忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

工藤公康、「俺から辞めるとは言わない」

 46歳、西武に帰ってきた工藤公康投手は、9年前心に決めた決意を語った。「俺から辞めるとは言わない。拾ってくれる球団が無くなったら引退だ」。この強い思いには、ダイエー時代の5歳年下のある投手の存在があった。 「炎の中継ぎ」と言われ、弱小球団だったダイエーを1999年の優勝に導いた原動力の一人、藤井将雄投手である。工藤投手は、藤井投手の準永久欠番「15」「5」と、自分の誕生日、5月5日から、今季の背番号を「55」とした。

 
 工藤投手がダイエーに移籍した頃、球団はパ・リーグのお荷物だった。そんな弱いチームに喝を入れ、若い投手や野手に厳しく当ったのが工藤投手だった。当然、反発を買う。そんな時、若手と工藤投手の間を取り持ってくれたのが藤井投手だった。

 翌年、末期の肺がんにより、31年と362日の短い人生を終えたとき、を持つユニフォーム姿のダイエー選手に混じって、一人喪服姿の工藤投手(前年に巨人に移籍)がいた。このとき、「彼の病気を知っていたら、移籍しなかったかもしれない」と洩らしていたという。

 松岡修造氏のインタビューに応える工藤投手。
松岡氏 「もう、十分頑張ったから引退してもいいよ、と、彼も言っているのでは?」
工藤投手「あいつなら、まだ投げれますよ。と言うと思う」

 そして、最後に「投げたくても投げることができなくなった投手がいる。だから、投げれるうちは、投げ続ける」と結んだ。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R