忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

青森県高校野球、八戸勢強し!

 今日行われる予定の全国高校野球青森県大会決勝は、八戸の光星学院高校と野辺地の光星学院野辺地西高校という兄弟高同士の対決となった。順当なら実績のある光星学院(兄貴分)の優勢は動かないところだが前年の代表高、八工大一高を下しての決勝進出だけに野辺地西は勢いに乗っている。背番号「2」のエース小林投手の出来が鍵になるであろうが、好試合を期待する。
 さて、23日はテレビでの野球観戦三昧であった。県大会の準々決勝とMLBのアスレチックスvsヤンキース戦、そしてNPBはオールスター第二戦である。
 まずは最近調子がいいA’sの松井秀喜がニューヨークに乗り込んでのヤンキース戦をBS1で観戦する。敵地であるにも拘わらず相変わらずの松井人気である。試合も2-2と競った展開だ。ここで、高校野球の青森山田vs光星学院も気になって、青森朝日放送(ABA)に切り替えると、山田は幸先良く2点を先取し0-2とリードしている。青森山田は名物監督の渋谷氏が今夏を最後に勇退されるという。山田ナインはなんとか監督の勇退花道をつくってあげたいだろう。この準々決勝の光星学院戦は事実上の決勝戦と思われていた。
 MLBは松井の打撃だけ見れればよいので、暫くは高校野球を観ていたのだが、ABAがCMに入ったのを機にBS1に戻すと、信じられないスコアになっていた。4-14とA’sは大量リードされているではないか。20分ほど観ただろうか、大勢は決した感がありチャンネルをABAに切り替えると、こちらも意外な展開になっていた。
 なんと、9-2と逆転されていた。さらに4回表、決定的な6点を失い15-2に。ここでオールスター戦を観る事に。

 結局青森山田は前半での失点が響き、15-10で敗退。青森市勢は姿を消した。ベスト4は、弘前聖愛、野辺地西、光星学院、木造という顔ぶれになった。木造(きづくり)高校といえば、甲子園に忘れ物をした高校として有名である。過去一度だけ出場した1982年、佐賀商新谷投手のシュートに9回二死までパーフェクトに抑えられていた。ここで打席に立った代打者は「執念のデッドボール」で出塁。新谷投手の完全試合は阻止したものの、無安打無得点に敗れた。あの夏忘れた甲子園での一本の安打を打ちに行って欲しいものだ。

追:結局、木造高校は準決勝で光星学院に0-10、6回コールドで敗退。
 
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R