忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

坂本個人軍?

 DeNAと一勝一敗の五分に持ち込んだ試合の翌日のスポーツ紙に面白い表現を発見した。坂本の打率が0.714、それ以外の選手の打率が0.148。そこで読売巨人軍をもじって「坂本個人軍」なのだそうだ。ははは、確かに二試合で本塁打2本、チームの5得点のうち4点が彼。ただ打点は本塁打の2点だけ。坂本ファンは歓喜しているであろうが、チームにとっては危機的状況だ。
 そして、坂本が抑えられた第三戦はDeNAに敗れ今シーズンが終わった。村長的には(以前に書いたように)不祥事からのスタートであるから、できれば二位か三位がベストだと思っていた。新人監督としてもまずまずの成績ではなかったろうか?リーグ初の遊撃手の首位打者も輩出したことだし。
 さて、来季へ向けて高橋監督をはじめコーチ陣も頭の痛いことは、若手が伸びていないことだろう。二軍では打っても本番ではダメ。たまに橋本とか立岡が好調でも長続きしない。大田や中井もイマイチだ。それ以上に悩みの種が助っ人だろう。CSでも全く助っ人になっていない=ギャレット。それでも打率0.000の人よりはマシ、という寂しい助っ人たちであった。
 そしてなんといっても最大の懸念がキャッチャーだろう。12球団で唯一規定打席に達した、という評価?はあるが、小林捕手の取柄は肩だけ。キャッチング、バッティングはまだまだだ。来年もまた育てる年になるのだろうか?
PR

コメント

ジャイアンツ

「坂本個人軍」、言い得て妙ですね。個人タイトルを獲得した選手は他にも居たけれど、結局は今季のジャイアンツで頼りになったのは坂本選手だけ。「前半は気の毒な面が在ったけれど、後半以降は此処ぞという所で駄目で、何よりもCSに登板出来ないという体たらくだった菅野投手。」や「セーヴ王は獲得したけれど、安定感が全く無く、打たれ出すと止まらない澤村投手。」等々。

若手は伸び悩んだし、ミスは多いしで、反省材料の多い今季でした。小林選手に関しても、自ブログで何度か取り上げた様に、余りにも物足りない。

そして何よりも、高橋監督自身が変わらないと駄目。どっしりと腰を据えての采配・・・と言ったら聞こえは良いけれど、最初から最後迄ずっと動きが遅かった。TPOに応じ、動く時は早めに動かないと駄目。ミスを繰り返す選手を二軍に落とす等の厳しさも見えなかったし、又、唯一と言って良い程頼れる存在の坂本選手を、CSでは1番に起用したのも理解不能。「恐ろしいバッターの筒香選手が4番に控えているから、相手投手は3番のロペス選手と勝負に出なくてはならず、其の結果としてロペス選手も(真っ向勝負に来て貰えた事で)好成績を残せた。」というベイスターズとは、対照的な采配だった。

来季、高橋監督自身が変われなければ、ハッキリ言って堀内元監督の二の舞を踏む事になると思います。

2軍では結果を残せても、1軍では全く駄目駄目な状態が〝続いている”大田選手や江柄子投手等、今オフは思い切って〝整理”して欲しい。そういった大胆な〝血の入れ替え”をしないと、来季のジャイアンツには全く期待出来ないから。
【2016/10/11 01:48】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

無題

giants-55様、動きが遅い監督、たしか入団当時は足も速かったのに(笑)。
 もう一つ忘れてましたが、外野手の肩の弱さ。特に立岡やギャレットはひどかった。それに見合う打撃があればまだしも・・・
【2016/10/11 08:17】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R