忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

けっぱれ 聖愛!

 暑い、暑い、ということで妻がアイスコーヒーを入れてくれた。氷を浮かべて、攪拌して・・・ところが、みるみるうちにが減っている。ははは、チョット大袈裟でしたが、そんな錯覚を覚えるほどの暑さだ。高校野球も今日は、村長の出身の信州、上田西と現在住んでいる青森の弘前学院聖愛が登場する。上田西は残念ながら敗退。弘前は第三試合なのでシャワーを浴びてから扇風機を独占して、ゆっくりとテレビ応援することに。
 第二試合は京都と沖縄だ。新聞欄の熱闘甲子園の記事を読むと、「好投手対決の軍配は!福知山成美(京都)と沖縄尚学」とある。今大会は本塁打が多く大味な試合が多いように感じていた。これは、ロースコアの好試合が見られるかも・・・
 生ぬるいアイスコーヒーを冷蔵庫で冷やして、ドーンとテレビの前に陣取ってその好試合?を観る。ところが、序盤から長打や本塁打が飛び交う打撃戦ではないか。5-5の同点から8回裏、沖縄が貴重な3点を入れ逃げ切ったかに思えた。京都の9回の攻撃も二死走者なし。
 ここから京都が粘る。3連打で2点を返し、尚も一打同点、本塁打で逆転の場面を作る。しかし、驚異の反撃もここまで。当たっている打者だったが外郭低目のストライクを見送って試合終了。終わってみれば7-8という打撃戦だった。
 それにしても本塁打が多い。なんでだろう?なんて言っている間に、弘前が1点を先制する。そして4回表、青森の予選で、打率6割超、本塁打2本の三番一戸君が逆風をついて右中間のスタンドに本塁打を叩き込んだ。2-0だ。この本塁打が大会19号だとか。高校野球も「飛ぶボール?」。それとも、球審が高目を取るからなのかは分りませんが。
 青森県代表はここ12年間、八戸市(光星学院など)と青森市(青森山田)から出場していた。久々の弘前地区からの出場だ。先日終わった「弘前ねぷた祭り」で枯らした声を振り絞っての応援の声が、「おいわき(岩木山)」から甲子園にまで響き渡っている。「けっぱれ!聖愛!」
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R