忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

青森県代表は青森山田!

 第99回全国高校野球選手権(夏の甲子園)青森大会は27日、青森山田八学光星5-3で下した。夏は、8年ぶり11回目の甲子園となる。
 弘前の「はるか夢球場」で行われた決勝戦は、一点を争う手に汗握る好試合となった。
3回に山高が1点を先制すると光星もその裏すかさず同点に。6回も同じパターンで2-2。試合は7回に1点、9回に2点を追加した山田が光星の9回裏を本塁打による1点に抑えて代表の座を得た。かつては青森山田が6年連続で代表になったりと青森市勢の全盛期がありましたが、最近は八戸勢、弘前勢に押され気味だっただけに村長としても嬉しい結果でした。
 昨年までは青森県営球場で決勝戦が行われていましたが、今年は弘前。スタンドで応援したかったけど、ちょっと遠い平日じゃあ無理。と、TV観戦することに。実を言うと25日前の時点では八戸工大一高が優勝するな!と予想していた。なんといってもプロのスカウトも注目していた古屋敷投手の存在が大きいと感じたからだ。長身から投げ込む149キロ/時の速球は高校生では簡単には打てないだろうと思っていた。
 ところが準決勝で八工大一と当たった青森山田は二本の本塁打を絡めて古屋敷投手を攻略した。そして地元弘前の強豪弘前聖愛を破った八学光星。ほぼ互角という戦前の予想通り白熱した決勝戦となったわけです。
 青森市から代表を、というわけではありませんが、ほぼ全員が県外人の光星よりも、ほぼ全員が地元の中学校からの選手で構成された青森山田を応援したくなった村長です。
PR

力士、「正代」の祖母

 NHKの「人名探求バラエティ」を見た。司会は古館伊知郎氏。民放の報道バラエティ番組降板後、彼の番組を見るのは初めてだ。この番組で古館氏は、水を得た魚の様に(NHKの番組であることを忘れているかの如く)自由気ままに司会を務めております。今までは、言動に気を使っていたのでしょう。
 番組の中で、幕内力士の「正代(しょうだい)関」のおばあちゃんが話題になっておりました。彼女の名は「正代(まさよ)」さん。古館氏「よく、正代家に嫁ぐ決心をしましたねぇ」。しかし、当のご本人は、「正代正代(しょうだい まさよ)」となってしまったことを、「しょうだい しょうだい」と笑い飛ばしておりました。
 これで思い出したのが近所に住んでいた母の友人、「○○澄香(すみか)」さんのお話し。家に遊びに来たとき、澄香さん「五味さんとは結婚できないね!ははは」。(注)―村長の住んでいた地域は五味姓の多い処でした― 澄香さんはその後結婚しましたが、五味さんではありませんでした。「五味澄香(ごみ すみか)」には、ならなかったということです。ちなみに母は彼女のことを(ふざけて)「ねぐら」さん、と呼んでました。

火野正平、松前街道を走る

NHK-BS3の「こころ旅~とうちゃこ」も残り青森と北海道を残すだけ。土曜日は前回の浅虫ー夏泊半島から一転、津軽半島の平舘を目指していりました。青森市内から三厩に続くこの道は松前街道と呼ばれ、北海道の函館市まで続く国道280号線とほぼ一緒である。
 松前街道とは北海道の松前藩が参勤交代に利用したことからこの名前がついた(とWikiにある)。しかし、北海道に松前街道も国道280号も無いという。ちなみに村長の仲間たちは「外ヶ浜街道(そとがはまかいどう)」と呼ぶのが一般的である。津軽半島の陸奥湾沿いを通って三厩までがこの街道で、青森市内から蟹田までは、280号線、津軽鉄道、北海道新幹線がほぼ同じに並行している。
 火野正平一行は蟹田で津軽線、新幹線と別れて松前街道をなおも北上する。波けしブロックや漁師小屋が多く見られる海沿いの道は車の量も少なく、史跡の数も多い。「台場」といえば東京のお台場が有名ですが、外ヶ浜町にも弘前藩が陸奥湾に出没する外国船に備えて設置した「台場」(砲台跡地)が散見されます。また、松(黒松)並木も有名で、風が強いことから様々な形の松の姿が見られます。まさに自然が造った盆栽?
 そして、いよいよ「こころ旅」も今日から北海道。予告では「感動のフィナーレ」だとか。見なくっちゃ!

父子鷹、広島編

昨夜の神宮球場、首位広島vs最下位ヤクルトの試合はヤクルトが3-8と5点をリードして9回に入る。先日の巨人戦では左翼手で出て、痛恨の「打球見失い事件」をやらかしたバティスタ選手が左中間場外に打ち込む。さらに菊池選手もソロホームランで3点差にすると、打線が繋がり1点を追加、6-8とする。二死一三塁の好機に登場したのは、代打新井貴浩選手。この日無安打に終わった「神ってる男」鈴木誠也選手に「どうだ!」と言わんばかりの代打逆転3ラン
 村長の野球仲間のアンチ巨人のS君(自分では言いませんが広島ファンらしい)も、さぞご満悦のことでしょう。
 ところで、今日動画サイトで面白いものを発見。それは、今から11年前のテレビ企画で、「巨人の星」のゆかりの地を探すという番組。スタッフが紹介したのは、星一家の住んでいた荒川区町屋のとある一家。動画では、11歳の野球少年と斜め前からボールをトスする父親が。まさしく星一徹親子だあーーー
 その少年こそ鈴木誠也外野手の若かりし(今も若いが)日の姿。彼は、「あの日があったから今の自分がある」と振り返る。父子鷹といえば「星飛雄馬-一徹」、「荒川博-尭」「原貢-辰徳」が有名ですが、鈴木宗人-誠也親子も泣かせますね。

白いスズメ、神の使い?

 八戸の住宅地に二日ほど前から白いスズメの姿が目撃されている。その住宅地では以前にも見かけられたという。白いスズメは目立つことから外敵の被害に遭いやすく、成長した個体は珍しいそうだ。白いスズメは数万羽に一羽の割合で現れることから、古来より縁起のいいものとされている。
 米粒をあげている工藤さんは、「宝くじでも買おうかな?」だとさ。

 以前「白いマフラーをしたスズメ」とか「黒いスズメ」の記事を見た記憶はあるが、白いスズメは初めてだ。ニュース映像でも白いマフラーなどではなく全身白の変わった姿だった。白いゆえに縁起がいいとされることに黒いスズメはどう感じているのでしょうね?でも、白いスズメも本心では「皆と同じ茶色で生まれたかった」と思っているのかも・・・

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R