忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

打の前田も離脱

 出足好調に思えた広島カープだったが、主砲のエルドレッド選手、主戦の前田健太投手に続き今季好調の代打の切り札、前田智徳選手も戦線を離脱した。23日のヤクルト戦で受けた死球による手首骨折のせいだ。
 左手首の手術に備え入院中の前田選手を見舞った広島野村監督は、前田選手から「長い間ありがとう御座いました」と引退を示唆する言葉を聞いたことを明かした。まあ、41歳での数か月間の離脱は体の回復よりも心の回復=モチベーションの維持、が重要な鍵を握る。前田選手にはぶつけたヤクルトの投手の将来のためにも、もう一度打席に立ってほしい。
 しかし、彼が死球を受けた直後にみせた、相手投手への威嚇、怒りを批判するような記事、コメントも数多い。勿論、多様な意見があることに異議を唱えるつもりはないが、動画投稿サイトであの場面を見る限り彼の怒りは分かりすぎるくらい分かる。
 前田選手が登場したのは、8回二死一二塁という場面。あの試合では伏線として、それまでにもお互いの投手が何回か打者にぶつけている。だからベテランの前田選手に対して、「不可抗力なのだから(彼には不釣り合いな)怒りを露わにするような行為は慎め」、という意見には同意できない。
 前田選手にぶつけた投球もそうだが、二球目にもバットのグリップエンド部分に当たってしまった投球も、モロに前田選手の胸から顔面付近の軌道をとっている。投げ投手のインハイへのシュートボールだ。
 新人投手だから不可抗力として諦めろ、ということなのか?もしそうならば、そのような(制球力のない)投手を起用したヤクルトベンチに非があるのではないだろうか?また、何度か死球の当てっこがあって、試合がギスギスしていたのなら主審は警告試合を宣してもよかったのでは?と、思ったりも。←頭部に当たらなくても危険球ならば退場を宣告したり、警告試合にできる。
 ※伝統の巨人阪神戦での警告試合の責任をとって頭を丸めた長嶋茂雄監督を思い出した村長でした。
 
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R