忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

テネシーワルツ

 元旦そうそう悲報が飛び込んで来ました。究極の口パク、史上初の一人四重唱、偶然からアメリカンドリームを実現した歌手、パティ・ペイジさんが亡くなった。「テネシーワルツ」は空前の大ヒット。当時の多重録音技術、機器を考えると、MRの音質もかなり良く、素人っぽいが素直で澄んだ声も相まって人気を博しました。
 この「テネシーワルツ」はカントリー歌手の定番にもなりました。日本では元祖三人娘の一人、江利チエミさんがカバーして大ヒットとなっております。
 それにしても、昨年のD.サマー、A.ウィリアムス、D.ブルーベックなど、一時代を築いたアーチストが高齢となり次々天に召されるのは仕方の無いことなのでしょう。という村長も、その年頃に近づいているのですが・・・
 心からご冥福をお祈りいたします。

PS.「究極の口パク」と言ったのは、P.ペイジさんがライブで「テネシーワルツ」を歌う場合、他の三声は絶対に口パクである、という意味です。そう!!限定的にですが、村長は口パク肯定派なのです。
PR

紅白「うた」合戦

 今年のNHK紅白歌合戦に小林幸子氏の欠場が報じられていた。白組の美川憲一氏との「豪華衣装対決」は見られなくなったそうである。また、韓国勢もゼロだとか。まあ、歌合戦だから衣装対決は無くてもいいかな?でも、韓国勢を政治問題を理由に排除するのは、北京マラソンで尖閣問題を理由に日本人を締め出そうとした中国と同列だと思います。いずれにしても、今年も寝大晦日、寝正月の村長ですので、どうでもいいのですが・・・
 個人的意見ではありますが、紅白がつまらなくなったのは、デューク・エイセスが出なくなったからだ。プンプン!!せめてゴスペラーズくらいは・・・と思っているコーラス好きは多いはず。かつては、ダーク・ダックス、ボニー・ジャックスにデューク・エイセスと3組が出ていた。女性コーラスでも、スリー・グレイセス、スリー・バブルスなどが。
 所謂本格コーラスグループは人気が無いのか今年の顔ぶれを見ても、一組も見当たらない。出場歌手を見て、見たい聞きたいと思う歌手がいないのである。(強いて言えば、YUIさんとEXILEくらい)
 また、今年のサプライズにエアーロックバンドなるグループが出るという。NHKも何を考えているのだろう?「うた」合戦だろうに。だんだんいろもの化しつつあるのか! 「今年、私にはヒット曲がありませんから」と言って出場を辞退した大物歌手(江利チエミさん)もいたというのに。
 村長の長女が生まれた頃だった。クロード・チアリというギター奏者がいました。「夜霧のしのびあい」は大ヒットし、日本でも大人気のギタリストでした。この曲は当時、村長が組んでいたバンドの十八番でもありました。そのチアリ氏が紅白に出た。「うた」合戦だから本人としてではなく、出場女性歌手の伴奏者としてである。
 また、自身は「うた」でのヒット曲はないものの、森繁久弥氏との共演で出場した、フラメンコギター奏者のアントニオ古賀氏の例もある。ようするに、紅白用のサプライズヴァージョンがあった、と思う(もう数十年見てないので現在は知らないが)。恒例の歌手がいつもの曲を披露するのなら、紅白を見るよりYou-tubeで事足りる。紅白に出る歌手も普段通りのパフォーマンスではなく、紅白ヴァージョンで勝負するならばもっと盛り上がるだろう。

「リウ、リウ、チウ」

 1909年スウェーデンのウブサラという都市で16世紀に書かれたと思われる歌曲集が発見された。主にスペイン語のクリスマスソングが多かった。その中の一曲が「リウ、リウ、チウ(Riu,Riu,Chiu)」だ。
 クリスマスなどでア・カペラで歌われるこの曲をMFQ(モダン・フォーク・カルテット)が歌っていた。。当時4人組のフォークコーラスグループを組んでいた村長たちは、この曲をやろう、と思い立ったのはいいが、歌詞が分からない。今ならWEBで検索すれば容易に得られるが、昭和40年代前半では無理な話。レコードに付いている歌詞カードにもこの曲だけ無かったのだ。

 MFQという名前は知らなくても(日本にも同名のグループがいた)、日本船舶協会のCMで使われた Together To Tomorrow は聴いたことがあるのではないでしょうか。1960年代にデビューしたが、彼らの男声によるジャズコードも取り入れた4声コーラスは、難解(素人が一緒に歌えない)との理由で一時解散してしまう。しかし、70年代に再結成し活動を再開。玄人受けする力強いコーラスは健在であった。
 まずは、1963年録音?ファンカメラ?の「牛追いの歌 Ox Driver Song 」を聴いてから、「リウ・チウ RIu Chiu 」を聴いてみてください。48年という年月が経っているのに、なんと若々しい歌声!!もうとっくに引退していると思っていたので昨年来日公演をしたことを知らなかった。不覚!(涙)

歌は歌詞を音読?

 J-CASTニュースに面白い記事を発見。モーニング娘の道重さゆみさんがラジオ番組で「衝撃の告白」をしたそうだ。歌は歌詞を音読すればよい、と思っていた。中学の音楽でも、歌に音程があることを知らなかった、とのこと。
 ははは、面白い。村長はモーニング娘も道重さんも知らないが、何か問題でも?
 記事にあるように、アイドル歌手若しくはアイドルコーラスグループコレでは問題だろうが、モーニング娘ファンや道重ファンが求めるモノは何か、を考えると問題は無いのでは?恐らく彼女をオーディションで採用したのは、ルックスとかダンステクニックではないだろうか。
 他にも国民的アイドルグループSN君なども歌が下手なのを公言しているし、村長も彼を歌手とは見ていない。要するに、アイドルと歌唱力は無関係なのだ。但し、音楽性の高いアイドルもいることは確かだ。

 記事には、音程だけでリズムには触れていないが、リズム感は良いのだろう。そういう人はいくらでもいる。その逆も

 村長が組んでいた男4人のバンド、「The Weeds 」(このブログの「雑草の詩」の由来でもあるのだが)のリードヴォーカルのY君。特に高い音が出せる訳ではないが、ヴォリューム感のある甘い声で音程も確かだった。ただ、リズム感が・・・ リードヴォーカルだから彼の歌で始まる曲が多い。しかし、入れない曲が多々あった。そこで、きっかけのサインを送るのに苦慮したことも。手拍子を打つ場面でも、一人だけ裏を打っていたし。
 
 

作戦名「ジェロニモ」はまずいだろ

 村長の好きなバンド、シャドウズのヒット曲のひとつに「ジェロニモ Geronimo 」がある。お馴染みのエレキギターに加え、マリアッチ風のトランペットの音も。
 YouTube 「The shadows/Geronimo 」
 
 アメリカ軍のシールズが行った、ビン・ラディン捕捉(殺害)作戦の暗号名が「ジェロニモ」だったことが判明。当然の如く原住民の団体などから抗議の声が上がっている。

 ジェロニモ、で思い出されるのがジョン・ウェインのデビュー作「駅馬車 Stage Coach 」だ。英語を習い始めた中一の時に見たのだが、劇中アパッチの英雄ジェロニモ酋長は悪人(敵)として描かれていた。馬車がトントの町を出発する時に電信が入る。その時住民たちが「ジェロニモ!」と口々に言うセリフが印象的だった。
 アパッチ族ではありませんがインディアン繋がりということで。昔ヒットした「 Indian Reservation 」という曲があり、チェロキー族の悲哀が痛烈に歌われています。この歌詞の中に、なぜか日本も登場しているのです。

♪ 白人たちは俺達チェロキー族の土地も、言葉も、弓矢からナイフまでも奪った。俺たちが手作りしていたビーズ細工も今や日本製だ・・・ ♪

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 10
12 13 14 16 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]
[02/22 giants-55]
[02/06 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R