忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「別れのワルツ」

土曜日に遊びにきたから音楽に関する問題を出された。最近のテレビ番組で出題されたウンチク学だとか。
 「お店や催し物の終わりに流される曲はなーんだ?」
 ははは、それを村長に尋ねるか!
 秒殺で「ユージン・コスマンこと古関裕司而さん編曲の別れのワルツだろ」
 孫「えー!なんで知ってるのー」と、悔しがることしきり。
 その原曲はスコットランド民謡(作詞者、作曲者がいるのに民謡?は置いといて)のオールド・ロング・ザインで、そのメロディーは世界各国で使われている。「久しき昔」、「蛍の光」など。
 「別れのワルツ」はアメリカ映画「哀愁」の中でワルツを踊るシーンで流され、古関氏が音源から編曲し、ユージン・コスマン楽団名で録音したもの。ウィキを読んで驚いたことに、韓国の愛国歌はこのメロディーを使っていたとのこと。
 ちなみに音楽ユニット「喜多三」を主宰している古関正裕氏は古関裕而氏の長男。そのデモビデオがこれ。「六甲おろし」をSTOP!して「闘魂こめて」に切り替わる演出は面白い。正裕氏が阪神の帽子から巨人の帽子に被り変えるのも。そういえば、早稲田、慶応両校の応援歌も古関裕而氏の曲ですね。本人はスポーツにはあまり関心がなかったそうですが。
PR

コメント

古関裕而氏

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

「蛍の光」の原曲がスコットランド民謡というのは知っていましたが、古関裕而氏の編曲「別れのワルツ」というのは初めて知りました。一定年齢の人達だと、古関氏と言えば「オールスター家族対抗歌合戦」で審査員をしていた御爺ちゃんというイメージしか無いのでしょうが、良い歌を数多生み出した方ですよね。スポーツ関連も然る事乍ら、懐メロ好きの身としては「長崎の鐘」、「フランチェスカの鐘」、「君の名は」、「イヨマンテの夜」、「愛國の花」等々、名曲の数々が思い浮かびます。

“ワルツ”という括りで言えば、高木東六氏の「水色のワルツ」(https://www.youtube.com/watch?v=287LyIlC59k)も名曲!
【2015/05/22 03:42】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

懐かしい番組

giantsu-55様、コメントありがとうございます。「オールスター家族対抗歌合戦」ですか。懐かしい番組ですね。我が家でも、私の母と弟の三人で出ようか、なんて会話をした記憶があります。(父はオンチでしたが)
【2015/05/22 08:59】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 10
12 13 14 16 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]
[02/22 giants-55]
[02/06 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R