忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

最悪な正月?

 遅ればせながら 謹 賀 新 年

 私事になりますが、体調を崩して散々な正月と相成ってしまいました。娘たちや孫にも「年なんだから」という、励ましを耳にタコができるほど聞かされた一週間でした。
 おかげで、二日三日の関東大学駅伝や地元青森山田が出た高校サッカー選手権もバッチリ見ることができました。駅伝は、注目の青学大に東洋大、東海大などがどう絡むかが焦点となり、あまり「走る競技」は見ない村長も興奮して応援(何処とかではなく)しておりました。結果、青学は普通の出来だったけど東海が驚異的な記録(大会新)を出して悲願の初優勝。巻き返しを誓っていた青学、若く有望選手が多い東洋との三つ巴は今年も続きそうですね。

 2017年の全国制覇の夢を再び、を合言葉に青森山田が快進撃を続けております。前々回青森山田と対戦して0-5と完敗した草津東は守備を強化して雪辱に燃えておりましたが、0-6と返り討ち。次の相手滋賀大津高校も3-0と完封。準々決勝は前回ベスト4の栃木矢板中央高校。一点を先取されたもののロングスローから同点。後半にも15番のDFのロングスローから決勝点を挙げて逆転勝ち。これでベスト4。あと二試合で二度目の栄冠である。
 ここで、一つ疑問が。昨年の山田高校の県予選の成績が???準決勝が9-0、決勝は2-1の辛勝。えっ!二試合だけ?いくら全国制覇の強豪校になったとはいえ、全く違うメンバー、チームなのだから、せいぜい第一シードで二回戦から、かな?いきなり準決勝から登場って・・・
PR

テレビが死んだ日

 連投になってしまいましたが、遂に!というか政府はレガシーメディアに「NO!」をつきつめました。2018年12月28日は日本のテレビ命日ですヨ。
 一週間前起きた韓国軍による自衛隊機へのロックオン事案は、韓国政府(国防省)の言い訳に業を煮やした防衛相が証拠となる動画を発表しました。位置情報や計器の数値などは「ピー音」が挿入されておりましたが、哨戒機内の状況把握、不審艦の確認、機長とクルー?の会話などが字幕付きで見ることができました。アレを見た韓国側も「早く謝っとけば良かった」と思っているなら救いはあります。
 しかし、一番驚いたことは、動画のアップ先。なんとなんとYouTubeへの投稿だったのです。そこから見えるのは、「レガシーTV局なんかに流すと、勝手にキャプション変えて自衛隊が悪いと改ざんするかも?」という政府の判断が見えてきます。取り合えず、グッジョブ!
 そして、韓国軍のお粗末さもみえてきました。動画を見る限り「荒れた海(波が高い)」、北の漁船を捜索していて誤射した(漁船やゴムボート、救助船が目視できる)」、「数回、数分間FCレーダーを照射している(つい間違って当ててしまったは嘘)」、そして照射の意図を問い合わせても無返答。さらに、ある専門家は韓国軍の判断能力というか規律や能力が低下しているのでは?と推測しておりました。つまり、軍旗も国籍を示す旗も掲げず「レーダー当てても何処からか判別できないだろう」、と自分たちの能力で判断したと言うのです。自衛隊機は照射された周波数などから数秒で犯人を特定したのではないか、と述べておりました。ちなみに、無旗艦とは海賊船と判断されても仕方ないそうですし、応答ナシは攻撃されても文句は言えないとのこと。

言い訳?間違い?そんな訳ねえだろ!

 20日午後日本海(能登沖、日本のEEZ内)を哨戒中の自衛隊機に韓国海軍の駆逐艦が火器管制レーダーを照射した。哨戒機はすぐに回避行動をとり、事なきを得た。日本政府の抗議に韓国側は「哨戒機に照射したものではない。遭難した北朝鮮船を捜索中にレーダーも起動した。」。
 「えっ」、難破船の捜索中に火器管制レーダーを誤射?
 「ボーっと生きてんじゃねえよ!」byチコちゃん。ツッコミどころ満載すぎて、ぽかーん。まず、なんで北朝鮮の難破船の捜索に韓国海軍が?もしかして、連合国組織(UN)の制裁破りの密輸か支援物資輸送船隊を護衛するため?だとしたら、あの大統領の強烈な怒りを買いますよ。
 そして、警告もなしに火器管制レーダー照射はロックオンとみなされ即反撃されても文句は言えません。日本の哨戒機はそれを感知し、避難行動に出たのです。今回は逃げれたのでいつもの「遺憾砲」しか反撃できませんでしたが(多分コレで幕引き)。あの機が逃げ切れないと判断したら駆逐艦を爆撃していたかもしれません。まさに開戦一歩手前だったのです。「軍靴の音が・・・
 遭難船の探索なら日本の哨戒機に連絡して「一緒に探そう」とはならないのでしょうか?なんか「海が荒れていたから機に照射してしまった」みたいなこと言ってましたが、哨戒機なら直ぐに発見したでしょう。
 そして、誤射と言うのなら、「先ず、謝れ!」。
 ネットで記事を探すとあの新聞あの新聞まで非難の嵐です。さすがにコレは擁護できないと判断したのでしょうね。さらに近年思うのは、「アジア諸国に配慮して総理大臣は靖国神社を参拝するな」という内政干渉、個人の信教の自由制限。安倍総理は5年連続して参拝を見送ってきました。それに対する周辺国の状況はどうでしょう?より悪化していますが・・・

パシュートは「追い抜き」だった!

今年のスポーツ界を振り返ると平昌冬季五輪に始まり、テニスの大坂選手、高校野球では金足農大阪桐蔭の快進撃、MLBの大谷選手などが挙げられます。また、大学アメフトで日大による暴力行為、大相撲やレスリング、ボクシングに女子体操に於ける暴力や不可解な判定、コーチによるパワハラも問題になりました。
 そうそう、女子駅伝ではタスキを繋ごうと這いつくばりながら数百メートルを耐え抜いた美談も。ただ、村長はニュース映像だけですが、見ていられませんでした。なんか変ですよね。近年は「根性論」とか「勝利至上主義」に世間は批判的傾向にある、と思っていたのに。たしか、金足農の吉田投手の熱投にも、かなりの人が(肩を心配して)批判をしておりました。自分のチームのタスキを繋ぐことが選手生命を絶つことにも繋がりかねない事故よりも大事なのか?それならば、繰り上げスタートなんてルールはおかしいし。
 あのような事故にはゴール予想タイムを考慮しつつ、繰り上げスタート(タスキは白)するルールもアリかな?と思った出来事でした。アレが外国であまり流行らない理由のような気がします。
 そして、村長が選ぶ今年一番の出来事は、「スケートW杯帯広大会、女子スケート追い抜き団体」で起こりました。実を言えば、このパシュートなる競技に、「何が追い抜きだ。追い抜いたことなんかないじゃん」、とか「追い掛け、が正しい」なーんて思っておりました(失礼。もしかしたら追い抜いた例はあったのかも?)。
 主役は、平昌でも菊池選手などと金メダルに輝いた高木姉妹と佐藤選手。この日(11月16日)の相手はドイツ。一周30秒以上の大差を付けての最後のコーナー。一本の矢のような日本チームが腰高のドイツの三人を追い抜いたのです。動画を見ていて思わず「おー!」と叫んでしまいました。たまたま遊びに来ていた娘が、「何事!」、とPC画面を覗き込んで一言。「へー!追い抜くこともあるんだ」

算数図形問題の誤解答発見~①

発見しちゃいました。算数の図形問題を解きおえて(2問目です)、答えを見てビックリ。なななーんと。(結構自信あったのに)まるで違う答え。ややこしいけど、難易度はそう高いとは感じなかっただけに、「もしや」。と試し算をしてみると答えが間違っている、と勝手に結論。
URL=https://www.youtube.com/watch?v=7l25-p09Ack

 これの答えは「ア=6°」とありますが、∠AED=102°となり、108°にはなりませんね。もちろん、∠AED=102° で解いて答えが「ア=6°」となることも考えられますが・・・
 村長の解法です。
 ①△BDEと合同な三角形CGAを作り、GとEを結ぶ。
 ②GAを延長し、BEの延長線との交点をHとする。
 ③BE=AE=AGであるから、∠EBA=∠EAB=∠AED=∠AGE=ア
 ④∠HEA=∠HAE=2×ア であるから、∠BAH=∠BAE+∠EAH=ア+2×ア=30°
 ⑤ ∴ア=30÷3=10°となる。

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[02/15 村長]
[02/15 giants-55]
[01/10 村長]
[01/09 giants-55]
[10/26 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R