国民に信を問う」、とも述べましたが、 消費税率をあげたいのなら、デフレから抜け出してみろ!!

 昨日のMSN産経に興味深い記事がありました。「超円高是正、介入に限界、決め手は大胆な日銀の量的緩和」
 これで、デフレからも脱却できれば最高の策なのだが・・・
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R