忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

大間の海は宝の山

 今年の築地市場初競りで驚きの史上最高値がついた。大間産クロマグロに、なんと1億5,540円という異常ともいえる破格値だ。釣り上げたのは大間漁協の竹内大輔さん。

 遡ること12年。大輔さんの父、さんは2001年の最高値2,020万円のクロマグロを釣り上げた。薫さんから船を受け継いだ大輔船長は「親父超え」を胸にイカ漁などで夏場を凌いだ。しかし、2012年のマグロ漁は不漁だった。
 それでも徐々に268キロ、291キロと大物が釣れるようになり、迎えた2012年12月29日の早朝、大間沖で222キロの初競り用のポンと腹の出た良い形の大物を捕まえた。昨年のチャンピオンの5,649万円を三倍も上回る価格に薫さんも驚きを隠せなかった。
 薫さんは辛くて危険な漁師の道を大輔さんには継がせる気は無かったと言う。それでも跡を継いだ以上、「やるだけやれば、何とかなる」とアドバイスを送っていた。父の持っていたチャンピオンベルトを取り返し、もうこれ以上の値段は出ないだろう、と言われる価格を出した大輔さんにさんが言った。
 「大間の海が宝の山であることを証明してくれた」
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R