忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

私は「あいまい派」

憲法記念日になんとなく憲法関連のお話。と言っても村長は「あいまい派(しかたない派ともいう)」なので肝心の部分は曖昧なままに終わってしまうかも?
 自称「あいまい派」としましては「自衛隊は軍隊?」、とか日本には軍人はいないのに憲法で閣僚はシビリアンだけ、なーんて矛盾にも曖昧なのである。「戦争」の反意語は「外交」だと思うから、外国(特に近隣諸国)を軍事的(領土的)に刺激しないことが重要。だから、政治家は歴史を語ってはならないし「謝罪」が外交戦略として効果があるとも思わない。時には「正しい歴史主張」や「謝罪」が逆効果にもなる。外患誘致、と言うらしい。←自国の利益のためなら歴史解釈を変えたり相手をディスるのが今時の外交術。これを愛国無罪、というらしい。
 安倍総理がアメリカを訪問し、両院議員総会で演説をした。スタンディングオベーションが十数回だったとか、おおむね好評だという評価が海外からは上がっている。日米のトップによるパフォーマンスと見ればそういった評価が正しいのだろう。しかし、気がかりも。「ことさら昨日の敵は今日の友」や「日米安保の高度な成長戦略(集団的自衛権関連)」、「戦後、米が日が台湾や韓国、中国をはじめとするアジア各国の発展に貢献した」はチョット言い過ぎかも。中国韓国でなくとも、「支援はありがたかったが、発展させたのは自分たちだ」と感じた国もあったのではなかろうか。なんとなく、上から目線の押しつけ論、と感じたのは村長だけ?
 余談ですが、「アメリカのポチ」という言葉がある。いつも思うのですが、左?右?どちらを指すんでしょうね。最も耳に入ってきたのは小泉政権の時と記憶するが、「憲法9条を守れ」とか「改憲は不必要」と言う人たちも、もしかしたらアメリカのポチ? ←「あいまい派」の意見としては、「GHQによる国際法違反の押しつけ憲法」を時代に即したモノに自分たちで憲法を作成し、現9条も盛り込んだらいい、と思います。←9条の元となったケロッグブリアンをコピペ、で良いのではないでしょうか?
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R