忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

真夏に高校野球

はるか昔の記憶なのに、に刻まれた記憶は一生忘れることはありません。校庭の隅っこで一時間以上も正座したこと。キャッチボール中に私的な会話をしたという理由で、痛いグーパンチを貰ったこと。ノックの打球がみぞおちを直撃して悶絶した凸凹のグラウンドの思い出。村長の中学の野球部時代の一コマですが、よく覚えています。正座は一回きりでしたが、グーパンチは何回もありました。その殆どは、練習中に水道の水を口にした、という理由でした。今思えば、とんでもない時代でしたね。
 半世紀以上たった現代、猛烈に熱い日の日中にモーレツに熱い戦いを繰り広げている高校球児たち。でも古い頭の役員たちは言うのでしょう。「昔も暑かったのに、今の若者は辛抱が足りん!」。
 先日には昆虫採集に出かけた小学校一年生が熱中症で亡くなられた記事を目にしました。また各地で行われている予選では連日のように、選手はもちろん応援の生徒も救急搬送されております。今の若者が忍耐弱いのではありません。高度成長により道路は舗装され、高層ビル群は田舎の市町村にも広がりました。加えて温暖化です。昔より数度は気温が高くなってきているのです。
 ここにきて文科省が、県教委などに宛てた通知をだしました。部活動や校外授業などでは、温度や湿度に配慮して活動の中止や延期などの対応をとること。要するに、「学校活動よりも子供の命を」ですね。たしかに、「夏の甲子園」は球児にとって大きな憧れでしょう。でも命には代えれません。時期をずらすか、北海道のドーム球場で開催するとか本気で考える時期に来ていると思います。
PR

ウェストン祭

今日の新聞に懐かしい単語を発見。「新郷村でウェストン祭が開催された」。なんでも、明治期に英国人登山家ウォルター・ウェストン氏が、新郷村で飢饉に苦しむ住民を救ったのだそうだ。そして、もしや、40年ほど前に聞いた名前に・・そんなイベントあったような・・無かったかなあ・・関係ないのかなあ? そこで、調べてみた。
 やはり、以前耳にした「上高地のウェストン祭」のウェストンと新郷村のウェストン氏は同一人物でした。上高地の再発見に尽くした、というのが上高地ウェストン祭なのだとか。さらにWikiを見ると、夫人のエミリー・ウェストン氏を記念する行事が戸隠村(現長野市)で開かれている。
 宣教師でもあった氏は、他にも「海のウェストン祭(新潟)」、「恵那山ウェストン祭(岐阜)」、「宮崎ウェストン祭」もある。
 霧ヶ峰八ヶ岳を見て育った村長も、あまり登山家には詳しくない。今住んでいる青森出身の登山家だと、「三浦雄一郎」と即座に出てくるが、長野県出身?やはり出てこない。それじゃあダメじゃん。

貝焼き味噌~part2

以前書いた「貝焼き味噌(かやきみそ)」の第二弾。
 貝焼き味噌とは、鰹節と卵を混ぜ(ネギやホタテも入れることも)、ホタテの貝殻の上で煮た(焼いた)もの。あの文豪太宰治も愛したという津軽の味である。今日、6月19日は、その太宰治の生誕日。地元金木町(かなぎちょう)では生誕109年祭が執り行われました。
 そして、その前日18日は。さて、ここで問題です。6月18日は何の記念日でしょう? 答えは「貝焼き味噌」にも大きく関係しております。


 そう、「ホタテの日」なのです。なーんでか? まず、18日を漢字で書いてみましょう。十八日。この十八をくっつけると、片仮名の「」になりますね。いや、絶対なるのだ。6月のはそのまま別の呼び方をすると、「むっつ」→ 「ムツ」→ 「陸奥湾」となり、見事に「陸奥湾ホタテの日」となるわけです。陸奥湾ホタテの本場、平内にある「ホタテ広場」ではイベントが開催され、「貝焼き」もふるまわれたそうです。
 陸奥湾ホタテの日の翌日が「貝焼き」を愛した太宰治の生誕日というのは面白いですね。

怪雨!

またまた知らない言葉を耳にした。「怪雨」!
 英語では「ファフロッキーズ  Fafrotskies 」というらしいが、今回は謎の国、中国のニュースだ。記事によると13日中国は山東省の青島(チンタオ)で、空からタコヒトデエビが降ってきたそうです。怪奇現象の「」に空から降る「」だから「怪雨」なんだ!と納得・・・は、しないだろう。なんで、空から魚が・・・
 青島上空のレーダーによると、暴風と豪雨のいわゆる爆弾低気圧が襲ったそうです。それにしてもタコまで巻き上げられるとは、局地的に竜巻が発生したとみるのが妥当でしょうか?
 調べると日本でも「怪雨」があったとか。二年前の甲子園球場、ヤクルトvs阪神の試合中に魚が降ってきたそうです。へえー、知らなんだ。犯人はだったそうで、捕獲して口に咥えて飛行中に誤って落っことしてしまったとか。左翼を守っていたバレンティン選手もオッタマゲ、ビビったそうです。
 語源を調べると、FallsFroheSkies(Falls From The Skies)からくる造語なんだそうです。ただし、雨雪隕石などではない、あり得ない物体の落下を指すのだそうです。タコ、エビ、魚ならば微笑ましい話ですが・・・

ノーチェ デ パース ・・・

母の日に
 遠い記憶のデータベースを巻き戻して、生まれて初めて歌った外国語の曲はなんだったのか?なーんて考えてみました。恐らく「ABCの歌」かな?という人が多いでしょう。小学校では必ず歌いますから。でも村長の場合、ちょっと異なっておりました。
 近所に住んでいた「先生」と呼ばれていたSさんの影響で、スペイン語(西班牙語)で歌った「Noche de Paz ~きよしこの夜」が最初でした。「先生」はスペイン語の先生で、スペイン語を習っていた母に連れられて行ったある年のクリスマス・パーティーでのことでした。たしか5歳だったと思いますが、30人ほどのパーティーの出席者中、子供は村長一人でした。
 先生はかなり高齢だったと記憶しておりますが、南米に行った際には珍しい切手を買ってきてくれたり、自宅に知人を招いて大きなスピーカーを配置したオーディオルームで趣味の南米音楽を聴かせてくれたりしました。
 もちろん、スペイン語と言ってもカタカナ西語でしたが。
 ♪ ノーチェ デ パース ノーチェ デ アモール ♪
 もう、60年以上前の思い出なのに(出だしだけだけど)覚えているって凄くない?

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/03 アルファーブラボー]
[04/27 夢郎]
[02/15 村長]
[02/15 giants-55]
[01/10 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R