忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

お婆ちゃんが守護霊?

 村長は、仏様、ましてや霊魂だの幽霊なるものも全く信じていない。勿論超能力者は何度か見たことはある。例えば円周率を4万桁記憶した友寄教授や将棋の読みを100手先(数通り)までシミュレーションするという故米永名人など。
 そんな村長が奇妙な体験をしたのは昨年10月のことだ。

 話は昨年の今頃、長野県岡谷市に住む義兄が久々に兄弟集まろう、と言い出したことに始まる。とはいえ、九州福岡新潟大阪青森と散らばっている為、数十年も会っていない兄弟もいる。そこで、久しぶりに会って母の墓参をしよう、という訳だ。
 ところが、10月14日に諏訪のホテルで参加者は9名と日取りまで決まった夏、妻の足が痛み出した。9月にはまともに歩けないほどだった。医者は腰や背骨の痛みからきている、一ヶ月くらい休養が必要とのこと。信州旅行もあきらめようかとも考えたが妻はなんとしても行きたいという。そこで、東京在住の次女が東京駅で出迎え、で諏訪まで送ってくれることになった。
 新青森駅と東京駅では駅員さんが車椅子で電車と改札口の間を押してくれた。特に東京駅では貨物専用の通路をかなりの速度でスイスイと走るので、八重州口に着く頃には村長は息が上がっていた(笑)。

 無事に皆と再会し、墓参を済ませて15日夕方新青森駅に帰ってきたとき、妻の足も返った。村長の腕につかまってではあるが、階段を降りタクシー乗り場まで自分の足で歩いたのだ。
 その数日後、以前通りピョンピョン飛び回る妻の姿が見られるようになった。医者も驚きの回復力で、村長は「たまたま治る時期だったんだ」と、しきりに「おばあちゃんが守ってくれたんだ」と言う妻に冷ややかに返したが、何かしらのナニかが働いたのだろうと思わずにはいられない村長でした。

 PS.そういえば、お婆ちゃんの誕生日はお釈迦様と一緒の4月8日でした。仏様のお守り??
PR

コメント

人知の及ばぬ何か

シンガーソングライターの小椋佳氏が、東京新聞で半生を記されているのですが、此の内容が面白いんです。彼自身の幼少期も然る事乍ら、何と言ってもユニークなのは、彼の母堂。可成りハチャメチャな面が在った様なのですが、霊感が非常に強く、イタコみたいな事もしていたとか。食べ物やを営んでいたそうですが、使っていた女性店員を或る日部屋に呼び、「何か隠している事が在るのではないか?」と問い詰めた所、其の女性店員は急に泣き出し、故郷で付き合っていた男性を殺害して逃げていた事を告白したとか。霊感で察知したという事の様ですが、小椋氏曰く「母は思い込みが激しい所も在ったので、霊感なのかどうかは良く判らないけれど。」といった趣旨の事を書かれていました。でも、他にも不思議な出来事が記されていました。

世の中には、人知の及ばぬ何かが在るのかもしれませんね。
【2013/04/10 02:05】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

無題

giants-55様、小椋佳は大好きな歌手です。そうなんですか。それを霊感と言うのかどうかは知りませんが、特に女性にはそのようなナニかがあるのでしょうか?
 まあ、科学で解明できていない事象は多いそうですので、そのような何かはそのままの方が神秘的でいいですね。
 実は私も理工系です。
【2013/04/10 08:58】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R