忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

高さ1.2mの手摺りを越えて?

川崎市の老人介護施設で相次いだ高齢者の転落死。2か月間で3名の転落死は非常に不自然な印象を受けた。歩行困難な高齢者が一人で1.2mのベランダ手摺りを超えられるか?という疑問が第一に挙げられている。
 こう見えて、村長は「金属バルコニー取付技能士」という国家資格を持っている。持っているだけではない、実際に住宅、ビルの手すりの設計・取付に従事していた。何?ベランダとバルコニーは違う?って。その通り、建物の一部として外に設置する(屋根がある)のがベランダ、建物から独立して張り出して設置されるのがバルコニー。でも手摺り本体はほぼ同じ。
 ニュースによると今回の場合、高さ1.2mのパネル型の手摺りが設置されていた。建築基準法では1.1m以上なので、設置基準は満たしていると思われる。もしかしたら10cmくらいの足掛けがあったのかもしれない。
 さて、今回転落した高齢者の女性二人は身長が140cm位だという。歩行困難な高齢者でなくとも140cmの女性が1.2mの手摺りを超えるのはかなり難しい。これを一般の男性で想像すると分かりやすい。身長が168cmの人を先ほどの手摺りの高さにあてはめると、1.44mという結果が得られる。強い意志で超えるなら可能だが、普通に生活している分にはこの高さを越えるのは至難の業だ。
 施設の運営会社は、「二度とこのような事故が起きないよう、再発防止に取り組んでいく」と話しているが、警察は事件、事故の両面で捜査中だ。もしも事故ならば、建築基準法改正まで行かないと再発防止にはならないだろう。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R