忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

福沢諭吉じゃあ無かった偽一万円札

 昨日の夕方、市内某所で「立ち入り禁止」の規制線(黄色いテープ)を見かけた。野次馬根性から、覗いてみたい衝動にかられたが、急いでいたので横目でチラッと見ただけで素通りした。帰宅後ローカルのテレビニュースを見ると、花園町の酒店偽一万円を使った男がいた、と判明。
 男はタバコを買い、一万円札を出した。店員が紙質に違和感を感じスカシを見ると、「福沢諭吉」ではないことに気付き、問い詰めるとつり銭とタバコを掴んで逃走。すぐに110番通報すると共に追跡するも逃げられたそうである。
 たしか、旧一万円札の聖徳太子札の場合、肖像画とスカシは全く別の図柄だったと記憶しているが、今の紙幣は両方同じ画が使用されている(と思う)。この偽札のスカシには、一体誰の画が使われていたのだろう?すごい気になる。

 また、福島、宮城、岩手でも同様の事件が起きており、偽札犯は北上して犯行を繰り返している模様。マスクで顔を隠し、一万円札で小額の買い物をする身長175cm位の男には、
要注意!
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R