忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「有言不実行」政権

 民主党の岡田幹事長は、8月のマニフェストで「高速道路の無料化」「こども手当ての満額支給」を断念することを表明した。
 
 これで、09年の景気対策三大柱(もう一つはガソリンなどの暫定税率廃止)がすべて崩れたことになった。

 「有言不実行」は「不言不実行」と、どっこいどっこい。いや、何も発せず何もしないよりも、一時的にせよ「実行できるのでは?」と思わせた分、有言不実行の方が罪は重い
 今日のニュースでは内閣支持率が16%だとか。まあマスコミの数字に一喜一憂する必要は無いが、現政権は「有言不実行」を恥じる必要がある。
 かつて国民的人気のあった小泉氏の口にした「国民」は「富裕層の国民」だとの批判があった。村長もそう感じた場面も多々あった。しかし、民主党の言う「国民生活が第一」の「国民」とは、「労働組合員」のこと?
 23年度の予算関連法案の所得税法改正案で、個人所得の特定支出控除に「労働組合への組合費」を含めるそうだ。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

それなら見直しの民意を問うのがスジだろ!

民主党の岡田幹事長が「2009年衆院選の政権公約(マニフェスト)」について、「できると言い張るのは正直ではない」と述べたらしい(21日付読売報道)。そうであるなら確かに正論であるから、有権者としては岡田幹事長に正論で応えるべきだと思うのである。即ち、”総選挙での公約を「できない」ものと修正し「見直し」するならば、勝手にすることもまた「有権者に正直ではない」のであるから、右岡田流儀に従えば即刻その「見直し」の公約について民意を問うのが「正直」であると言わねばならない”と(爆汗)。何かと話題の絶えない民主党、...
WEBLINK [URL] 【2011/02/21 22:10】

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R