忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

肌寒い夜、太鼓の音が

 あと二週間で7月を迎えるというのに、ここ青森では未だに長袖の服が必要な日々が続いている。朝晩の気温は12~14℃、日中は20℃を越す日もあるが夏の足音は聞こえてこない。
 昨夜7時過ぎ表に出て、「未明には皆既月食だったなあ」と夜空のを眺めていると、遠くの方から太鼓の音。「ねぶた囃子の練習が始まったんだ」
 あの音を村長は、「どーんこ どんこ」と記憶している。いろいろな表現方法があるが、「パーンパ パンパン」とか「ターンタ タンタン」と表す人もいる。
 文字にすると分かりづらいが、要するに「 Ace of Base の Blooming18 」 又は「女子十二楽坊の奇跡」のリズムだ。ん??もっと分かりづらいって。そう、吉幾三の 「おら、こんな村いやだー」のリズムだ。(但し、実際のねぶた囃子はもっとスローですが)

 この音を聞くと「青森の短い夏が来る」ことを知り、「ねぶたが過ぎれば秋風が吹く」というのが津軽の定番である。昨年はこの定説が覆されたが、今年はどうだろうか
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R