忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「誤審はつきもの」、とは言うけれど

 先日のFIFAサッカーW杯アジア最終予選(全10試合)の第一戦、ホームで1-2でUAEに敗れました。試合は見なかったのですが、ニュースなどで見聞きして、「中東の笛」は健在だったみたいですね。誤審というには余りにも酷いゴール取り消し(浅野の同点ゴールを認めず)。Videoを見ると完全にゴールインしていますね。まあ野球ファンですので、なんでテニスやバレーボールなどで導入されている解析を行わないのか?はなはだ疑問である。
 話は変わって、先日MLBマーリンズのイチローのプレーを見た。場面は無死一塁でイチローが放った強い二ゴロは、4-6-3の併殺となった。一塁のアウトは微妙だったが、イチローは自軍ベンチに帰る。序盤ではあったがマ軍監督はチャレンジを要求。これで判定通りなら貴重な権利を行使できなくなる。かなりの自信(一塁セーフの)が無ければ権利の行使には慎重であるべき場面と思えた。結果は、判定が覆ってセーフ。イチローは再び一塁ベースに向かった。
 実は以前にも同様のプレーを見た記憶がある。二塁での判定だったが、アウトのコールにイチローは黙ってベンチに帰った。チャレンジの間ベンチ奥でじっとしているイチローは表情一つ変えずにいた。主審の「セーフ」の判定に、やはり無表情で二塁に向かうイチローであった。
 「野球だから(一点の重みが軽い)」とか「解析装置は金がかかる」などの意見はあるだろうが、一点がより重要ならなおさらのこと。カメラを二台設置する費用も無いのか?と言いたい。
 夏の高校野球でも誤審は見られた。ネットでもいろいろな誤審の動画は多い。しかし、誤審はつきものだ。審判だって人間、間違うこともある。それを無くす工夫をすればよいのだ。でも、審判は絶対であるべきだと思う。
 イチローのクールさには賛否両論あろうかとは思いますが、見ていて気持ちがいい態度ではあります。プロはともかく、高校生は是非イチローを見習って欲しいものです。
PR

夜来風雨声

 東北に上陸する台風は初だという。昨日は朝から気象情報に気を配っていた。進路予想だと青森を通過するのは「夜になる前」。??なんか変な表現だ、なんて思っていると午後3時頃から風が強まり次第に雨も混じってきた。
 外にあるごみ箱冬用の雪ベラやスノーダンプを小屋に収納し、やはり冬のためのコンパネは裏の三和土に寝ころがせて上に脚立を二本置いて暴れないようにする。ポリタンク2個にを用意し、5年前に大活躍したダルマストーブを引っ張り出し、懐中電灯やトランジスタラジオをテーブルの上に置いて準備万端の大勢だ。そして予報通り、夜になる前の6時過ぎ風雨は最大に。
 ところが、8時を回ったころだったろうか、激しく窓を叩いていた雨が止み風も弱くなった。そんな時信州の弟から電話が。勿論、台風の被害を心配して掛けてきたのだが、「今は雨もパラパラで風も弱くなった。被害も無い」と応えると、「もしかしたら台風の目に入ったのかもね?」。
 テレビ画面では台風10号の中心は青森県の真上らしいが、北海道や下北では避難指示が出ているところもある。さあ、第二波が来るのか!
 そんな心配は杞憂であった。勢力を弱めた足の速い台風10号は列島から去ったようだ。それにしても、ここに越して来てから約40年、実に自然災害の少ない町である。

「おぼんだま」??

 どこかのテレビで「お年玉」ならぬ「お盆玉」が流行っている?と報じていた。それを知ってか孫たちがお盆に遊びに来た。ご先祖に線香をあげ、両親(孫の祖父母)のお墓参りをし、夕飯を一緒にとり帰って行った。幸いにも「お盆玉」の話題はスルー。誕生日に正月、入学祝に高校の合格祝い。お盆玉なんてとんでもない。と思ってたらは、上げる用意はしていたとか。
 話は変わって、先週の民放テレビで「○○にソッコンな外国人」とかいう所さんの番組で、オーストラリアの「新太郎ファンクラブ」を紹介していました。新太郎とは、秋草新太郎のことで、村長世代はド真ん中。そう、「隠密剣士」の秋草新太郎なのです。演じていたのは月光仮面でもおなじみの大瀬康一氏。ファンクラブの中には、大瀬氏の付けていたカツラを譲り受けたという御仁までいました。1965年大瀬氏がオーストラリアを訪問した際には、前年訪問したビートルズを上回る7,000人のファンが空港に押し掛けたという。
 隠密剣士といえば、ボニー・ジャックスの歌っていたあのメロディーだ
♪ 江戸の 隠密 渡り鳥 雲と流れて 西東 ~ ♪
 ところがファンクラブの人たちが歌っていた新太郎の歌は、自作の歌詞を「上を向いて歩こう」のメロに乗せて斉唱していた。うーん、残念!
 陽気なオーストラリア人には短調のメロディーは受け入れられなかったのでしょうか?
 

逆説教強盗?

 ここ青森市では17日、リオ五輪の卓球のメダリスト、福原、水谷、丹羽の青森山田高校出身者が市民栄誉賞に選ばれた。同日、八戸市では女子レスリングの伊調馨選手の五輪4連覇で歓喜に包まれていた。
 そんな八戸で前代未聞のバカ男が逮捕された。その男とは、八戸署地域課の巡査長の石橋良太容疑者だ。彼は先月の17日、とある夫婦の家に強盗目的で侵入し、刃物を突き付けて金品を強奪しようとした。彼は私服姿に帽子、サングラスで変装していたが被害者は彼を知っていた。そこで被害者夫婦は彼を説得、警察にも通報しなかったので事件にすらなっていなかった。説教強盗というのは聞いたことがありますが、これは「逆説教強盗」といったところでしょうか。
 ところがこのバカ、その時点で深く反省していれば大事にはなっていなかった。その一週間後に犯罪捜査の一環だと偽って女性の車を不法に確認したとして7月末公務員職権乱用容疑で捕まり強盗も明るみに出た。まさに「恩を仇で返す」を地でいった行為ですね。くわばらくわばら。

水谷隼、銅メダルの快挙

 五輪ネタは昨日で終わりの予定でしたが、卓球の男子個人としては史上初となるメダルを獲得した水谷隼選手のことは書かないわけにはいきません。水谷隼(27)選手は青森山田高校の頃から五輪のメダル候補と言われてました。そして、青森県といえば「今 孝(こん たかし)」さんでしょう。
 えっ!知らない。ははは、なんと彼は遠い親戚なのです。村長の母方の祖父は今さんと同じ中里村(現在の中里町)出身で、今孝さんとは親戚なのだそうです。
 地元では「伝説の選手」だったと聞いたことがあります。若くしてこの世を去ったことも伝説に拍車を掛けたのでしょう。青森県は卓球王国と言われてますが、その先駆けが今孝さんと言っても過言ではないでしょう。
 しかし、中国の壁は厚くなかなかメダルに手は届きませんでした。今回のメダルの色は「」でしたが、日本卓球界にとっては大きな第一歩となることを祈ってやみません。

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 10
12 13 14 16 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]
[02/22 giants-55]
[02/06 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R