忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

憂鬱な日曜日

 巨人の連敗で憂鬱な毎日が続いておりました。一つ勝ったと思ったらまたしても土曜日と日曜日に北海道で黒星。今日は野球から離れようと思いましたが、どうしてもオカシイ!とペンをとった次第です。
 有料放送の契約をしていれば問題は無いのですが、いつもチェックしている巨人軍HPの「放送予定」で日曜日の放送予定を見た。「地上波の朝日テレビ系列で14時から」とある。青森は朝日テレビ系列の「青森朝日放送ABA)」がある。
 ウィークデイならば毎朝、新聞やテレビで番組を確認することが多いが、草野球を卒業してからは、日曜日は寝坊、が習慣となっている。PCも新聞もチェックしないまま、14時からABAで放送するものと思っていた。ところが、巨人vs日ハムの中継はいつまでたっても始まらない。「雨かな」「いやドーム球場のはず」などと考えながら番組表を見る。「さんまと岡村、二時間トーク」みたいなタイトルにビックリ。BS朝日は?とチェックすると16時27分から放送、とある。
 野球ファンだからかも知れないが、「さんまと・・・」はその日のその時間に放送しなければいけないのか?試合開始から2時間半も経過し、ほぼ体勢が決まった試合を見せられたファンは怒り心頭なのだ!(負け試合だっただけに)
PR

「はるか夢球場」完成!

 弘前市に「はるか夢球場」が完成し、昨日一般客が見学に訪れた。TVインタビューで、「広い!」とか「これで楽天の試合を間近で見れる」などが紹介されていました。
 その楽天強い!というより、巨人が弱い!昨夜も「接戦に持ち込まないと・・・」という高橋監督の狙い通り、先発の池田投手が5回を無失点、打線もチーム14試合ぶりとなる村田選手の2点本塁打で2-0と、いい展開。連敗脱出だ。と思った。
 しかし6回裏、二番手の田原投手が誤算だった。好調ウィーラーに安打を許すと4番アマダーには初級を左翼上段に運ばれ同点に。代わった森福投手も安打送りバントタイムリーと見事な攻撃で逆転される。しかし、巨人打線に再逆転するチャンスは9回に訪れる。
 楽天のエース則本投手にただ一人合っていた村田選手が、抑えの松井投手から安打で出ると代走重信。続く好調石川が粘って四球を選ぶ。無死一二塁だ。7番長野選手の場面で溜息が漏れるプレーが・・・
 長野選手のバント空振りに、二走重信が飛び出してしまう。捕手からの牽制球で一死一塁に。さらに長野選手は三振でニ死。結局そのまま敗れて7連敗。さて、このプレー。勿論飛び出した二走が悪いのは当然だが、ストライクのボールをバント空振りした長野選手も悪い。二塁からは投球のコースがよく見えるのだ。ド真ん中の真っ直ぐに、「ヨシッ!」と思うのはよくあること。は速いがまだまだ経験不足のルーキーは、この失敗を次に生かして欲しい。
 巨人ファンとして、言い訳を一つ。セ・リーグで首位を争っている阪神と広島、そしてパ・リーグの首位楽天との7連敗。これから巨人の巻き返しが始まる!のだ!多分!となればいいなあ!

第二の森友??

 最近のニュースを見ると---ああ、ワイドショーね。「加計学園問題は第二の森友学園だー」と、訳のわからない声だらけだ。確か「森友学園問題」は、土地代金が8億円という破格の値引きを安倍総理の口利きで決まったこと、だった筈。第二の・・というからには加計学園に新設された獣医学部に安倍総理の口利きと多額の献金があったということ?
 その本丸を攻めるのならまだしも、怪しい前事務次官の証言付の文書とやらを根拠に「総理の強い意向があった」。
 四国四県の大学に獣医学部が無いことから、四国の議員たちを中心に10年かけて国に働きかけてきたそうだ。中心人物には民進党の高井氏や江田氏もいた。つまり、やっと彼らの念願が安倍総理の意向で成就したわけだ。四国の人も大喜び。めでたし!めでたし!
 ところが、当の民進党からクレームがついた。「俺たちの実績を総理が横取りした」と。あるいは、「今治市だけずるい、俺の県にも作ってくれ。」とか、「民進党への献金が少ない」なーんて? さあ、総理、どうする。他県の大学にも総理の意向を発揮しますか?

どうしたいの?

 佐渡金銀山の博物館から金塊のレプリカが盗まれた。本物なら一個500万円×5=2,500万円だという。しかし、すぐ隣に展示してあった銀塊(約200万円相当×3=600万円、本物)には手を付けていないことから、犯人はレプリカの金だと知らなかったと見られている。
 まあ鉛合金に金メッキをした偽物だからをとりだせば幾ばくかのお金にはなるでしょうが・・・
 これには笑ってしまいましたが、先日神奈川県で笑い話では済まない盗難事件が起きました。鎌倉で版画制作した縁で県が棟方志功氏に依頼して300万円で購入した版画が偽物とすり替わっていたという。何者かがカラーコピーした複製品と入れ替えたとみられるが、2014年に観覧者に指摘されて気が付いたそうである。
 美術館側の失態ですが、さらに恥ずかしいのは、複製品は上下逆に額に入れられていたとか。しかも、いくらなんでも3年もの間本物を探していて発表が遅れたというのも納得がいかない。
 「犯人はどうしたいの?」と思った二つの事件。金の偽物はどこかに捨てるのでしょうが、版画は世に出すわけにもいかず、かといって美術品仲間に見せびらかす訳にもいかに。一人寂しく密かに鑑賞してジ・エンド?

「しじみ」の季節

 「シジミ貝~シジミ貝!」
 軽トラから流れる拡声器の声は津軽の4月から10月にかけての風物詩である。もちろん、十三湖(じゅうさんこ)のシジミである。昨日、十三湖のシジミ漁が解禁となりました。小さな木造船で「鋤簾(じょれん)」と呼ばれる四角い網箱で貝を拾い上げる。昨年はやや収穫量が落ち込んだが、今年は好天が続き好調な出足と聞く。
 村長は、五所川原ー金木ー中里ルートで一回。木造ー森田ー車力(しゃりき)ルートで一回の二度行ったことがある。ちなみに白神山地の一角にある「十二湖(じゅうにこ)」と「十三湖」は関係がない。十三湖は古くは十三地区(じゅうさんちく)にあった湊「十三湊(とさみなと、じゅうさんみなと))が由来で、十二湖は沢山の池(実際には33個)があることから付いた名称と言われている。
 さてここから本題。車力といえば空自三沢基地の分屯基地があり、米軍のTHAAD防衛システムの一環として「Xバンドレーダー」が配備されております。開戦の常とう手段は「まず敵のレーダーを潰す」ことですから、青森県民は気が気ではありません。こんな物は使わない、使う日が来ない方がいいに決まってますが、北の将軍様の横暴に世界の警察?を目指す大統領が怒り心頭の様子。太陽政策ではダメ、ということで北風政策に舵を切ったようですね。
 ネットではかなり煽った動画や記述が目立つ一方、多くの新聞・TVはおとなしいものです。米国をはじめ国連決議中国までをもコケにしてきたツケがここに来て限界に達したのでしょうか?まあ、休戦中の朝鮮半島ですから、いつ再開してもおかしくはないのですが日本以上に南がおとなしいのが気になります。シリアのように露と米の代理戦争にならなければよいのですが・・・

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R