忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

お経は音楽

 先日、とある法要に出席したときのこと。
 参列者にお経の小冊子が配られ、住職が「○○ページから始めます」と言うので皆いっせいに、そのページを開く。
 難しそうな漢字の並ぶ中、第一音の発声部分に「ハ調レ音」と小さく書かれており、途中には「ハ調ソ音」の表記も。

 ところが、住職発声した第一音異常に低いのです。「ハ調レ音」というよりは、「ド」「シ」の音から始めてしまったように感じました。案の定、後半に入って5度上の「ハ調ソ音」に調子が変わってしばらくすると、最低音部が続くのであるが、低過ぎて小さな声で唸るような読経になっている。
 数名の方は住職の読経に合わせて小さな声で追っかけていたのですが、やはり低過ぎて声が出なくなってしまいました。お経も音楽、を実感した日と同時に、お坊さんも法要に際しては、「音叉」が必携なのでは?と感じた次第であります。

 ちなみに、我が家の仏壇にある「チーン」を鳴らしてみると、「ハ調ファ音」でした。何か意味があるのかな?でも、この「ファ」を頼りに「ハ調レ音」から始める指針にはなりますね(すべての「チーン」が「ファ音」なら)。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R