忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

男泣き、坂本

 1-1と同点で迎えた7回裏、一死無走者で坂本は四回目の打席に入る。最多安打数トップの長野とは1本差の172本まで追い上げてきた。ここで、今季20度目となる猛打賞(3安打目)を放った、173本で長野と並んだ。二番藤村の送りバントで坂本は二塁へ。今夜の三番は長野だ。ヘルメットをかぶり、バットを持つと打席へ・・・。ところがここで原監督が動く。--動く場面じゃないだろうby村長
 代打は石井。今季の優勝立役者の一人だ。代打での打率は4割を越え、16本の安打で14打点を上げている。監督は彼にも「華」を持たせたかったのだろう。そして、坂本も最終打席だから最多安打数長野と二人で分け合う結果に収まる筈だ。納得した長野は、ベンチに座ると二塁ベース上の坂本に手を振り、笑顔でエールを送る。同僚であり、ライバルでもある長野からのエ-ルに込み上げてくるものがあったのでしょう、坂本は溢れる涙をぬぐう仕草。目を真っ赤にした坂本をカメラが捉えていましたネ。彼の胸の中には長野選手と監督の感謝の気持ちがあったのでしょう。
 試合は同点のまま9回裏、ここで原監督を悩ませる場面が訪れる。二死無走者で打順は坂本に回ってきたのだ。もしここで坂本がヒットを打てば、単独トップとなり、すでに退いている長野を抜き去ってしまう。それでは不公平だ。
 原監督は男の決断をする。一発(サヨナラ本塁打)の可能性のある坂本に代えて長打の期待薄の寺内を打席に送る。この判断に村長はグッときました。そして、なんと寺内が真芯で捉えたボールはレフトに上がる。「まさか!」と思った直後、やはり「まさか」の二塁打だった。この寺内の気迫が10回裏の矢野選手の代打サヨナラ本塁打に繋がった、と感じた今季巨人軍最終戦でした。しかし、9回を一点に抑えたDeNA加賀美投手には敢闘賞を贈りたい。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R