忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

おかや、一大事

 昨年末に2キロほど離れた家で火事があったそうである。昨日、隣家の人との雑談からその家の主知人であることが判明。急いで連絡を・・・と電話をするも、案の定繋がらない。携帯電話の番号は知らないので、とりあえず行ってみる事に。
 ところが、解体工事の最中で家人の姿も無い。昨年末といえば妻の入院騒動で新聞も碌に見ていなかった。彼はどうしているのだろうなあ、気になる。

 火事騒ぎといえば忘れられない思い出がある。父が勤めていた岡谷市の会社に正規採用となり、諏訪市の自宅から通勤していた時のこと。一年ほどして今の妻と婚約した。新居予定は木造二階建てのアパートで、当時は妻が住んでいる社宅だった。一号室には上司の一家四人。二号室を妻が借りていた。←つまり妻の住まいに転がり込む形?
 ある日のこと、諏訪の自宅に電話がかかってきた。「社宅の一号室が燃えている」
 「すわ 一大事」、とと共に岡谷に向う。現場に着くと火はほぼ消し止められていた。消火を見守っていた婚約者は、緊張の糸が切れたのか村長と父の顔を見るなり気を失ってしまった。
 火元は一階の台所で、二号室との壁は半分なくなっていた。二階部分は無事だったがが充満していた。結局一号室の上司一家は引っ越していったため、会社に頼んで二棟をくっつけて借りることになった。二号室の燃えた台所は居間と合体して12畳超の部屋になり、一号室とは鍵のかえるドア一枚で仕切られた。二号室の階段も半分燃えたため、これを撤去。一号室の階段を上がると、二号室の二階に行き来できる状態になった。
 つまり新居用に、旧二号室の一階8畳の居間とトイレ、台所(風呂は無し)、二階は6畳二部屋納戸二部屋改築された。旧一号室の広くなった居間は会社の集会所マージャン大会などの催し物会場となった。また、後に会社の仲間中心のバンド(お座敷バンド)に参加した際は、バンドの練習場にもなった。
 ちなみに、バンド名は「カッキーズ」恥をかいてばかりだからだとか。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R