忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「あと一球!」→「あーあ!」

 2-1と一点をリードして迎えた9回表、無死一三塁を小笠原-坂本-阿部の攻守、ブロックで二死一塁に。なんとか逃げ切れるかと思っていた。巨人ファンの全員が「そう」思っていたと思う。あと一球!だ、と。
 アルバラデホ投手が投じたのは、ど真ん中への変化球。千葉ロッテ伊志嶺君には失礼ながら、まさかルーキーの2番打者に土壇場で逆転2ランを喫するとは・・・「ああーあ!」
 
 このところ敗戦続きの巨人。一つ勝っては連敗というパターンが続いている。鬱憤が溜まりに溜まっている。日テレの実況アナも酷い。逆転を許した直後、「このまま行けば、お立ち台には伊志嶺選手の他に成瀬投手、そして三度の好捕を見せた岡田も呼ばれるのでは」だと。おいおい、せめて「まだ一点、巨人の打者にも、再逆転の粘りを見せて欲しいですね」くらい言ってみろ!

 今季の巨人の低迷は99%打者にある。というより打撃コーチを含めた指導陣にあるのではなかろうか?それとも、先日ラミレス選手が思わず漏らした「早く交流戦が終わって欲しい(パの投手にギブ?)」、をコーチ陣も共有しているのだろうか?

 それにしても、得点圏打率5割以上だった勇人君、どうしちゃったのでしょう?初球の難しい球に凡打、それも力の無い飛球ばかり。どう見ても狙った球ではない気がするのですが。三回裏だったと思いますが、一番亀井が初球を凡飛球した後、同じく初球を打ち上げた場面。若いなあ、ここは粘って粘って成瀬投手の球数を増やすことに努めるべき。次の三番小笠原までもが二球で倒れ、4球で攻撃を終えてしまった。解説の江川氏も言っていたように(先頭打者が一球で倒れたなら)次打者は粘ってボディブローを与えなければいけない」のに、淡白な攻め、が目立つ試合でした。

 もう一つ、よく言われる言葉に、「打線が投手を育てる」というのがある。新人投手の澤村が防御率2.34と頑張っているのに2勝5敗の成績だ。これでは育たない。昨夜の東野投手にしても、「一点も与えられない」というプレッシャーを常に抱きつつ投げているようなものだ。たまにベンチ前で円陣を組んでいるのは見かけるが、一度も実ったのを見たことが無い。いつになったら打線のエンジンに点火するのだろうか?
PR

コメント

同感です

書き込み有難う御座いました。

昨日、此方の記事を拝読し、「同じ事を思われていたんだ。」と嬉しく思いました。「船頭多くして、船山に登る。」という諺が在りますが、今のジャイアンツは正にそんな感じがします。数が多ければ良いと言う物では無い。無策無能なコーチは百害在って一利無しです。

唯、プレーをするのは選手で在り、コーチ陣以上に責任が在るのは事実。もっと工夫を見せて欲しいです。此の儘じゃあ、ストレスで死にそう(苦笑)。
【2011/06/17 12:42】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

無策無能の者は去れ!!!

毎試合毎試合、同じ様な展開で負けているジャイアンツ。選手達が遮二無二プレーした結果ならば、敗戦も致し方無い。しかし残念乍ら、見ている側に必死さが伝わって来る選手は少ないのが現状。投手陣は其れなりに頑張っているので文句は言えないが、情け無いのは野手陣。漫...
WEBLINK [URL] 【2011/06/17 12:42】

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R