忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

カット打法!?

 甲子園の夏は、群馬代表前橋育英が初出場初優勝で幕を閉じました。大会前には今年のドラフトの目玉、松井投手を擁する桐光学園が予選で敗れる波乱?もありました。大会タイ記録の155キロをマークした済美の安楽投手の熱投や、決勝戦を気力で投げ切った前橋育英の高橋光成投手には大きな感動を受けました。安楽投手はまだ二年生。スライダーを投げる時(かなりの確率で)帽子が脱げる癖を直して甲子園に帰ってきてほしい。また、松井投手の予選敗退に、プロのスカウトは甲子園で肩を酷使しなくて済んだ、との声も聞かれておりました。
 そんな中、花巻東のちびっ子選手千葉君のカット打法が問題になっている。といっても、彼の打法に、ではなく、審判団が花巻東の監督に対して「高校野球特別規則17バントの定義」をわざわざ確認した行為に対してだ。
 スリーバント禁止(三振となる)はよく見かけるし、誰でも知っているが、この規則は知られていない。要は、相手投手の球数を増やす為にスィングせずにカットして四球を得る打法を定義しているのだ。
 そんなこと、審判がわざわざ確認する必要ないだろう。主審の主観で判断(判定)できるのだから。実際問題として千葉君の技術(バットにボールを当てる)は見事だった。誰でも出来る打法ではない。体の小さな千葉君が俊足を生かす為に、「難しいストライクはカットして三塁前に緩いゴロを転がす」という猛練習を積み重ねたのだろう。彼には準決勝でもカット打法を見せてほしかった。たとえ、規則17抵触と判断されても。ただ、指導者としての監督の立場として、規則17は教えておくべきでした。
 村長の小さい時の三角ベース野球ルールでは、ファウル10本でアウトでした(笑)。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R