忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

夜の林は怖かった

小学校の3年生の夏、村長少年は遊び友達のR君と「トンボ釣り」に近所の林に行った。二人が通う小学校への通学路に近い、というよりの中だったが、その日は少し奥に入ってしまった。夕方になり辺りが暗くなりかけたので「帰ろうか」と来た道を戻ろうとした。しかし、元々道らしい道は無いような林の中で、蝶やトンボを捕まえるのに夢中でかなりから離れてしまったらしい。二人は直ぐに「これはやばい」と顔を見合わせた。
 夏だったので「寒い」ということはなかったが、薄暗い林の中では方向感覚が全く無くなっていた。家の方角が分からないまま道らしき道を歩いていると、日はすっかり暮れて真っ暗闇に。
 二人で「おーい」とか「誰かー」などと叫んでいると遠くから「どこだー」と声が聞こえる。泣き出しそうな二人の迷子は声の方に向かって大声を上げる。懐中電灯の明りが見えたときは二人で顔を見合わせ、かすかに笑みがこぼれた。その捜索隊が来るまでの数分間は数時間にも感じられた。
 町の消防団の男の人に連行された二人は数十人の前で頭を下げた。もちろん親からは大目玉も。ポケベルや携帯が普及し、監視カメラがあちこちにある現代では考えられないことだろうが、昭和30年ころのド田舎では「神隠し」や「誘拐」なども考えられ、母親が町会長に訴え、そこから消防団に連絡が行き捜索隊が結成された。幸い捜索範囲が狭かったことから警察沙汰にはならずに済んだが、普段よくいく場所でも日が暮れると迷うことを悟った。
 大阪の寝屋川市で、中学生の男女が殺害されるという事件が起きた。容疑者は逮捕されたが、なんで男女中学生が真夜中に・・と感じた村長です。都会は怖い!
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R