忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

この店名はやばい!

 「青森コロナワールド」。我が家から1キロほどのところにあるパチンコ店ですが、名前がアレを想起させますね。青森県も全国には遅れましたが、24日パチンコ店などに休業自粛を要請いたしました。しかし、このパチンコ店は、その1週間ほど前に「18日~5月6日までの臨時休業」を決めておりました。なんといっても、真っ先に目を付けられそうな店名ですからね。
 さて、大阪では休業要請に従わない店舗名を公表しました。さすが大統領。選挙民が選べない総理大臣と違い、選挙民の直接代表ですからね。これに異を唱える自称有名人もいますが、なんだかなあ。トップが決断したんです。結果が悪かったら、ずーっと後で批判しろよ。緊急事態の意味くらい、お勉強しましょうね。国、地方のトップの最大の任務は「線引き」、つまり国民、県民の進む方向を決めること。例えれば、「ある小学校で、遠足の行き先を山にするか海にするかで、校長が 山に行こう と決めたのです。不平不満はあるでしょうが、まずは従いましょう。でないと、更なる強い措置になるでしょう。「地域社会から白い目で見られる」とか、「税務調査が厳格になる」とか、「三点方式と言われる換金が禁止になる」など。エスカレートを防ぐには、今は自粛しかないでしょう。
 そこで村長は考えました。「テレワーク」が叫ばれる今、いっそのこと店舗での遊戯を止めて、自宅で遊んだら?仮想玉を貯めて、景品はスーパーや食堂などと連携して宅配。これで、医療リソースの更なる負荷を減らせるでしょう。
 自粛は統計上意味ない、という自称専門家もいるようですが、福岡市長が YouTube で統計を元に、自粛により感染が減った、と申しておりました。また、「会社の経営者などが、接待、会食などにより感染する率が高い」とも。経済を回すために、夜の歓楽街やパチンコは必要?いやいや、違うだろ。うつらない。うつさない。を実践して大手を振って飲もう、遊ぼう、と訴えているだけなのに。ここは、張本勲氏の「イライラしませんね。戦時中の防空壕で何日も過ごしてますから」は、珍しく共感

PR

超簡単新型コロナ検査!!

 やはり、この話題が・・・と言うより、このウィルスって、意外と強力?と、思い始めております。いつの間にか、インフルエンザの脅威がかすれている?というおかしな事態にも首をかしげる毎日です。まあ、未知のウィルスだけにベストな対応など有るはずも無いのですから。
 そして、米国は検査を二倍にする!とか。日本国内でも「検査しろ」との声は相変わらず聞こえますし、楽天をはじめとする異業種の企業も検査キットを各家庭に!と新規参入。
 でも、ちょっと可笑しいと感じるのは村長だけでしょうか。その検査キットの鑑定確率は?90%?98%、それとも某国推奨の76%の陽性判定率でしょうか?いや、もしも99%という確率であっても、「陰性だ!これで、安心」となるでしょうか?そして、何回も繰り返して検査する。「10回連続で、陰性だ。もう安心」。バカか。たとえ何万回検査しても、「100%陰性」にはなりません。こんな理屈は小学生でも分かります。
 そこで、一案。超簡単にできる検査法を思いつきました。台所に行って「をちょっと舐めてみましょう」。「しょっぱかったら----陰性味を感じなかったら----陽性」→すぐにしかるべき相談窓口に電話しましょう。さらにいわせてもらえば、検査を受けたい、と思ったら「自分は陽性かも?」と、静かに引きこもっているべきでしょう。検査結果が陰性行動する保菌者が一番たちが悪いですから。

BCGが効いてる?

 新型肺炎に関して、欧米の死者数が半端ないですね。特に、イタリア、スペインそしてアメリカ。その割に少ないのが日本や韓国。そこから、「BCG接種が効いているのでは?」との記事を複数発見しました。このお医者さんのHPにあるデータからもハッキリと分かりますが、BCGの予防接種義務化の国は圧倒的に低い死亡率を示しております。
 一番わかりやすい例として、ポルトガルとスペインの比較が挙げられており、BCG予防接種を中止したスペインが死亡者数でBCG義務国のポルトガルの60倍だといいます。かといってこれからBCGを接種したり、新型肺炎に効果がある、というのは早計だとも述べてます。
 BCGといえば、村長は一度も陰性になったことがありません。ツベルクリン反応はいつも陽性。昔小学校低学年の頃、誰からかは忘れましたが、「誰でも一回はBCGを打ったことがある」と言われましたが、確実に一度もありません。まあ、たいした自慢ではありませんが、常に免疫を持っていた村長です。

キムタクの記憶、もう十年

 誰にでも、忘れられない、記憶の中で生き続けている試合、瞼の奥に焼き付いているシーンがあると思います。村長が思い出すのは、2010年4月24日の東京ドームで行われたvs広島戦だ。
 この試合は、その22日前の4月2日マツダスタジアムでの広島戦の試合前のノック中に倒れ(くも膜下出血)、5日後に亡くなった木村拓哉コーチの追悼試合として行われた。3-2と、広島が1点をリードして迎えた8回裏一死満塁という好機に巨人は代打に木村氏の同期、谷佳知選手を送る。試合前に、「まだ信じられない。信じたくない」と述べていたそうですが、1ストライク2ボールからの4球目を振り抜いた打球は谷選手にとりプロ初となる代打逆転満塁本塁打。試合後お立ち台では涙を見せておりましたね。 
 巨人移籍後は家族を広島に残しての単身赴任だったそうです。リンクは貼りませんが、倒れる瞬間のビデオを今日見つけてしまいました。衝撃的でした。5日後にあの世へ旅立ってしまったのですが、37歳、若すぎますね。また、ビデオでは当時10歳だった彼の長男のその後も伝えておりました。父の後を追い、中学校までは順調だったそうですが、高校の時、右膝を負傷、結局プロへの道は断念したそうです。
 ユーティリティープレーヤーだった木村選手で、思い出すのは2009年に起きた「捕手・キムタク」でしょう。記憶に残る選手でしたね。けっしてスターとは言えない存在でしたが、アテネ五輪のときは、ブルペン捕手も引き受けたり、いわゆる「プロ好み」の選手だったと思います。
 

今年はエアー花見!

東京では桜の開花の便りと共に、あの感染病のせいで花見自粛という話が聞こえてきます。村長も、例年の弘前城の花見は自主自粛。というより、いくら津軽では感染者ゼロ(八戸では6名感染)とはいえ、100万人を超える観光客が来るお祭りは開催されないだろうから、家でセルフ酌しながらネット動画の桜を見ながらエアー花見と洒落込もうかと思っております。
 弘前城といえば3年前、石垣修理のため天守を移動させた際発見されたイカ形の石が話題になりました。それは、当時任天堂が発売しようとしていた「スプラトウン2」とかいうゲームのキャラクターに似てたとか。専門家によると、江戸末期に天守が作られたが、1915年に大規模な改築がなされ、その時、この技法が施されたのでは?ということのようです。天守を支える石垣の四隅のあるイカ形の石、ということから市では「いかすみ石」と名付けました。なんか料理関係の名前をイメージしてしまいそう。
 冗談はさておいて、大事な天守を守るための補強となる石組みの手法であることはたしかなようです。各地で文化・スポーツイベントが中止されています。青森といえば、弘前の「ねぷた」、五所川原市の「立佞武多(たちねぶた)」そして、青森市の「ねぶた祭り」です。でも、こればかりは、いくら津軽は安全(が続いていたとしても)他の地域が封鎖状態では前代未聞の、無観客祭り、なんてことも予想されますね。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/22 村長]
[06/22 giants-55]
[04/05 giants-55]
[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R