忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「ヘッスラ」はアリか?

ヘッドスライディング、いわゆる「ヘッスラ」といえば、あの長嶋監督をして「国民的行事」と言わしめた10.8決戦を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?同率で並んだ中日と巨人の最終試合で決着するという、首位決戦の大舞台での彼のプレーです。
 そう、中日の立浪選手の一塁へのヘッスラ(内野安打)からの左肩脱臼、負傷退場の場面です。巨人の一塁手落合選手の股関節脱臼とともに、死闘といってもいい好試合でした。
 先日、ここ20試合くらいではチーム一調子のいい巨人の吉川尚輝選手。怪我の坂本選手を補う守備と走塁、打撃で打線を引っ張っておりました。先日、一塁へのヘッスラ(内野安打)で左手を骨折。故障者リスト入りとなってしまいました。
 では、ヘッスラはアリかナシか。否定派の多くは「一塁は駆け抜けたほうが速いのに」と言います。しかし、ヘッスラの方が速いのは紛れもない事実。実際、一塁と同じ条件の本塁でのクロスプレー(塁にタッチして駆け抜ける)では、コーチ(次打者等)は100%スライディングを指示しますし、走者の多くは頭から滑り込みます。もしも駆け抜けようとしてタッチアウトにでもなったら上から指導やスライディング練習が待っているでしょう。そう、村長は肯定派です。ただし、草野球では禁止してますが・・・
 以前までは、「駆け抜けた方が速い」が常識?でした。でも、知っている人は知っていたのです。当たり前?職業野球では「ヘッスラの方が速い」は常識でした(と思う)。否定派の最大の理由は怪我ではないでしょうか?たしかに手首や指の骨折、肩の脱臼に加え、野手からの不慮の踏み付けやニードロップ、ボディアタックがあります。いくら打撃用グローブをしていても避けられない事故は付き物です。しかし、駆け抜けた場合でも事故率はゼロではないのです。野手との衝突の危険性、送球が直撃する割合は逆に増えるでしょう。
 ヘッスラの最大のメリットは、なんといってもチームを鼓舞するプレーになるからです。これは、ショーとしてのプロ野球では欠くことのできないプレーと言えます。過度のアピールプレー(ガッツポーズや遠吠えなど)よりも正当なアピールになるのです。
 吉川選手には厳しい言い方になるかもしれませんが、正しいヘッスラをもっと練習して欲しいものです。ついでに彼の今季のあるプレーに苦言を一つ。一か月ほど前の試合で、無死か一死走者が一塁という場面で、第三ストライク目を空振り、相手捕手が弾いたのを見て一塁に走り出そうとしたシーンをみちゃいましたよ。まだまだ勉強することが一杯ありますね。そして土井選手や川合選手のような通受けする、いやらしい選手になってもらいたい。
PR

奇跡の無安打無得点達成!

何が「奇跡だー」という声が聞こえてくるかもしれませんが、個人的には正に「奇跡」だと思っております。その訳は後回しにして、まずは山口俊投手、

無安打無得点試合達成おめでとう!パフ!パフ!

 NPB通算79人目90回目の快挙ですが、メジャーは299回も達成しているんですね。継投による12回を差し引いても凄い数ですね。特にノーラン・ライアン投手は7回も記録しています。野茂英雄投手は2回。変わったところでは、あの本塁打王ベーブ・ルースは継投ですが1回ノーヒッターになっております。
 山口投手お立ち台での第一声、「泣かないよー」には大爆笑。泣いてるじゃん。去年の泥酔からの器物破損、警備員への暴行事件が頭をよぎったのでしょうか。あるいは、前回の広島戦での不甲斐ない負けを思い出したのでしょうか?ネット上では口汚い罵詈雑言が飛び交っておりますが、よくもまあ犯罪まがいの暴言を吐けるものですね。実名でそれを言ってみろ!
 それでは、何が「奇跡」なのかを。それは、一昨日に遡ります。久々に妻と青森市営球場(合浦公園)に遊びに行きました。クジャクの檻の前でスマホでパチリパチリ、遊園地では元気に遊ぶ子供たちをボンヤリみつめて時間を過ごし、球場に足を運んで少年野球の試合を観戦しました。そこで妻が一言。「連敗中の巨人は、藤本投手のように完全試合でもやらないと勝てないネ。」。村長につられて巨人ファンをやっているのに、ここ(青森市営球場)が元巨人の投手藤本英雄氏が日本初の完全試合を達成した聖地だということを知っていたのです。
 その時は、「そうだね」とそっけなく返したのですが、まさかその夜山口投手が準完全試合(四球一つのみ)を達成するとは。今季初スタメンの重信選手のあわやサイクルヒット。初出場初打席でのマルティネス選手の先制本塁打。久々にスカッとした勝ち方でした。そして、元草野球の捕手としましては、一か月ぶりの先発マスクの小林捕手にも拍手を送りたいと思います。打たれた責任を捕手にも問うのなら、投手が抑えた時の称賛は捕手にもあげてほしいものです。

PS:8回裏、無死一塁でサイクルヒットがかかっていた重信選手にバント(結果は捕邪飛)を命じたベンチへの批判が多く聞かれましたが、村長は6分4分でバントだと思っておりました。(2-0では)前日の1-0からの逆転負けを考えれば、「もう1点。」はベンチの悲願だったと思います。3-0だったら打たせたと思います。しかし、今季13打数6安打ですか。長打も多いしこれでバントが上手ければ二番、いや一番打者も狙えますね。村長は3番坂本派ですから・・・


「母ちゃんに負けた!」

関脇御嶽海が名古屋場所で初優勝に輝きました。長野県の力士としても初。平成生まれの日本人力士としても初。初物づしの優勝となった。また、横綱、大関が相次いで休場という前代未聞な状況下での快挙だけに、来場所での活躍が彼にとって正念場となるだろう。
 そんな若者の前に立ちはだかったのが、フィリピン出身の母、大道マルガリータさん。テレビ画面に映る彼女の容姿は御嶽海の人気を凌ぐほどなのだ。誰にでも「美人―」と付けたがるメディアだけに、ちょっとくらい「えっ!」とは思っても「美人妻」、「美人母」と盛るのだ。時には、「美人すぎる―」という無意味な形容も。しかし、アップで映されても明るい笑顔で年齢(48歳)よりも若く見える母上でしたね。
 そんな世間の騒ぎを皮肉ってか、インタビューで「自分より母ちゃんの方がアイドル。負けた気がします。」受け答えはすでに横綱級の御嶽海久司(みたけうみ ひさし)関でした。
 ところで、今回の優勝により木曽町が紹介されて信州出身の村長も懐かしく見ておりました。奈良井宿、妻籠宿、寝覚ノ床そして御嶽山。寝覚ノ床は、小学校の修学旅行の際の事前調査で「浦島太郎伝説のある場所」と知りました。その真偽の程は定かではありませんが、実際の景色を見ればそんなことはどこかに吹っ飛ぶ絶景は今でも脳内フォルダーに刻み込まれております。

真夏に高校野球

はるか昔の記憶なのに、に刻まれた記憶は一生忘れることはありません。校庭の隅っこで一時間以上も正座したこと。キャッチボール中に私的な会話をしたという理由で、痛いグーパンチを貰ったこと。ノックの打球がみぞおちを直撃して悶絶した凸凹のグラウンドの思い出。村長の中学の野球部時代の一コマですが、よく覚えています。正座は一回きりでしたが、グーパンチは何回もありました。その殆どは、練習中に水道の水を口にした、という理由でした。今思えば、とんでもない時代でしたね。
 半世紀以上たった現代、猛烈に熱い日の日中にモーレツに熱い戦いを繰り広げている高校球児たち。でも古い頭の役員たちは言うのでしょう。「昔も暑かったのに、今の若者は辛抱が足りん!」。
 先日には昆虫採集に出かけた小学校一年生が熱中症で亡くなられた記事を目にしました。また各地で行われている予選では連日のように、選手はもちろん応援の生徒も救急搬送されております。今の若者が忍耐弱いのではありません。高度成長により道路は舗装され、高層ビル群は田舎の市町村にも広がりました。加えて温暖化です。昔より数度は気温が高くなってきているのです。
 ここにきて文科省が、県教委などに宛てた通知をだしました。部活動や校外授業などでは、温度や湿度に配慮して活動の中止や延期などの対応をとること。要するに、「学校活動よりも子供の命を」ですね。たしかに、「夏の甲子園」は球児にとって大きな憧れでしょう。でも命には代えれません。時期をずらすか、北海道のドーム球場で開催するとか本気で考える時期に来ていると思います。

ウェストン祭

今日の新聞に懐かしい単語を発見。「新郷村でウェストン祭が開催された」。なんでも、明治期に英国人登山家ウォルター・ウェストン氏が、新郷村で飢饉に苦しむ住民を救ったのだそうだ。そして、もしや、40年ほど前に聞いた名前に・・そんなイベントあったような・・無かったかなあ・・関係ないのかなあ? そこで、調べてみた。
 やはり、以前耳にした「上高地のウェストン祭」のウェストンと新郷村のウェストン氏は同一人物でした。上高地の再発見に尽くした、というのが上高地ウェストン祭なのだとか。さらにWikiを見ると、夫人のエミリー・ウェストン氏を記念する行事が戸隠村(現長野市)で開かれている。
 宣教師でもあった氏は、他にも「海のウェストン祭(新潟)」、「恵那山ウェストン祭(岐阜)」、「宮崎ウェストン祭」もある。
 霧ヶ峰八ヶ岳を見て育った村長も、あまり登山家には詳しくない。今住んでいる青森出身の登山家だと、「三浦雄一郎」と即座に出てくるが、長野県出身?やはり出てこない。それじゃあダメじゃん。

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[01/12 NONAME]
[01/08 村長]
[01/06 giants-55]
[10/24 giants-55]
[10/24 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R