忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

巨人!王手!あの一球が・・・

 2勝2敗の五分で迎えた日本シリーズ第5戦は緒戦と同じ吉川、内海両エース同士の先発で始まった。巨人が吉川キラーのボウカーの2ランで先制すると日ハムもすぐに点を返す。点を追加されるも点を返し、5-2と巨人リードで迎えた4回表、事件は起こった。
 日本ハム二番手としてマウンドに上がっていたた多田野投手が無死一塁から加藤捕手に投じた初球が加藤の顔面付近に。ここで主審は危険球(死球)と判断して、多田野投手には退場、加藤には死球出塁という判定を下す。当然のように日ハム栗山監督は珍しく猛抗議する。
 しかし、判定は覆らない。札幌ドームに巻き起こる大ブーイングの中、試合は再開しこのチャンスを生かした巨人は点を追加する。
 さて、あの危険球の場面。を見ると打者加藤にボールは当たっていない。顔面に当たるのを避けた勢いで自分のバットで顔を叩いたように見える。日ハムの鶴岡捕手もボールを確保できず大きく後方に逸らしたこともあっての判定だろう。試合後、主審は「頭部に当たった」と述べたそうだが、本塁打の場合以外V判定ルール(チャレンジなど)が無い状態では仕方の無い判定であろう。
 さて、正解は、無死二塁加藤のカウント1ボール0ストライク、多田野投手へは危険球注意で試合再開となろうが、後ではなんとでも言える。ただ、加藤の行為を小芝居と言うスポーツ紙の記者さん、バントするために打席の前方に一歩出て投手と向かい合った状況で一球目に速球が自分の顔に向かって来たら小芝居どころではないでしょう。記者さん!同じ状況で打席に立ったことを想像してみて書いて下さい。主審に大誤審というのは許せるが、滅多に試合に出ない働き盛りの加藤捕手に落ち度は無い。選手生命、いや命の危険を冒してまで小芝居をするか!
PR

コメント

ご指摘のとおり

世紀の誤審とか言ってますがこれも野球です。この事件、このイニングに関わらず、日ハムは劣勢でした。
【2012/11/02 14:16】 NAME[閑話ノート] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

あれも野球

閑話ノート様、日ハムファンには大誤審でしょうがアレも野球です。素人審判として見れば、じゃあ打者は1ボール、走者無死二塁(三塁かも)で試合再開となったら公平か?というと、そうとも言い切れません。
【2012/11/02 15:14】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

誤審

書き込み有難う御座いました。

昨日の試合、幾つかの点でネット上を中心に喧々囂々在る様ですね。書き込んで下さった記事のコメント欄にレスを付けさせて貰いましたが(個人的には、昨日の判定は誤審だったと思っています。でも、加藤選手を揶揄する様な人達には、正直憤りを覚えています。)、改めて明日の記事で此の件を取り上げる予定です。
【2012/11/02 20:52】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R