忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

アイス・スレッジ・ホッケー、感動した

 いやぁー、パラリンピックをなめておりました。ノルディック距離では新田佳浩選手がに輝き、鳩山首相から祝福電話を受けておりました。また、「並んで表彰台に立てて最高!」と語ったのは、アルペンスキー滑降の男子座位でメダルを獲得した狩野亮選手とメダルの森井大輝選手。転倒などへの恐怖感は、健常者より多いはずなのに、果敢に難コースに挑む姿勢には勇気付けられました。

 昨日は、アイス・スレッジ・ホッケーの日本チームの活躍に、思わず手に力を入れながら観ておりました。王者カナダとの準決勝、勝てば二位以内が確定する。しかし、カナダは前回のチャンピオン。ここまでわずか1失点、ゴール数は19と圧倒的な強さを見せていた。
 試合はカナダが先制する。その後も何本ものシュートが日本ゴールを襲う。「やはりダメか!」と思われた。だが日本のGKは、身を挺してゴールを死守。決死の顔面ブロックなどの好守が、日本の同点ゴールを呼び込んだ。
 そして運命の逆転シーンは見事なカウンター攻撃だった。相手パスをカットすると速攻を仕掛け、相手GKの肩口を抜けるきれいなシュート。2-1と勝ち越した。ここからカナダの猛攻がはじまる。
 なんとか同点~延長に持ち込みたいカナダは、終盤全員攻撃をしかける。そして残り30秒、カナダのバックパスが流れて、皮肉にも自身の無人ゴールに吸い込まれて、ジ・エンド。3-1、日本が金星を挙げた瞬間だった。
 21日の日曜の朝3時からアメリカとの決勝戦に臨む日本チーム。カナダの20本のシュートを弾き返したGKに、もう一踏ん張りを期待しつつ、眠い目をこすりつつ、応援しよう。
PR

コメント

同感

書き込み有難う御座いました。

「転倒などへの恐怖感は、健常者より多いはずなのに、果敢に難コースに挑む姿勢には勇気付けられました。」←全く同感です。小心者の自分にはとても無理。本当に頭が下がるし、一寸した事でちまちま悩んでいる自分に反省させられます。

アイス・スレッジ・ホッケーに関してはニュースでダイジェストを拝見しましたが、日本チームは良くぞ勝ったという感じで、此処迄来たら是非優勝して欲しいものです。

P.S. ダルビッシュ投手の新魔球は昨夜の「報道ステーション」で初めて知りましたが(と言うか、以前に同番組内でチラッとそれらしい事を触れていましたけれど。)、これがバシバシ決まりだすと相手打者には脅威でしょうね。唯でさえ打ち崩せない投手だというのに。

心情的な部分も在ってパ・リーグの順位予想では
ホークスを1位にしましたが、2位としたファイターズとは拮抗した戦力だと思っておりますので、どうなる事か。

バファローズ、小瀬選手の件も在って心情的にはより上を目指して欲しいのだけれど、うーん・・・。

ところで自分が気になっている事柄が在り、それを記事にしました。こちらでもその件を記事にされており、非常に簡潔に説明されていましたので、「自分が拙くグダグダ書くよりも・・・。」と考え、記事内でリンクさせて貰いました。事後承諾になってしまいますが、申し訳在りません。当該記事に関しては、数日中にアップする予定です。
【2010/03/20 12:29】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R