忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

インフィールドフライ・イフ・フェア

 草野球の球審をやっていて、たまに宣する「インフィールドフライ・イフ・フェア」。最初にこの場面に遭遇した時は、エイゴで宣した後「もしフェアなら、バッターアウト!」と日本語でフォローした村長ですが。これは、打球(飛球)が、もしもフェアならば、打者はアウトにする、という宣言だ。打球が打ち上げられた段階で、フェアかファウルか判定できない状況下で宣言される。
 今日の高校野球二回戦、福井の敦賀気比vs埼玉の花咲徳栄で、一寸先は闇、というか、運命のいたずら、のようなシーンがあった。
 試合は、5回を終わって敦賀気比が6-0と一方的にリードしていた。ところが6回裏に2点、8回裏には3点をあげ、なおも一死満塁という花咲徳栄の大チャンス。ここで打者が飛球を打ち上げる。捕手から数メートルのファウルかフェアかきわどい所。球審は即、「インフィールドフライ・イフ・フェア」を宣告する。
 捕手へのイージーフライと思われたが、一塁手が深追いしてきたため打球とすれ違ってしまいボールはファウルグラウンドに落下。打者は命拾いをした。
 しかし、運命の神様はいじわるだ。打ち直しの一打はショートへの、お誂え向きの併殺打。一瞬にして天国から地獄を地で行く展開になってしまった。安打数では上回っていた花咲徳栄だけに、9回裏の雑な送りバントといい、悔いの残るであろう敗戦に見えた。
 二時からは、BS日テレヤクルトvsジャイアンツを観戦予定だ。これは、先週導入した、BSデジタルチューナーのお陰である。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R