忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

原監督「意味ないじゃん」

甲子園では早実の一年生清宮幸太郎君が爆発しましたね。一、二回戦では死球などもあり8打数3安打とやや手こずっているように見受けられましたが、今日はパワー全開。2点本塁打に3点二塁打など4打数3安打8塁打5打点と大暴れ。もちろん死球も一つ、これで三試合連続死球(笑)。
 評判通り打撃と足を披露した関東一高のオコエ瑠偉中堅手も凄いと思いますが、悪送球はいただけませんね。折角俊足を生かして安打の打球を処理しても、本塁への送球が三本間に逸れるなんて・・・
 あと、チラッと登板しただけですが、東海大相模の小笠原投手。さらりと151キロを出してモノが違うぞ、という強烈な印象を与えました。この三校が優勝するのでは?と思っております。

 さて、昨夜の巨人vs中日は7-2と結果的には楽勝の部類に入ると思いますが、残念なことも。5回裏4点差を追う中日、一死二三塁のチャンスで事件は起きた。巨人の先発投手ポレダの初球は3番ルナへの死球。これにルナが激怒。両軍選手が出て一触即発の事態に。
 球審は「警告試合」を宣言して試合は再開された。これにより、危険球はもちろん死球も即退場を宣せられることになった。ところが8回阿部選手への死球は「普通に死球」で、当てた高橋聡投手にはなんのお咎めもナシ。これには原監督も納得できない様子で球審に詰め寄る。試合後のインタビューでも「警告試合の意味ないじゃん。あとは審判に聞いてください」
 巨人ファンとして言わせて貰えば、村長が主審だったら高橋投手には退場を言い渡していたでしょう。というのも、阿部選手にはかなり危険な内角球がきていた(もちろん他の投手ですが)。4番に復帰した阿部選手だが、なかなかヒットが出ない。かなりイライラが溜まっていたとは思いますが、じっと堪えて一塁に向かいました。あそこで高橋投手に一歩でも向かっていたら、恐らく球審は高橋投手を危険球退場処分にしていたでしょう。
 ただ警告試合が宣せられると「以後は死球が投げられると無条件で投手は退場となる」は間違い。正しくは、「以後は死球が投げられると審判は投手を退場にできる」。と主審の判断に任せる幅を持たせている。でも、殆どの警告試合では死球を与えた投手は即退場させられている。つまり解釈として、危険球は主審の主観で決まるが、死球の場合はかなりの確率で危険球と認定できるから。
 村長は、阿部選手が「普通は死球を恐れて内角を狙わないのにアイツ(高橋投手)はよく投げた」と穏やかに済まそうとしたのでは?と思いたい。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R