忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

御柱祭始まる

 村長が育った諏訪地方に古くから伝わる、「御柱祭り(おんばしらまつり)」が昨日から始まった。あまり「お祭りごと」は好きではないが、何度となく聞いた「木遣り歌」を歌う男衆の甲高い声を聞くと、つい懐かしさがこみ上げてくる。
 さて、祭りの詳しい解説は『閑話ノート様』にお任せすることとして、村長の「御柱」の思い出を少しだけ。
 東京で下宿生活を始めて知り合った徳島の友人が諏訪に遊びに来たのは、42年前5月の連休中だった。たまたま開催されていたのが、7年に一度の「日本の奇祭」、「御柱祭り」で、茅野市に近い上社(かみしゃ)まで見物に行くこととなった。彼の車は、たしかパブリカとかいう名前の車だったと思う。
 当時住んでいた諏訪の家からは、車で30分位の処なのだが、およそ一時間かけて現地に到着。係員に誘導されるまま駐車場へ。この駐車場がから遠く、車を留めてから30分位歩いたのを覚えている。
 この祭りは、男たちの根性や勇気?を表現する場でもあるが、毎回怪我人や稀に死者が出ることでも有名な祭りである。無事に16本の「御柱」の建て替えが終了することを祈ってやまない。

PR

コメント

無題

村長さま、こんにちは。
拙ブログをリンク頂いて恐縮です。
諏訪大社御柱祭、上社の山出し祭りが終了しました。人出は3日間で50万人を超えました。さて今週末からは下社の山出しです。
それではまた。
【2010/04/06 16:03】 NAME[閑話ノート] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

無題

 御柱祭りの詳しい解説、非常に分かりやすく読みました。
 32年間南信で暮らしたというのに、知らないことばかりです。また、信州ネタ、よろしくお願いします。
【2010/04/06 16:44】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

御柱祭 その十一 (木落し)

木落し坂到着(諏訪大社上社前宮一の御柱) 山出しのハイライトは木落し。高さ約18メートル、斜度約26度、距離32メートルを一気に落下する。とても危険なれど豪快でスリルを味わう。大勢の観光客が見物に押し寄せる。 梃子棒 これから木落し坂へ向かう 人人人で身動きがとれない 木落しスタンバイ 本宮一の御柱、木落し完了しこれからJR中央東線のガード下を通過する 河川敷に設置されている観覧席(観光客用) こちらも同上観覧席 五階建て観覧席 木落しスタート あ〜っ 傾いた メドデ...
WEBLINK [URL] 【2010/04/05 09:21】

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R