忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

作戦失敗の巻

いよいよ草野球も開幕。昨日は体をほぐして一呼吸入れてから軽く練習試合をすることに。一呼吸を入れているとき、例の広島戦での巨人のさよならインフィールドフライの話が出た。草野球の素人球審(自称)に意見を求められたので、一言。「インフィールドフライはボールデッドではない」。これを理解していない人が多いため(草野球では特に)、エンドランなどの場合プレーを止めて打者アウト走者を元に戻してからおもむろにプレー再開、なんて笑い話もある。
 そして始まった練習試合の中でそんな場面が発生した。我が軍の攻撃で一死一二塁、ここでエンドランのサインがでた。しかし打者は二塁のほぼ定位置への高いフライ。すぐに「インフィールドフライ」が宣せられたが一塁走者だった村長は二塁走者に「ホームを走り抜けろ」と身振り手振りで指示。二塁手が一塁へ送球してダブルプレーを完成させる前に二走がホームを陥れるのが狙いだ。
 この二走をアウトにしないでスリーアウト・チェンジになってしまうと、わが軍に一点が入るという訳だ。相手の二塁手は捕球すると案の定近い一塁に送球。無事に一塁走者の村長をアウトにしてスリーアウト完成だ。二走はホームを駆け抜けていたので、あとは相手選手全員がベンチに向かって白線を超えるのを待っていた。
 しかし、このプレーは漫画「ドカベン」でも紹介されているそうだし、実際に高校野球であったプレーである。ところが、相手の三塁手がなんとなく変な走塁に気づいた。一塁手から二塁に送球するように指示を出したため、二塁走者がアウトになった(アピールプレー)。まさに「4つ目のアウト」により、一点は入らなかった。
 後で三塁手に「このプレーを知っていたか」尋ねたところ、チラッと聞いたことはあったが二人の走者の不自然な走塁(フライなのに、だらだらと戻る一走と帰塁しようとしない二走)を見て、「あっ!あれだ」と思い出したそうである。
 また、別の相手でやってみよう、と思った村長でした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R