忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

日本がレベルを落とすな!

 プロ野球は広島カープが予想を裏切って?25年ぶりのペナントレースを制しました。何人かの解説者の中にはカープの優勝に言及していた人もいたと記憶してますが、大方の予想では阪神、ヤクルト、DeNAに次いで4番手だったと思います。
 黒田効果とか福井投手の躍進や新井の奮起など言われてますが、鈴木誠也外野手や元左投げだった丸佳浩外野手の活躍も見逃せません。「鯉のぼり」と揶揄され、出だしは首位を争っていても5月がピークで中盤からは落ちるのみだったのが例年のカープでした。それがぶっちぎりでゴールしたのをカープ優勝を予想した人もビックリのことか思います。取りあえず優勝おめでとうと言いましょう。
 カープの優勝に隠れるように韓国と台湾、日本で国際試合が行われておりました。女子ソフトボールのジャパンカップ、第27回U-18アジア野球そして第7回女子野球です。
 女子ソフトと言えば世界の速球王上野由岐子投手ですが、一時引退も考えたそうですね。しかし、2020年の東京五輪で競技が復活したことで、後押しされるかたちで現役続行を決めました。王者アメリカとの決勝戦、5回1-7と日本リードの場面で満を持して登板。見事に三者凡退に切って取りベンチに戻る顔は笑いに満ちておりました。この調子で6回、7回を抑えて胴上げ投手に。ところが5回裏、なんと2点をとり1-9Xでコールド勝ちに。
 決勝戦でもコールドがあることにも驚きましたが、上野投手も物足りなさの残る復活劇となりました。
 そしてU-18アジア野球では予選の香港戦、インドネシア戦は19-0、35-0という大差のコールド勝ちに「手加減しろ!」、「こんなチーム出すな」とか「練習にもならない」などのコメが飛び交っておりました。しかし、インドネシアの監督だったかと記憶してますが、「日本と試合できる機会なんて滅多にないので試合ができて嬉しい。」と。きっといつの日か日本と互角の試合がしたいと感じていることでしょう。
 この数日後、女子野球でも同様のことが起きてました。第一回、二回を制した常連アメリカがまさかの予選落ちもあってかなりレベルの低い相手ばかり。7-2のヴェネズエラ、8-2のカナダが少しだけ手応えあっただけ。ぶっちぎりの全勝優勝で大会5連覇を成し遂げました。MVPの投手をはじめとする日本の投手と相手投手とのスピードガンの数値も10キロはありました。
 そのテレビ中継の解説をしていた(名前は忘れましたが)大学チームの監督の言葉に完全同意しました。
 「日本と外国との差は大きく、日本とアメリカのレベルには程遠いチームばかりだが日本は手を抜いてはならない。日本が女子野球のレベルを落としてはいけない。」
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R