忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

人の所為にしない

 最初に断っておくが、村長は安倍政権を支持している訳ではありません。国民は総理を選べませんから「仕方なく」認めざるを得ないのと、では代わりは?との思いから「メディアのフェイクニュースに騙されないぞ」と見ているだけなのです。
 だから、今の総理に対して、「安倍やめろ」とか酷いのになると「お前が国難」なんて声も聞かれますが、だから何をしたいのだ!と言いたい。所詮多数工作に成功した政権が勝手に選んだ人がトップにいるだけのこと、と少し醒めた目で見ている村長です。
 しかし、安倍さん。ちょっと単細胞過ぎませんか。街頭演説を妨害されて、「あのような人たち・・・」。森友学園問題では「籠池被告は詐欺を働く人」と自分の妻は騙された被害者だと党首討論で答弁した。まあ、森友加計問題は一部マスコミの「安倍やめろ工作」だと思っているので、それにマジ反発した安倍さんの負けではありますが。そして今回一番は腹立たしかったのが、自分たちは「自社さ(自民+社会+さきがけ)政権」という悪魔の連合政権を作っておきながら民進党を取り込んだ「希望の党」を「選挙にための野合」と批判したこと。あなたの品位を下げていることにも気づいていない。かつて長期政権を維持した小泉総理にいた飯島秘書のような、それを諫める軍師もいない?
 一国の総理なんだから、(国内でも)もっとどっしりと構えていればいいものを、いちいち反日テレビのヘボコメンテイターや芸人コメンテイターより無知な政治評論家、解説委員にもキレた発言を繰り返す。そんな総理に、あのサッカーのレジェンド三浦カズ選手の座右の銘でもある「人の所為にしない」を贈りたい。
 さて、期日前投票も開始された衆議院議員選挙ですが、希望の党を含めた全野党の公約も生ぬるいものです。与党との差を出さないといけないのに、大筋は与党と一緒。僅かに異なるのが消費税率再アップへの対応。野党は反対か凍結(=現状維持)を訴えていますが、落ち込んだ中低所得者の消費を考えれば「2、3%にダウン」か「デフレ脱却まで一時廃止」くらいは主張してもらわいと投票したくなるまでには至りませんね。
PR

第二民主ではダメ!

 7年前反自民でまとまった民主党は政権交代を果たした。その後、基本公約(ガソリン値下げ隊)を即刻破り支持者からも見放され、遂には消費税を上げない約束まで破ろうとして(菅直人氏)政権を手放してしまった。野合が悪いわけではないが(自公政権の例もある)、今回の「希望の党」との合併?吸収?選挙だけ協力?とよくわからない決断は失敗に終わりそうである。「民進党」支持者や「都民ファースト」支持者はどう見ているのだろう?
 例えば小池百合子氏は「安保法制賛成」、「憲法改正(第9条だと思う)」を謳っている。小泉純一郎元総理の「原発ゼロで結集すれば勝てる」発言は置いといて。「消費税率を下げてデフレ脱却」で結集すれば勝てる、すなわち「もりかけ」とか「安保法制」を争点にしても勝てない。
 その前に、そもそも小池都知事+前原代表に期待できるか?そこが一番の問題であろう。有権者も二度は騙されない。反自民はアリでも、ウソ(公約違反)はダメ。常々安倍総理が述べている、「リーマン級のショックが起きない限り、消費税率を10%に上げる」こそツッコミどころなのに。「森友、加計隠し」などと言ってる場合じゃないだろうに。何故、「8%に上げてデフレ脱却しましたか?それなのに10%に上げて脱却するという論理は?」と糾弾しない!!
 ウソをつかない。ウソを根拠に議論しない。そんな野合ならば政権獲れますよ。政権を獲るには現政権よりも良くなければダメ。安倍総理もやってる、とか自民党もやってる、では7年前の二の舞に終わりそうである。それは国民の不幸でもある。応援できる野党の誕生は無理なのかな?

サマーワ派遣時の言葉を思い出した

 政治家に「ウソ」や「詭弁」はつき物とはわかっていても、可笑しな論理を目にする。今回は自衛隊の南スーダンPKO活動日報問題で、稲田防衛相「法的な戦闘ではない。キリッ!」。言っちゃいましたね。「法的でない戦闘」って何?
 これを聞いて十数年前の国会でのあの答弁を思い出しました。自衛隊の初の海外派遣を議論中の元総理小泉純一郎氏の発言、「非戦闘地域に自衛隊を派遣する」とそして非戦闘地域はどこか?と訊かれると、「どこが非戦闘地域か私に分かるわけが無い」。自衛隊が行くから非戦闘地域なのだ!てか。
 今回問題となったのは、日報の記述に「戦闘」とあったためだが、その何が問題なのかが村長にはわからない。近くで「戦闘」があり自衛隊も駆けつけて加わった、としても今回は有り得る地域への派遣だったはず。隊員に死者が出る可能性もあったし、一国平和主義からの脱却として理解していた。「法的戦闘」などと詭弁を弄せず事実は事実として記載するべく指導するべきでしょう。
 なぜ人気があるのかわからない安倍政権ですが、だらしない野党と的確な批判ができていないメディアのお陰で高い支持率を保っているのでしょう。今頃はワシントンでゆったりとしていることでしょうが、三日後帰国したらドーンと支持率落ちているかも?←トランプはサゲマン?

オハイオを制しても・・

 米大統領選はトランプ氏リードでオハイオ州の開票に入る。「オハイオを制する者は大統領のイスを獲る」と言われているそうです。しかし、まだまだ当確とは成りそうもありません。それほど大接戦なのでしょう。
 先日、とあるネット上で思わず「座布団5枚!」と叫んでしまいそうなジョークを発見。一人でニヤニヤしちゃいました。「ヒラリーが勝てば米国史上最初の女性大統領となる。しかしトランプだったら米国最後の大統領となるだろう」だって。でも、テレビでの論戦をみるとトランプの方がマシのように見えますが、どうなることやら。
 ヒラリーといえば、もっとウィットに富む発言が記憶にあるのですが、相手をののしるような言葉や相手の言葉尻をつつくような口撃にはウンザリ。もっとも、対するトランプ氏も似たような感じでしたが。数年前のヒラリー氏の座布団10枚なエピソードです。
 当時大統領だったビル氏とヒラリー夫人はドライブの途中、車に給油した。そのGSは夫人の元カレ?の経営するスタンドだった。それを聞いたビル氏が言った。
「もし、彼と結婚していたらお前(ヒラリー)は田舎のガソリンスタンドのかみさんになっていた」。するとヒラリー
「なにを言うの。もしも彼が私と結婚していたら、彼がアメリカの大統領になってたわ!」

参院選、終わってみれば

 参院選が与党圧勝で終わりました。反安倍政権受け皿は以前の民主党から共産党にシフトされたようです。おっと、民進党になったんんですね。一度政権を、なーんて手は二度は使えないことを知るべきです。自民圧勝の原因は野党のだらしなさ怪しさでしょう。安保法制反対をうたう可笑しな団体は若者の反発を買ったみたいです。
 さて、東京中心の報道関係の特番は見ないので地元の選挙結果を見て、一人区で自民が負け民進党の候補が当選しました。三人の中から一人を選ぶのも大変なこと。選択肢がほとんど無いといってもいいでしょう。まあ、適当に書いてきましたが。
 喜んでいいのかどうかは分かりませんが、我が青森県の投票率のアップ率が全国一位だったそうです。まあ、前回最下位だったので県民あげての意識改革が功を奏した?ならばいいのですが、投票すると地元の商店で買い物ができる商品券を進呈した処もあったそうです。ソレってアリなの?

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]
[10/23 村長]
[10/22 giants-55]
[10/03 アルファーブラボー]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R