忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

P.マッカートニー氏、肉食を控えろ

 数日前のニュースからです「温暖化防止の為に、肉食を控えよう」と欧州議会で訴えたのは、元ビートルズのP.マッカートニー氏。菜食主義者の彼は、「肉食を控えれば、CO2排出量削減に効果がある」と、持論を展開した。しかし、彼の母国選出の一部議員からは、「食肉生産が温暖化に影響するという根拠はない」とか、「マッカートニー氏はだまされている」などの批判が起きたという。

 本当にポールは騙されているのだろうか?

 昔聞かれた噂話に、「牛のゲップが温暖化の一因」というのがあった。また、世界環境ニュース「車とハンバーガー、どちらがより温暖化に影響する?」には、彼の持論を裏付ける記事が載っている。
 国連のレポートによると、世界の運輸牧畜業におけるCO2などの温室効果ガス排出量を調査したところ、運輸13%牧畜18%と、牧畜業の方が多かったそうである。
 根拠として、
1kgの牛肉を作るには約10kgの穀物(飼料)が必要(餌の運搬など)、1個のハンバーガーを作るには2400リットルの水が必要、1人分の肉料理は、ベジタリアン料理よりエネルギーが少なくとも5倍必要(豚小屋・牛小屋など)」や、農場を作るのに森林伐採家畜のフンからのメタンガス、などを挙げている。

 俄かには信じがたいレポートではありますが、ポール氏の持論「根拠が無い」とする批判は、当ってない、と思います。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R