忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

MVPは石井(義人)

 セ・リーグCSシリーズ、ファイナル(FS)は巨人が中日を2-4で下し3年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。「皆疲れているから胴上げは止めよう」という原監督からの提言を無視する形で始まった胴上げは、ペナントレースの時より2回多い10回を数えた。
 そしてセFSのMVPに選ばれたのは、意外にも第五戦でサヨナラタイムリー安打を放った石井義人選手だった。勿論、あの試合をモノにした意味は大きいしシリーズの流れも巨人に傾いたのは事実。文句は無いのだが、村長はマシソンかな?と思っていただけに、意外だと感じたわけです。二、六戦以外の4試合に登板し、5イニングで被安打は一本だけ、石井のさよならを誘ったのもマシソンの好リリーフがあったからだ。
 この第五戦には、もう一人MVP候補がいた。ベテラン古城だ。先制の二点タイムリーを二回に打って迎えた四回無死一二塁という絶好の追加点のチャンスで打席には8番古城。ここまで好投のエース内海投手だが、中三日での登板。ここは、古城に送らせて代打、と誰もが考えていた場面だ。ところが、古城のバントはキャッチャーへのフライ。スタート良く飛び出した二走村田が二塁に戻れず最悪の併殺。お役御免と思っていた内海は打席に。巨人の計算が狂い始めた瞬間だった。
 結局内海続投となった5回表、中日4番ブランコに交通事故とも思える同点本塁打を浴びてしまう。さらに5、6、7回と巨人の攻撃は三者凡退と完全に流れは中日に移ってしまった。結果論かも知れませんが、古城が送って内海に代打が出ていたら、追加点があったかどうかは別として全く違う展開になっていただろう。そして、古城選手がMVPになっていたであろう。と想像する村長でした。
 さあ!週末はいよいよ日本シリーズ。セFSは冠に「伊藤ハム」が乗っかってましたが、今度はさすがにソレは無いでしょうね。日本ハムが怒ってしまう()。
PR

コメント

嬉しい!

書き込み有り難う御座いました。

ジャイアンツのファン歴が長い程、此のチームの良さも悪さも知っており、だからこそ自分も村長様も「こういう展開だったら、ジャイアンツは勝てない。」という“流れ”が読めてしまうっていうのは在りますよね。大事な場面でポカが多い古城選手の送りバント失敗で流れがガラッと変わったのを感じたし、其れでも尚「此処ぞという場面で勝てない病」が再発してしまった内海投手を続投させ、案の定2ランを浴びて追い付かれてしまう。「あー、もう終わりだ。」と思いました(苦笑)。

王手を掛けられてから、良くぞ勝ち抜けたと驚く許りです。ジャイアンツ首脳陣&選手達、有り難う!

其れにしても、高木守道氏には気の毒さを感じてしまう。対ジャイアンツ戦に関しては、悲運の将という感じが・・・。
【2012/10/23 11:24】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

高木監督

giants-55様、仰るとおり。選手時代の高木氏は好きな選手でした。ミスター長島を尊敬しておりましたし。監督になってからは、ベンチでしかめ面しかみられません。まさに、対巨人悲運の将ですね。
【2012/10/23 12:47】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

祝巨人軍

ようやくというか、とんでもない大逆転劇でした。巨人が3連敗したときはストレート負けするんじゃないかと予測したほどでしたよ。流れが傾いた転換点はいろいろ指摘されることでしょう。

ご指摘の高木さんは智将でしょうが、雰囲気が暗いですかね。(笑)
【2012/10/23 15:51】 NAME[閑話ノート] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

無題

閑話ノート様、たしかに暗い高木さんです。前任者からの引継ぎ事項でしょうか?そういえば、ベンチ内にも中畑清とか宮本和知がおりませんね(笑)。
【2012/10/24 08:27】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R