忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

たまきさん逮捕!

 昨日沖縄石垣島で大麻所持の現行犯逮捕された益戸育江容疑者。顔を見て、ああ「宮部たまき」さんだ。これには杉下右京もビックリのことであろう。「花の里」の経営で我慢していればよかったのに・・・
 ニュースでは「医療用大麻」の合法化を訴えていたそうですが、単に大麻を吸いたかっただけですね。日本では違法なんんだから吸引や所持も言い訳にはなりません。過去の映像なども流されていて、アメリカやカナダでは合法化されている州もある。タバコやコーヒーより安全。などと言ってますが、これはダメです。外国では合法だとか、時代遅れな法律、などと言うのは通りません。
 麻薬専門家?の話では、大麻を常用し続けると「異常な行動や常識はずれな言動が目立つ」そうである。日本の南端で違法行為をする、という確信犯的行為は大麻常用の影響かも?
 この影響で「相棒」の初期作品の再放送に待ったが掛かっていると言う。村長をはじめ、「相棒」ファンには悲しいニュースでした。
PR

北前船資料館が・・・

 村長の散歩コースに、俗称「北前船資料館」がある。いや、あった。実は二年ほど前に資料館は閉館になっていた。えっ!知らなかった。通り過ぎる都度、「なんか景色が変わったなあ」とは感じていたが。
 この資料館の正式名称は、MTWBM。これで分かったらDaigo並みの語力?だ。Michinoku Traditional Wooden Boat Museum つまり、「陸奥(みちのく)の古代の木造船博物館」?いやいや、正式名称は、「みちのく北方漁船博物館」でした。「北前船博物館」の方がスッキリすると思いますが・・・
 何年か前に一度だけ親戚の人を案内して入っただけなのですが、元家大工だった彼は興味を持って見学していました。村長が唯一感心したのは、船の内部に神棚と仏壇が並んで設けられていたこと。我がご先祖様は古くから「神様仏様」と航海の無事を祈願していたのでしょうね。
 跡地を後ろに見ながら帰路につくと、高齢の外国人夫婦の集団とすれ違った。海手を見ると大きな外国籍の豪華客船が岸壁に横付けされている。こういう光景はここ数年見る機会が増えている。アジアやヨーロッパ、国内のツアーなど観光客が増加傾向にあるみたいだ。
 ケータイでパチリパチリと二枚撮ったつもりが太公望を撮った一枚しか残っていませんでした。

 

ボブ・ディランにノーベル文学賞

 思わず、「えっ!」と言ってしまった。
 ボブ・ディランに・・・
 文学じゃあ無いだろう。いくら歌詞が独特だからって、ねえ。英国の作家たちから異論がでているそうだ。村長はボブ・ディランの熱狂的なファンではないが、それでも2枚のLPを持っている。初期の頃の「くよくよするな(Don't think twice)」、「ライク ア ローリングストーン(Like a rolling stone)」が好きな曲です。
 代表作の「風に吹かれて(Blowing in the wind)」は確かに文学的な詩だが、文学じゃない。村長はフォークシンガーというより、ロックシンガーだと認識している。ただし、薬物依存の過去は評価しませんが。
 そのうち、ノーベル音楽賞なんてできるかも。ノーベル美術賞、ノーベルスポーツ賞。そういえばノーベル平和賞なんてのもありました。経済学賞も。このへんで本来のノーベル賞(前年に人類のために最大たる貢献をした人々)に戻るべきではないでしょうか?
 そう言えば、先日医学・生理学賞を受賞した大隅良典栄誉教授に対して、「もう飽きた」とか「ノーベル賞の価値が下がった。レコード大賞みたい」とかアホなつぶやきをした芸人もいましたね。

客が心肺停止の運転手を見捨てる?

 このニュース記事を見た瞬間は、中国のニュースか!と思ったが読んでみると韓国での出来事だった。ソウル市内で客を乗せて運転中のAさん(62)が心肺停止に陥り、対向車線に入り停止した。間一髪難を逃れた対向車を運転していたキムさんがタクシーに駆け寄ると、乗客が逃げ去ったという。キムさんの通報でパトカーと救急車が駆け付けた時にはAさんは死亡していた。
 乗客が通報していても助かったかは分からないが、逃げるのはダメだろう!8月にも同様の事件があったと書いてある。また、ネットユーザーのコメントに、「僕も逃げたと思う」とか「関わりあいたくない」などがあった。中には、「国語、算数、などより道徳教育が大事」と真面な意見もあった。
 村長は、韓国という国は表向きは先進国でも中身はマダマダ後進国だと思っている。もちろん、先進国後進国は相対的なものだから、日本も偉そうにしている場合では無いのだが。
 ただ、中国よりはマシ、と思えるニュースを数日前に見た。すべての地域での話では無いと思うが、中国では救急車の出動費用や、時には搬送された患者の治療費までもが通報者に請求されるという。その後、患者の家族などから払ってもらうのだ。それじゃあ、関わり合いになりたくないのもうなずける。村長も一瞬ためらうだろうな。その患者が金持ちかどうか?怪我や病気の軽重は?など・・・

勘違いしていた言葉

 この年まで勘違いしていた言葉があった。それも立て続けに二つも。
 まずは、「はんこ注射」。先日、遊びに来た孫たちの会話が何となく耳に入ってきた。その中で聞こえてきたのが「はんこ注射」だ。話の前後の言葉から「注射痕」の話らしいが、団塊世代の村長には全く初耳の言葉だった。早速Wikiで調べ、結核予防のワクチン注射と判明。昔のBCG注射のことらしい。べつに自慢することではないのだが、村長とは無縁の話。というのもツベルクリン反応は一回も陰性になったことはなく、BCGという痛いらしいかさぶたが出来る注射の経験もないのだ。
 もう一つ知ったかぶりしていたのは、「人一倍」に関する知識。「人一倍」は、人と同じではなく人の二倍のことなのはなんとなく知ってはいたが、二倍は三倍のこと、三倍は四倍のことなのだそうだ。西洋式に考えて二倍だから「2を掛ける」のではなく、「+一倍」=二倍と言う訳ですね。これも孫の会話にでてきた「人一倍努力」がきっかけでした。
 孫「人一倍努力って、人と同じ努力ってことじゃん」
 村長「そうじゃなくて、人の努力+一倍=人の二倍の努力、ということだよ」
 孫「じゃあ、一倍が二倍なら二倍は三倍三倍は四倍・・・?」
 村長「・・・」
 そこでまたしてもWIKIに頼った次第でした

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R