忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「秋四は、爆発だ」下社の木落し

 NHK-BSハイビジョン(3ch)で今開催中の「御柱祭」の中継を見た。今日は諏訪大社下社の秋宮の「木落し」だ。いつもなら昼食後一時頃にはベッドで横になるも、「一時からなら見てからにするか」と、画面に見入る。
 しかし、なかなか始まらない。約40分遅れで始まった「木落し」。一気に・・・と思いきや、スーっとスローモーションのように木は滑り落ちた。先日の上社の木落しの荒々しさに比べると、左右にぶれず、華乗りの氏子も体勢を崩さずに乗り切って、安堵すると共にやや物足りなさも感じた村長と父であった。

 ところで、木を落とす体勢に入るまで、柱の先から長さ十数メートルの大きな垂れ幕が掛けられ、何やら字が書いてある。「秋四は、爆発だ」
 「爆発だ」から連想されるのは、「芸術は爆発だ」の故岡本太郎氏である。ネットを調べようとする間もなく、地元のアナウンサーが解説を入れる。岡本氏が下諏訪を訪れた際、この勇壮な祭りをすごく気に入り、「木落し」寸前の木にしがみついて一緒に坂を降りようとしたエピソードがあるという。その岡本氏の言葉を取り入れた垂れ幕で、祭りを爆発させようとしたということらしい。
 * 「秋四」とは、下社秋宮の第四の柱、という意味。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

御柱祭 その十六 (諏訪大社 下社木落し)

加速する春宮四の御柱  乗った若者たちを振り払って猛スピードで落下する 待ちに待った諏訪大社下社の木落しがきょう(9日)からはじまった。木落し坂の総延長は約100メートルで高低差32メートルという。8階建てのビルに相当する。こんな危険を顧みず血気盛んな若者たちが御柱に乗りこの急坂を駆け下る。勇猛果敢なその行為を駆り立てるものは何か。ヒーロー気取りか?それとも男の美学のようなものか?年寄りの筆者には分からないが、見るのは楽しいし興奮するのだろう。(固唾を呑む汗) 秋宮二の御柱(諏訪市上諏訪地区曳行担当) ...
WEBLINK [URL] 【2010/04/10 21:29】

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R