忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

巨人、投手戦をサヨナラで制す

 またまた、細か過ぎるプロ野球の珍?凡?プレーです。
 昨夜の楽天vs巨人で、面白いシーンがありました。一点を争う投手戦(ラズナーvs内海)が繰り広げられていた中盤の6回表楽天の攻撃。無死一、二塁の絶好の先制機。三番打者鉄平の送りバントは三塁側ファウルゾーンへの小飛球となった。小笠原三塁手は猛ダッシュして飛び込むも、打球には届かずファウルに。この時の二塁走者の行動が面白かった。
 いや、面白いと言うよりも、ボーンヘッドに近いのでは?と感じました。二塁走者はハーフウェイで立ち止まると打球の行方を窺いながら、「隙あらば三塁を狙う」ような姿勢をとったのである。フェアかファウルか際どい打球ならば納得できるが、打球は明らかにファウルグラウンド。しかも、左打者の特徴としてドンドン切れていく。120%フェアグラウンドに落ちることはない。
 この場面での二塁走者がとるべき行動の正解は、直ぐ帰塁して、三塁手が無理な体勢で捕球したら「タッチアップして三塁を狙う姿勢をとる」、であろう。
 もし、三塁手が好捕し素早く二塁に送球して併殺(三重殺も)、などとなったら目も当てられません。故に、ハーフウェイで見守る、は無意味で危険な行動と言えましょう。結局、楽天はこの好機を生かせませんでした。
 なお、試合は0-0で迎えた延長10回裏一死満塁ブラウン監督得意の「内野手五人作戦」を嘲笑うような小笠原選手のセンターへの大きなサヨナラ犠飛で、前夜の雪辱を果たした巨人軍でした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R